FC2ブログ

自然な変化で目をはっきりと。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法です。

一重、もしくは非常に狭い奥二重から
しっかりと幅のある、わざとらしくない平行型というか。
美しいラインを生み出していきましょう。


まずは手術前です。
手術前
ごく狭い奥二重がある目です。
印象でいうと一重、となるかと思います。
左右の目に埋没法を行い、しっかりと主張するラインを生み出しましょう。


埋没法終了直後のお写真です。
直後
この時点でもすでにけっこういい感じです。
ただ、次の写真と比べれば、確かに微妙に腫れてはいますが。

翌朝むくむことで、腫れのピークがくる人もいますが
当初の腫れが少なければ、極端なものにならないことは明らかです。



最後は1週間目です。
一週間
さっきの2枚目のお写真と比較すると
流れ方がスムーズというか、落ち着いているのがわかります。
やはり腫れがあったんだ、というのが確認できますが
腫れが非常に少ないものなのだ、というのも確認できますね。


このぐらいの幅であれば
すっぴんでもメイクをしても映える感じで
目を大きく、はっきりしたものに見せています。
自然でよい変化を生み出すことができました。

今回も経過を追ってみよう  3

前回、前々回からつづく連続経過シリーズ
今回は最終回、目を閉じたバージョンです。



x月23日
手術当日深夜(約半日後)
当日1

x月24日
翌日1

x月25日
三1

x月26日
四1

x月27日
五1

x月28日
六1

x月29日
七1

x月30日
閉1週


右の方がはやく落ち着いているかな、という感じ。
左もどんどん変わっています。
ノーメイクでもこのくらいなので
メイクをしてしまえばほとんど目立たずに隠せるのではないでしょうか。
内出血も特に見られず良い経過でした。

今回も経過を追ってみよう  2

昨日の記事の続きです。
自撮りで経過を送っていただいたので
連続して掲載していきます!



x月23日
手術前
手術前

埋没法終了直後
だいたい昼過ぎくらいです。
直後

これも当日、約12時間後
当日2

x月24日
翌日2

x月25日
三2

x月26日
四2

x月27日
五2

x月28日
六2

x月29日
七2

x月30日
一週間


1週間の経過、連続で掲載しました。
この患者様の場合、直後からあまり腫れがないため
だんだん落ち着いていく感じ、というのがほとんどないですね。
当日の12時間後、みたいなお写真が一番腫れて見えるかな・・・というところですが
たんに角度の問題かもしれません。

東条のケースだと
直後が一番腫れる人と翌日が一番腫れる人、とに分かれると思います。
切開を伴う手術ではもうちょっと腫れのピークが遅いことが多いです。

糸がつくと、そのしめ方、つける位置などの複雑なからみで
目の開きが少し一時的に弱まります。
きちんとした手術を行ったうえで、どこまでこの目の開きの弱まりを抑えられるか。
「腫れない」を目指すのに一番重要なのはこの部分です。
今回の症例は非常に効果的にそこを成し遂げられたのではないかな、と思います。


次回は目を閉じたお写真での経過を追います。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR