細かすぎてつたわりづらい?でも立派で意味のある変化です。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は前回とは違って
もともと二重まぶたの方に対する埋没法手術の例です。
ラインを少しだけ広げた例ですね。
細かい変化にはなります。わかるかな?


まずは手術前から。
手術前
奥二重、と表現するかどうかは表現の仕方によって分かれるところ。
目じり側中心にすこしだけラインが見えています。
もうちょっとだけ広いラインが良い、という希望なので
全体的にちょっとずつ広げる感じでデザインを行い、両目に埋没法を施行していきましょう。


手術終了直後です。
直後
変化わかりますか?
ラインを微妙にだけ広くしています。
次のお写真と比較すると腫れの少なさもわかってもらえると思います。
(細かく言えば左目がやや重い、開きにくくなっていますが)


ということでラストは1週間目。
一週
1枚目のお写真と比較して
気持ち全体が広くなっているのがわかりますね。
細かい変化ではあります。
でもそういった細かい変化も非常に大きな意味を持つ場合もあります。
ビフォー・アフターどちらの目が優れている、というのは無いです。
どちらが自分にとって良いと思うか?そこで決まるのです。
自身にとって意味ある変化であれば手術は価値のあるものになってきます。
価値のある美しい変化を手に入れるべく
しっかりとした考えをもって手術を行っていきましょう!
スポンサーサイト

一重からの変化、しっかりとした幅のラインを。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回も前回と同様、一重まぶたから二重まぶたへの変化のお写真です。
前回のお写真に比べると、幅のしっかりしたラインの例なので
またちょっと違った雰囲気で、比較するのも参考になるかと思います。


まずは手術前です。
手術前
細かく見てみると 左は奥二重、開くと見えないラインがあるのかな、という感じ。
ふつうに見た場合は左右共に一重の印象の目です。
両方の目に埋没法を行い、ラインを生み出していきます。


埋没法終了直後です。
直後
手術の影響で、少し右目の方が開きが弱くなったかな、というところ。
微妙にライン幅が右>左です。
目が慣れてきて、徐々に開きは落ち着いてくることでしょう。


ということで最後は1週間目。
一週間
開きが揃っていますね。
さっきのお写真と比較しても、ほんとちょっとの差なのですが・・
手術直後は眠そうな目に見える、なんてよく言うやつですね。
ほんのちょっとの差がどうも違って見える、と。

とくに、手術を受けた本人はいつもの目の開きとの違いがわかりやすく
ちょっと腫れ感を感じやすいと思うのですが
客観的に見た場合はそこまででもないので
まずは少しの間勇気をもって乗り越えることです。

二重ラインもいい感じに落ち着いて
1枚目のお写真と比較すると変化がはっきりとわかりますね。
ここで1枚目に立ち返ってよく見てみると
うすーくクセは入っているので
その部分をうまく生かしてしっかりしたラインに生まれ変わらせているのだ、というのもわかると思います。
いい感じですね。






さりげない変化ながらも目の印象はぱっちりと。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は埋没法。
一重まぶたからの変化です。

一重→二重という目の変化は
たとえそれがごく細いライン、奥二重だったとしても
目の形が丸くなり、大きく見えることにより印象が変わります。
クールな感じから優しい印象にチェンジする、なんて表現を使う人もいますね。

凄いラインを生み出さなくても
目の印象を非常にいい感じに変えることができる。
そういった力を持つ手術のお写真を見てみましょう。


まずは手術前です。
手術前
一重まぶたです。
すこし重い印象かな、というところ。
両方の目に埋没法を行い、ラインを生み出してみましょう。


手術終了直後です。
直後
この時点でもすでに、目が大きく丸みをおびたことがわかりますね。
決して広いラインではないこともわかります。
でもこうして2枚のお写真を比較すると、けっこう印象の違いはあると思います。

すこし目が充血しているかな、というところですが
腫れは非常に少ないですね。
さらに自然に落ち着いていくので、徐々に様子を見ていきましょう。


1週間経過時点です。
一週間
さりげない広さながらも効果的な力を持つライン。
とてもいい感じです。
この方の目の持っていた良い部分、素質をうまく引き出すことができたのではないでしょうか。
埋没法とはそういった性質の手術だ、と僕は考えています。
目をさらに生かし、映えさせる。
うまく実を結んだ美しいお写真ですね。

こんなふうに
一重まぶたから二重まぶたに変化すると
不自然さ無く、いいインパクトを与えられますね。
ラインを生み出すことによって得られるもの。
自分にとって意味を持つもの、と考えられれば手術に踏み切る価値は十分にあり、ですね。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR