FC2ブログ

前回の記事に続いて下垂傾向の目への埋没法

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






前回、下垂のある目に対しての記事を掲載したので
今回も関連で。

下垂のある目に無理に埋没法を行うと
かえって負担がかかって
より目の開きが悪くなる場合があります。
やはり正攻法は切開による眼瞼下垂手術、となるとは思います。


ただ、埋没法の応用
ミューラー筋と呼ばれる筋肉の側から操作して
経過を見る場合もあります。
なかなか切開するのは大変だからですね。
時間的な部分、ダウンタイムの問題で切開が難しい場合
多少チャレンジになるケースもありますがこういった手段に頼るわけです。

今回のお写真で見てみます。
上が手術前、下が直後です。
比較してみてください。

手術前

直後

手術前のお写真を見ると、目の重さがありますが
けっこう目を開けています。
ただ、これは眉毛を上げて目を見開く、という力に頼っている部分が大きい。

下垂に留意しながら施術を行い、下の写真となるわけですが
眉毛を上げるクセがまだ残っているので
ちょっと見開いたような感じになっています。
眉毛を無理に持ち上げなければもうちょっと落ち着いて感じると思います。
慣れてくればより自然になじむかなと。


手術直後の目の重さは出ず
むしろ開きが良くなる部分がちょっと強調されているかな。
それプラス眉毛を上げている、というところでしょうか。
目が大きくなった、という点では明らかにわかりやすい例だと思います。
あと目が重い人は眉毛をあげがちだ、というのも
この例でお分かり頂けると思います。


眉毛を上げるのを続けると
額にシワもよりやすく
よらせ続けたシワは刻み込まれて残ってしまう、と連鎖していくので
うまくラインを生み出し、目の開きも改善させていければ
その点も変わっていきます。

片側に下垂のある目の左右差を格段に減らす

今回は埋没法のお写真。
通常の埋没法とやや違う点は
眼瞼下垂に対してのアプローチを積極的に行っているところです。

お写真を見てもらうとわかりますが
手術前
まずはこの手術前のお写真。
左右の違いは見てすぐにわかることと思います。
右目は一重まぶたであり、開きにも大きく差があります。

一重まぶた→二重まぶた、という変化が起きれば
開きはある程度大きくなるのは間違いはないです。
でも、下垂の程度によっては
埋没法を行って、まぶたの中に糸が入ると
それがけっこうな負担となってかえって開きが弱まってしまう場合もあります。

手術直後だけで一時的であればいいのですが
より開きづらくなるのが続いてしまうのでは困ります。
下垂の程度が重くなって残ってしまうということですね。


今回は右目のみの埋没法を行いました。
上記したような開きへの負担がかかりすぎないよう
下垂に対して働きかえるような糸のつけ方で行っていきます。
手術直後です。
直後
ちょっと腫れがでています。
「腫れている」というよりは目が重くなっている感じ。
下垂に対するアプローチの効果で目の開きづらさが出なければ一番よかったのですが
手術直後の負担が少しわかりやすくでています。

これが何週間も続いたり、残ってしまう、というのでは困りものですが
もろもろ治まってくれば開きが良くなるよう計算して
施術を行った糸のつけ方なので
まずは経過を見ていきましょう!


ということで最後は1週間目です。
一週間
2枚目のお写真にくらべ、かなり幅も落ち着いて
左右比べてもそんなに遜色なくなり
良い感じにそろっています。
1枚目と比較するとその到達度の素晴らしさは明白ですね。

ただ、ものすごく厳密にいうと
もう少しだけ右目の開きがよくなってもいいかな、というところもあります。
(この点はもう1~2週経過を見ているだけでもさらに変わっていく可能性も高いですが)

実際のところ、切開法による眼瞼下垂へのアプローチができるほうが
更に開きを良くでき、確実性が高いのも真実です。
ただ、「切開する」、という事実に対して
様々な意味で尻込みしてしまう人も多いのも明らかです。
時間的な意味合いもあれば、心理的な部分、金銭的な場合もあるかもしれません。
程度によっては切開による方法やむなし、とも言えますが
”埋没法、糸だけによる戦略でどこまでのことができるか”
そこを探っていくのもありだとは思います。
今回の患者様の症例ではかなりの度合いまで達成できたのではないかな、と思います。

できること、できないこと
そこは目によってもものすごくまちまちになってくるので
カウンセリング時にはっきりさせていくことが非常に大事ですね。

目を効果的に生えさせる埋没法での変化 一重→二重

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は埋没法のお写真。
一重→二重の変化例となります。

ラインが自然なものであっても
印象に与える効果は大きいのが
一重まぶたの目にラインを生み出した時の特徴です。
さっそくお写真でみていきましょう。

まずは手術前。
手術前
直後
大きな腫れはありません。
やや腫れに左右差は出ています。
左の方が少し腫れが多いです。
目が重くなりやすい側だった、とも言えます。
糸がついた影響で目の開きが弱まったわけです。
でもこれぐらいのものはすぐに落ち着いてきます。


というわけで1週間目です。
一週間
かなり落ち着いていて
非常に良い感じですね!

メイクも加わって、より自然に目を大きく映えさせている。
わざとらしさ、不自然さもなく
すごくいい感じのラインが生み出されました。
1枚目のお写真、一重まぶたの状態と比較すると
その効果のほどはおわかりいただけるのではないでしょうか。

今回はやや腫れに左右差が出ました。
目の状態状態にあわせて
さらに何か工夫を凝らせなかったか、その点は更に考えていかねばいけません。
ただ、「腫れない」を目指した様々な工夫の成果で
ここまで抑えられた、という部分も大きいので
良い点は伸ばしつつ
またいろいろな角度から考えていこう、と思います。


プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR