埋没法経過写真、前回の続き

ドクター松井クリニック 院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
目頭切開、埋没法、切開法 お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。





今回は前回の続きなので
合わせてお写真を見てみてくださいね。

前回は目を開けたときのお写真だったので
今回は閉じたときのお写真です。


まずは埋没法を行った直後の閉眼写真。
直後閉


次は手術から1週間経過したとき。
一週間閉

同じときの目を開けたお写真。
一週間
前回も載せていますがいい感じのラインですね。
目を閉じたときもこの時点で問題はなく
その点についても非常にいい感じでした。


ただ、ぽつっとしてくるのは
もう少し時間が経ってからのことが多いので
その可能性はあるのかも、という話になってしまうのですが
目立ちにくい方法をとっていれば問題は小さい、と言えます。
どうしても目立ちやすい、なんていう人の場合は
糸を取って、目立ちにくい方法、結び目の位置を変える、という風に対処する、という手もあります。
付け替えですね。

スポンサーサイト

目頭から伸びるラインに変化させていく。

今回は埋没法。
繊細なラインを実現した例です。


お写真で見ていきましょう。
手術前
手術前ですが
もともとラインが見受けられますね。
末広型のラインです。
でも、目じり側のみしかラインが無く感じてしまう、ということで
全体的に伸びるライン希望でデザインを進めていきます。
より目頭側にもラインがでるような形状ですね。

ということで左右両方の目に埋没法を行いました。
直後
直後でも大きな腫れはありません。
でもなんとなく腫れているような
なんとなくいびつなような。
これくらいであればどんどんおちついて滑らかになっていくので
経過を追ってみていきましょう!


ということで最後は1週間目です。
一週間
ビフォーのお写真と比較すると
目尻だけでなく、全体的にライン幅が見て取れるのがわかりますね。
すごく大きな変化ではないものの、印象の変化はあきらかです。

どちらのラインのかたちがよいか?
それは人の好みによると思うので
カウンセリング時のシミュレーションを通して
しっかりと考えていくのが大事ですね。

繊細で美しいラインを実現した例。
非常にいい感じではないでしょうか。

埋没法の経過、目を閉じたときも含めてチェック

ドクター松井クリニック 院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
目頭切開、埋没法、切開法 お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。





今回は埋没法です。
目を閉じたときのお写真も載せるとわかりやすい、と
とある患者様に言われて今回も閉眼写真を掲載しています。
お写真を撮るときに忘れないようにしないと。。ですね。(けっこう忘れます・・)
手術前のお写真を撮り忘れるともうどうにもならないですが・・
気をつけねば。



ということで今回の症例写真です。まずは手術前から。
手術前
クセはあるのですが
いまいちはっきりしなかったり、消えやすかったり。
ということで両目ともに埋没法を計画しました。
左右の幅を揃えるようにデザインして、手術を行っていきましょう。


埋没法終了直後です。
直後
左はクセと同じラインで行ったので
広くなった分が腫れの度合いだ、と思ってもらえばよいかと。
右もラインを広げているのがわかりますね。
両目共に大きな腫れは無いです。

直後閉眼
閉じたときのお写真がちょっとうまく撮れていなかったのですがアップ。
(眼を開いた時のお写真も”直後シリーズ”はうまく撮れているのが少数でした・・頑張らねば。)
数カ所にちょんちょんと跡がついています。
これはすぐ消えるし、少ししたら化粧で隠すのがよいでしょう。
あんまりうまく写っていなくて跡が良く見えないところもありますが・・
目立ちやすいところ目立ちにくいところと少し差がある感じでしょうか。

糸を通したところがすごくくぼんでしまうのではないか?
というのを気にしている人がいますが
直後からほとんど問題はないですね。
人によってはややくぼみが出る場合もあるのですが
クレーターのような凄いものになる、なんてことはまずありません。


1週間経った時点でのお写真を2枚続けてみていきます。
一週間
閉眼
ラインは1枚目のお写真と比較して、左右が揃ったのがわかります。
閉じたところも跡が目立たないですね。
わからない、といっていいかな、と。
このぐらいの時点だと、ゆーっくり目の開け閉めを繰り返してもらえば
少し糸がついてるあたりが、この辺りかな?なんてわかるケースもありますが
普通にしていればまずまずわかりません。
いい感じではないでしょうか。


プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR