FC2ブログ

微細な目頭切開+埋没法で印象を変える

今回は目頭切開+埋没法の例。
手術の種類を重ねるとどんどん変化して不自然になるのかな?という考えは浮かぶと思います。
不自然かどうかともかく、限界があるにせよ大きく変化させることも可能です。
でも少しの変化をうまく組み合わせることも可能です。
今回のお写真で見てみましょう。


まずは施術前。
手術前
二重はあるのですが
ラインとしては奥二重に近い。
目尻に多少ラインが見える程度、という感じなので
埋没法でもう少し広げたい、とのこと。
あとは同時に目頭切開も行います。



手術から1ケ月経過時してのお写真です。
一ケ月
ラインをすごく広げたわけでもないし
目頭切開もどかん、と変化をつけたわけではないです。
更に化粧も含めての少しずつの変化の組み合わせ
それが総合して、確かな変化を魅せています。

手術を組み合わせたからといって
やりすぎなければ不自然になるわけでもない、という好例です。
もちろん、もう少しそれぞれの手術の変化を大きくしても
そんなに問題は無いと思いますが。



細かく見ていくと、目頭切開は目自体の印象をそこまで変化させていないのですが
目の横幅が大きくなっています。
目と目の間の距離もそれに伴って近づきました。
こういった効果は出ているのです。

あとはラインに関しては
黒目の上あたり、中心付近の幅が見えるようになっています。
すごく広くしなくても、目が大きく見えるのはそのあたりが理由です。

もちろんメイクの力、コンタクトの力は大きいですが
ベースである目に変化が生み出されていることは
非常に意味があることなのです。

埋没法の腫れの正体、そこには何が潜んでいるのか

今日はちょっとおはなしを。
埋没法のお話です。
お題は「腫れの正体」といったところ。



「腫れる施術」「腫れない施術」を分けるものとして
機材がどうこう、丁寧さがどうこう、いろいろな話があります。
もちろんそういった部分は関わってきます。


でも、それ以外に大きくかかわってくるのは
通した糸を結ぶときの結び方、と言えます。
腫れと一番大きく関連しているかもしれません。


ぶつけた、殴られた、なんてときの腫れはダメージが多いことによるもの。
そういったものに比べると埋没法はダメージが小さいです。
多少雑に行ったり、おおざっぱな機材を使ったと仮定しても
埋没法のダメージはそれほど大きくはなりません。


切開法のときはダメージが埋没法に比べ大きいので
初期にはなるべくしっかりと冷却することを勧めています。
埋没法では冷やさなくてはいけない、というほどのことはありません。
内出血や多少のダメージに対して、ある程度有効ではあるので
冷やすのほうが良いですが
実際冷やしたからすぐ引く、というものでもありません。
特にいわゆる「ガチャピン状態」などというように
埋没法の直後から目がすごく開きにくくなっている状態の場合には
冷やしたからすぐにどうこう、というのは通用しません。


上に書いた ”糸の結び方” というか ”締め付け方” が関わっているからです。
糸が中を極端に締め付けている場合、すごく目の開きが悪くなってしまう。
目が落ちてしまう眼瞼下垂状態。
これだけですごく腫れて見えます。
そう、これは厳密には腫れている、というのではなくて腫れて見えている、という状態なのです。
いつもと違って開けなくなっている目は非常におかしく見えてしまう。
これが埋没法の「腫れ」の正体であることが多いです。


糸をつけた場所が極端にくぼんでしまっているケースは
糸の締め付けが強いケース。
妙にくぼみが出てしまっている場合は、強く腫れて見える=目が落ちている、重くなっている
くぼみと腫れはリンクしているのです。
後は糸を通している位置、つけている部分によっても
この開きにくさはいろいろ変化してきます。
筋肉をダイレクトに変に締め付ければ、そりゃ下垂します。
(腕を掴まれたら動かしづらいですよね、ちょっと似てます)


こういった部分が「腫れの正体」、といえるので
埋没法で腫れが長引いている=目の開きが弱くなってしまっている 
そういった人の場合
極端に言えば、埋没した糸を取りだしてあげる、抜糸や糸取りといわれることを行ってあげると
あっさり目の開きが良くなって、腫れがひいてしまいます。


ダメージによる腫れは、冷やしたりしながら少しずつ引くのを待つことになります。
だから、赤くはれ上がって熱を持っているだとか
紫色になってパンパンだ、なんていうときはダメージが多い時。
こういった時はだめなのだけれど
埋没で変に目が開きにくくなって腫れて見える状態は
糸を取ったら、あっさり改善します。
もちろんラインも消えてしまうのですが・・・


糸を結ぶときにどう結ぶのか、どう締め付けるのか。
その調整が腫れを減らす、増やすに大きく大きく関わってるのです。
変な風な位置に糸をつけ、変に締め付ければ腫れが増える。
それを反面教師にして
どうしたら腫れを減らせるか、それが考えられるわけです。
これが肝ですね。まさにこれがこだわっている部分です。


ゆるく結ぶ、という言い方がありますが
ゆるく結んでると、すぐほどけてもとに戻りやすいのでは、なんて声も聞いたことがあります。
でもそれは違います。
糸を結ぶ、その結び目を固く、ほどけにくいものにすることと
その糸でつよく締め上げることは別です。
結び目はほどけないようにしっかりとするけれど
変に締め付けない。
でも必要なくらいは締める。
工夫しがいのある難しい部分。
考えに考えながらそこをつきつめていくわけです。




「腫れの正体」
もちろんダメージも関わってくるので
機材にこだわる、丁寧に行う
そこは非常に大事です。
がんばらねば。
でも正体の中には上記したようなことが隠れているのです。
ここも頑張らねば!!




PS
長文になっちゃいました・・
今日来られた患者さんといろいろ話したので
そんなこんなの勢いで書いたので
わかりにくかったらごめんなさい!
でもすごく重要視している部分です。







片目の施術で揃えたい。 狭くする例

ドクター松井クリニック 院長の松井です。

12月施術希望の方ははやめにカウンセリングをお受けください。
日によっては埋まってしまっています。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。






今回は片目の施術。
あやふやな広いラインから
しっかりした狭いラインへの変化です。
ちょっと特殊な方法の例ですね。


まずは施術前から。
手術前
右は少し広めにあやふやなラインが出ています。
左に揃えるべく、埋没法を行いましょう。

もっとしっかりしたラインが広い場所にある場合は
狭く、というのは無理なケースがほとんどです。
今回のような感じで少しあやふやだったり
最近少しうっすら出てきた、などという場合はまだ対処できるケースも多いです。
切らない眼瞼下垂と呼ばれる方法に近いアプローチをしています。

埋没法直後です。
直後
少しだけ目が重くなっていると思うのですが
あまり腫れがわからないですね。
こういったパターンではかなり腫れが少ない例、と言ってよいでしょう。
もともとの目の開きがかなり良いので、そこまで影響を受けなかったというのもあります。
翌日のほうが腫れる人がいる、といっても、この延長であれば極端なものにはならないですね。

ということで最後は1週間目です。
一週間
非常にいい感じに落ち着いています。
最初のお写真と比較すると、かなりバランスが良くなって感じますね。

もともとのラインよりも上のラインが自然に出てくる、という現象は
いろいろなパターンでありえます。
しっかりとした二重、といえるぐらいくっきりしたものはもういかんともしがたいのですが
出てきたばかりでまだ薄い、なんてものはこんな風にしばらく下にとどめておくことも出来ます。
年齢を重ねていくとどうしてもどこかで上に負けてしまう可能性が高いですが
できるかぎり下のラインを生かしてあげることができるのであれば
十分に手術を受ける価値はあると思います。

上のラインに逆らうためにちょっと特殊な方法で糸をつけていますが
今回は目指すラインが極端なものではなかったのも相まって
短いダウンタイムをうまく実現でき、非常に良い結果と思います。



PS
拍手コメントへの返事です。

>Aさん
来週、頑張りましょうね。
目頭切開も度合いによって本当に印象はかわります。
しっかり考えることは大事ですね。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR