FC2ブログ

切開のとき、中を縫いますか?

ドクター松井クリニック 松井です。
ここ何日かで
全切開手術について、何人かの人たちから同じような質問をいただいたので
今回のブログ記事でまた記そうと思います。


「切開法の時、中を縫うのかどうか?」
複数の人たちからもらった質問は
言い方は差があれどこういったもの。


僕の方法に関して言うと
眼輪筋等の切除(内部処理)を行った後
中に糸はかけています。
内部を処理しているので
使う糸は時間の経過ののちに体内で溶けるものにしています。
溶けない糸を使う方法の医師もいますね。
ここはそれぞれの考え方かな、と。
(眼瞼下垂の施術で挙筋腱膜を縫う場部分は溶けない糸を用いています)



ちなみに単純に切開の傷だけをつくって、実際は埋没法を行っているだけ、という方法ではないです。
ここがみなさん一番知りたい&心配しているところ、なのかなと思います。
ただ切るだけでは二重ラインが作れるわけではないので
埋没法と同じ糸を使用してラインを作る、という
切開はしているけれど、通常の切開法とはちがう、”なんちゃって切開法”は存在する、といいます。

これでは意味がない。
埋没法と同じなので、同じように消えてしまう可能性もある方法。
同じような質問が増えてきた、ということは
この方法をさかんに行っているところがあるのではないかな?
切開は切開できちんとした方法を行っていくべき、というか当然かと。


心配されている方もいるようなので
今回はこういった記事を書きました!

目頭側から伸びるラインに生まれ変わらせよう

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法で微妙にラインを広げた例。

内側中心に少し広げることで
より目頭側から伸びるラインを実現します。


まずは手術前から見てみましょう。
手術前
外側に向かって広くなる
末広型ラインの二重まぶたです。
はじまりが途中に感じて、もっと目頭側からラインがほしい
そういった要望の方は多いです。


埋没法で広げていきましょう、手術直後です。
直後
ちょっとむくんだ感じで
やや内側が広く出ています。
大きな腫れがないものの
そういった点に関してはおちついてくるのを待ちましょう。
ただどんどん落ち着いてきます。


ということで最後は1週間目です。
一週間
1枚目とこの3枚目、写真を見比べると
変化は明らかですね。
より目頭側から伸びるライン、完成しています。

もっと広げて、しっかりとした平行型を目指す人もいるかもしれないですし
こういったぎりぎり末広、みたいな感じで
より落ち着いた印象のラインを目指す人もありでしょうし
そのあたりのさじ加減は考えながら、ですね。

開きを是正し左右をそろえる。

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回は埋没法の症例です。
やや左右の目の開きに差があるケースで
そろえるべく工夫を凝らした例です。


まずは手術前から。
手術前
やや左目の開きが弱いので
ちょっとだけ目に差があります。
考慮して左右で少しだけ違った方法の埋没法を行っていきます。
経過もちょっと異なってきます。

ということで埋没法直後です。
直後
右目は少し重くなっているかな、というところで
目の開きは少し弱くなっています。
左目は逆に開きが良くなっています。
その点が左右差に出ているところはありますが
落ち着いてきて徐々にそろっていきます。

最後は1週間目です。
一週間
まだ完全ではないかな、というところもありますが
かなり落ち着いて、だいぶ左右がそろいました。
こういった下垂に対する処置としては
ある程度以上の開眼する能力があれば
埋没法で工夫を凝らしていくのも一つの解決策になるかなと思います。
ただ、差を埋めにくい場合もあります。
切開によっての解決策が取れるならばもっと様々なケースに対応できる、というのが答えでしょうけれども
今回の症例ではある程度以上に満足の得られる結果が出て
解答、として正答と言えるのではないでしょうか。


プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR