FC2ブログ

ラインを広げて目をはっきりさせていこう。

ドクター松井クリニック 院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
目頭切開、埋没法、切開法 お写真モニター随時募集しています。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。




今回は埋没法。
元々二重瞼だけれども、ラインを広げていくパターンです。


まずは手術前から。
手術前
やや左目のほうが広いラインがみうけられますが
両方とも二重まぶたの目です。
もっと広いラインが希望、ということで両方の目に埋没法を行っていきます。



手術終了直後の目を見ていきましょう。
直後
ちょっとラインが強調されて出ています。
腫れによって少し幅が大きく現れているのです。
大きな腫れではないものの
デザインした幅よりも広いと最初はちょっと気になるとは思います。
でもこのぐらいであれば、どんどん落ち着いてきますね。



ということで1週間目です。
一週間
さっきのお写真と大きくは違わないですが
やっぱり落ち着いているのがわかりますね。
いい感じです。

ラインの下にちょっとだけ元のラインが見えています。
三重まぶた、という感じでしょうけれども
あまり目立ってはいないです。

この三重まぶたのライン、ラインが二重になる部分は
気になる人と気にならない人で分かれます。
ここ最近で言うと、気にしない人の方が圧倒的に多いですが
気になる人は、ラインの広げる度合いを少なめにしておいた方が目立ちにくいです。
大きく変化させると、元の幅との差が大きくて二重のラインがはっきり見て取れるようになりやすいのです。
でもメイクしてしまえば問題が無いから全く気にしない、という人が多いですね。
自分の場合はどうなのか?どんなふうになるのか?
そこはシミュレートでわかる部分なのでカウンセリング時にしっかりとチェックしていきましょう。

続きを読む

前回の続き、目立たない埋没法。

ドクター松井クリニック 院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
目頭切開、埋没法、切開法 お写真モニター随時募集しています。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。





今回は前回の続きです。
前回は目を閉じたときのお写真だったので
今回は普通の開いた時のお写真を。


まずは手術前です。
手術前
右目がはっきりしないのと
うすくなりがちなラインだ、ということで
両目に埋没法を行っています。

埋没法終了直後です。
直後
糸がついた影響で右目がやや重くなっています。
下垂状態ですね。
だんだんと治ってくるのでここは様子を見ていきます。
左は下垂もなくほとんど手術したかどうかもわからないくらいです。


最後は1週間目です。
1週間
いい感じですね。
本人的にはまだ少し右が重いような感じがある、ということでした。
見た目上はほぼほぼ落ち着いていますが、もう少し様子を見るのが必要かもしれません。

この時の目を閉じたお写真です。
一週間閉眼
前回も掲載した目を閉じたときのお写真ですが
問題が見当たらないですね。
なるべく跡を目立たないようにする工夫。
いろいろとこだわってみる価値の高い部分です。

腫れ、目の重さの部分についても
こうやって振り返ってみて
僕の方もさらに考えていこうと思います。





埋没の閉じた目の例のはなし。

ドクター松井クリニック 院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
目頭切開、埋没法、切開法 お写真モニター随時募集しています。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。






今回も続き物の特集的な感じで
前々回、前回と同じようにまとめてみたいと思います。

埋没法直後の目を閉じているお写真と1週間目の目を閉じているお写真。
糸の結び目が目立たぬよう、結び目が表に来ないタイプの施術での閉眼時の目を見てみます。


まずは埋没法直後のお写真です。
直後閉眼
ちょんちょんと跡がついています。
糸を表に出す方法だからです。
細かなラインを再現するために、この方法を用いています。
自然で美しいラインを目指すためには重要な部分です。
ただ、糸を通した後は結ぶわけですが、この結び目が表面部分にこないようにしています。



次のお写真も見てみましょう。
一週間閉眼
もう落ち着いてしまっていて
どこが糸が通った部分なのかはよくわかりませんね。
ただし、よく言うような埋没後の糸の結び目の跡は、直後ではわからないことが多いです。
時間がある程度たってみてどうか、というところ。
この方法ではその心配もない、と言えます。
結び目以外のところがずいぶん透けていて丸わかり、みたいな他院症例も多種見たこともがあります。
結び目さえ裏にまわせば目立たないでしょ、的な細かい部分への配慮の欠如かと思います。
けっこういろいろ考えながら行っていかなくてはならない。
なんでもそうですけどね。
糸の跡が気になる場合は、糸取りをして方法を検討しなおしてみるのも一つの手です。
ご相談ください。

プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR