FC2ブログ

目と目の間の距離。

ドクター松井クリニック 院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。


質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。







蒙古ヒダで隠された部分が出てくる、という目頭切開の持つ力。
その結果、より目が大きくなったり
平行型の二重ラインがでやすくなったりなどといった効能があるわけですが
目と目の間の距離を近づけることができる、という効果もその一つとして挙げられます。


今回のお写真で見てみましょう。
まずは手術前。
手術 前
やや離れ気味、という印象の目かもしれません。
目頭切開を両目に行っていきましょう。


1カ月目のお写真です。
一カ月後
目の横幅が変わったのがわかると思います。
すこし、の長さの変化なのですが、両方から近づいてくるので
目と目の間の距離は狭くなります。
写真だとわかりにくい部分もありますが
実際にお会いすると、目の距離の変化がかなりわかりやすかったです。
非常に良い効果を生んだ、と言えます。

まだこの時点で傷は少しわかるかな、というところですが
更に時間をかけて綺麗になってきます。
それに伴って戻ってしまうの?と気にされる方もいるのですが
無理に引っ張るような施術ではなく
Z法、W法などと呼ばれるようなしっかりとした施術を行うと
変に戻ってしまう、というようなことはありません。
腫れがひいたり、傷が落ち着いたりという意味では多少の変化は初期にはありますが
心配しなくても良い部分です。

でも逆に戻らないので
目と目の間の距離が近くなりすぎてしまった!という場合には困ってしまいます。
自分の目と目の間の距離が近い、と考えている人の場合は
目頭切開は行わないほうが良い時もあります。
そこは事前にしっかりと考えなくてはいけない部分ですね。



しっかりしないラインを生まれ変わらせる。

ドクター松井クリニック 院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。


質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回のお写真はあまり変化はわからない例。


でもクセはあっても消えてしまうこともある、なんて方にはおすすめの話かと。
あとはつけまつげをつけたときだけはラインがでる、だとか
あともう一歩! という場合には埋没法が有効なケースが非常に多い。


まずは手術前から見ていきます。
手術前
こういったラインがわりとついているのだが
時に消えてしまうことが多くて・・・
そういった方は多いはず。


埋没法を両目に行っていきましょう。
直後
すっごく腫れている、なんていうのはないのですが
上のお写真と比較すると目の開きが弱まって、そのせいでどうも違って見えます。
すれちがう他人なんかはなんとも思わないかもしれませんが
こう比べるとわかりますし、本人はもちろん一番気になりますよね。
でも、この開きは、変な糸のつけ方や特殊な方法を用いない限りどんどん落ち着いてきます。

ということで1週間目。
一週間
こんな風に落ち着きました。
いい感じですね。
変化、という視点では特筆すべきものはないお写真ですが
きっちりとしっかりしたラインに生まれ変わらせることができれば
非常に大きな意味を持つ、と思います。


上記したような 「あともう一歩」という方々には
埋没法はすごく有効な手助けになるので
ご検討くだされば、と思います。
埋没法をうまく利用していけばよいわけです!



はっきりしない片目。

ドクター松井クリニック 院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。


質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は片目の埋没法です。
さっそくお写真見ていきましょう。


まずは手術前。
手術前
右目ですがラインはあるのだけれども薄くて、はっきりしない。
埋没法を経験していて、その施術の力が失われてきて戻りつつあるという部分
あとはそれとは別に、目の開きがやや弱くなっている部分もあるのかもしれません。
そういった側面を加味して
切らない下垂手術の応用で糸をつけて行き、それによってラインも生み出していきます。


手術直後です。
直後
ラインははっきりしたものの、やや目が重そうかな、というところ。
ただ腫れて見える度合いは低いので
(もっと目が重くなると、開きが弱いせいでずいぶん腫れて見えます)
こういった部分はどんどん落ち着いていきます。


というわけで最後は1週間目です。
一週間
いい感じにはっきりしたラインが出ています。
この時点でかなり落ち着いており
目もはっきりしたのではないでしょうか。

目の開きがよくなったこと
ラインがしっかりとした強さ(濃さ)になったこと
うまくそれらを実現させることができましたね。

片目だけ行うとどうしても初期の腫れが気になるケースもありますが
大きな腫れにつながらぬよう抑えることもでき
良い経過だったと思います。



PS

拍手コメントへの返事です。

>しーさん
ありがとうございます。
誕生日を迎え、よりいっそう頑張ろうと思います。



プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR