左右の差を揃えるような工夫を。

左右に差のある目。
いろいろな原因でそれは起きます。

ほんと簡単なパターンでは
片方だけアイプチでクセがついちゃった、なんて例もあったり。
今回の例はどうでしょうか。


まずは施術前のお写真を見てみます。
手術前
右目に比べ、左目の開きが小さいですが
ラインもしっかりしていないので、強い下垂がある、というわけではないようです。
ただ、可能性を考えた上での方法を行っていきます。


埋没法終了直後です。
直後
やや開けづらさがあるのかな、という感じで
ちょっと気合いの入った目のように見えています。
そのせいもあり、また腫れもあり、ちょっと内側部分が強調されて余計な線に見えています。
ただ、こういった部分はすぐに落ち着いてきます。


ということで最後は1週目のお写真です。
一週間
左右の目、かなりそろいましたね。
1枚目と比べると明白です。

最初に書いた通り、ラインがきっちり出たことが一番大きいですが
目の開き幅が揃いやすいようミューラー筋の部分にも細工をするように糸をつけています。
いい感じに仕上がっているのではないでしょうか。

今回のケースは違いますが
場合によっては眼瞼下垂など全く関係なく、片方の眉毛だけ上げてしまっているなんてパターンもあります。
クセでうまいこと片眉だけあげちゃってるのです。
そうなるとライン幅が変わってくるので、そこはクセを指摘したうえで意識してもらっていくしかないかなと。
変に眉毛を上げないようにボトックス注射、なんてのもありですが
そこまでは、という場合にはなるべくクセをやわらげていくしかないです。


PS
今日で八月は終わり。
九月も頑張っていきます。
スポンサーサイト

ほんの少しだけ広げる埋没法

今回は埋没法です。
ほんのすこしだけ広げた例です。

がばっと広げたい、なるべく幅を大きくしたい、という人もいるし
一重まぶたに奥二重の本当に狭いラインを生み出したい人もいます。
今回はもともと二重だけれども、もうちょっとだけ広げたい、という声にこたえたものです。

まずは手術前からです。
手術前
左右共に目頭から綺麗にラインが伸びています。
でももうちょっと広げたい、という希望です。
大筋の流れは変えずにラインをすこしだけ変化させていきましょう。


埋没法終了直後です。
直後
あんまり腫れが良くわからないですね。
すでにけっこういい感じ。
ちょっとだけ広くなっているのもわかります。



最後は1週間目です。
一週間
ほぼほぼ落ち着いていますが
ちょっとだけ左に内出血が見られます。
開いているとあんまりよくわからないですが・・

目を閉じるとこんな感じです。
閉眼
ちょっと青いような赤いような、出ていますね。
コンシーラー等のメイクをうまく用いて
隠していく方が目立ちにくいですね。
すっぴんだとこういった風です。
ただ、もう少し日にちが経てばすっかり消えていきます。


冒頭にも書きましたが
どのくらい広げたいか、というのは本当に人によってまちまち。
自分がどうしたいか、とい考えを明確にし
実際に自分の目ではどこまで、どんなことが可能なのか、という部分と照らし合わせ
デザインを考えていきましょう。

幅のある二重で目を彩る

今回は埋没法のお写真です。
もともと二重の方ですが、もっとラインを広げたい
目頭側から伸びるラインにしていきたい、という例です。


まずは手術前から、お写真見ていきます。
手術前
ちょっとだけ目じり側にラインが見受けられます。
もっと全体的に幅が欲しい、ということで
左右両目に埋没法を行ってラインを広げていきます。



手術直後のお写真を見ていきましょう。
直後
泣いたあとのような感じになっていますね。
でも大きな腫れもなく
ラインが左右共に広がっているのがわかります。



最後は1週間目です。
一カ月
ラインはしっかりとした幅がありますが
派手になりすぎることもなく
うまく目を映えさせていると思います。
目に合った形であれば
変なふうに目立ちすぎることはない、ということですね。

もっと広いラインを望む人もいるでしょうし
もうすこし狭め、末広のラインの方がよい、という人もいると思います。
どこまでの変化を求めるのか、は本人次第。
かけ離れた形でなければいろいろな選択はOKだ、と言えるので
そこをしっかりと考え、手術に臨んでいきましょう。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR