FC2ブログ

埋没法と目頭切開を組み合わせ、丸みを伴った平行型ラインを実現

ドクター松井クリニック院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は目頭切開+埋没法。
タイトルにも記したとおり
丸みを帯びた目に変化させた例です。

手術前からお写真を見ていきます。
手術前
わりと目頭側の赤い粘膜部分は見えているのですが
下方向に突っ張る力の強い蒙古ヒダでした。
隠れている部分も多く
目と目の間を近づける、という意味でも効果が大と考え
目頭切開を両目に行うことを計画。

さらにはラインを広げて
もっと幅の広い二重まぶたを目指すべく
埋没法も同時に行いました。


手術から1か月後です。
一か月
目頭側のラインは広くないものの
蒙古ヒダのつっぱりによる下方向へ引っ張られたライン、というものではなくなり
平行型のラインになっています。
中心部分~目じりにかけてのライン幅も広がり
丸みをおびたラインに生まれ変わりました。
目が大きく見えますね。

まだ少し傷がわかる感じですが
どんどん落ち着いてきますし
その結果、かたちは更にナチュラルになっていきます。

落ち着いていくと戻ってしまうの?
という心配をされる人はいますが
きちんとした方法の目頭切開は傷が落ち着いていく、という意味での変化はあっても
形がもとに戻ってしまう、というのはありません。
たっだ引っ張るだけだったり、中途半端な方法では
傷はあるけど形がほぼほぼ戻ってしまう、というのは
十分にあり得ることなので注意が必要です。

蒙古ヒダの影響を取り去って

ドクター松井クリニック院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。



今回は目頭切開のお写真。
蒙古ヒダの影響が強い目に対し
しっかりとした変化の目頭切開を行った例です。

まずはお写真、手術前から見ていきます。
手術前
蒙古ヒダがはっきりとわかります。
蒙古ヒダによる皮膚のつっぱりで
目頭側の目の形が作られているので
その影響を取り去り
目の形を整えていってみましょう。


ということで目頭切開を両目に行いました。
手術から1か月目のお写真を見てみましょう。
一か月
蒙古ヒダに引っ張られて、形が作られていたんだなあ、というのがよくわかる変化です。
引っ張る方向の力がなくなることにより
二重ラインの流れ方もずいぶん変わりました。
内側、目頭側~真ん中あたりのライン幅は
引っ張られてほとんど見えなかったのですが
幅がわかるくらい見えるようになっています。

涙丘と呼ばれる目頭側の赤い粘膜部分も
ずいぶんと見えるようになっていて
この部分についての形の変化も明白です。
その変化の分、目の横幅は大きくなり
目と目の間の距離も短くなります。

まだ少し傷は目立ちますが
メイクで結構目立たなくできると思います。
時間を追って落ち着いていくので
そこはゆっくりと見ていって、というところです。

目頭切開の長期的な結果についても
お写真をまとめた記事があるので
そちらも参考にしてみてください。
目頭切開の症例、長期的な結果を追った例はこちらをクリックして読んでみて下さい。
時間が経つとかなり傷は目立たなくなる、というのがわかりやすいです!

片目のラインが消えやすい

ドクター松井クリニック院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回は片目の施術の例。
片目の埋没法の記事はややひさびさかな?と。

片方だけ二重に自然になってしまった、だとか
アイプチやメザイクでくせづいたけど片方だけ弱くて消えてしまう
などなどといった方々の場合
片方だけの埋没法、という選択肢になるわけです。


ということでお写真を見ていきますが
まずは手術前。
手術前
両目ともにラインがありますが
右側が不安定で、消えることが多いとのこと。
なのでこの時点ではラインがあるので、ほぼ完成形です。
なので右はこのラインのくせそのままで施術を行います。


手術直後、見てみましょう。
直後
すこし腫れが出ています。
比べるとわかりますね。
やや目の開きが弱くなっていて
そのせいでラインが広く見える。
埋没法直後の糸がつくことによっての下垂現象です。
片方なのでちょっとわかりやすいですが
これは目の方がどんどん慣れていき、すぐに落ち着いてきます。


最後は1週間目です。
一週間
もうこうなると、手術をしたかどうか、というのもわからないですね。
すっかり落ち着いています。
まあ、1枚目・手術前のお写真との違いは
メイクをしているか、していないかぐらいしかない感じです。

最初の腫れさえクリアしてしまえば
このように自然でいい感じのラインが消えないようにできるわけです。
糸をつけたとしても
目がものすごくむくんで一時的にラインが消えることもあるかもしれませんが
非常に安定度は高くなり
メイクにかける時間等も少なくなり
非常に有用な変化が生み出せるもの、といえます。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR