ラインの無い目にしっかりとしたラインを。

今回は埋没法です。
一重の目にラインを生み出した例。
しっかりとしたラインを生み出していきましょう。



まずは手術前からです。
手術前
ラインらしいラインは見受けられないので
左右に埋没法を行い、ラインを生み出していきましょう。


手術終了直後です。
直後
少し腫れに左右差があり
そういった差があると腫れて見えやすいです。
ややもともとの目の大きさにも差があるので出やすいものと思いますが
どんどん落ち着いてくるので様子を見ていきます。



最後は1週間目。
一週間
ラインが生まれ、メイクが加わると
目の大きさがかなりそろって感じますね。
いい感じです。


割と素直にラインが出るタイプの目でした。
やや腫れは出てしまいましたが。
一重の目の人の場合には
まぶたが厚い→脂肪が多い、皮膚が多い
等というケースもあり、そういった人の場合はなかなかラインを生み出しにくいこともあります。
カウンセリング時のシミュレートで確認し
どういったことが可能か?というのを考えていきます。




PS
平日限定の割引モニターは継続して募集しています。
以前と変わらずに行っていますが
またあらためて情報をしっかり記しますね。
スポンサーサイト

ラインの差が少しだけある目に。

今回は埋没法。
ちょっとだけラインに差がある目。

といっても末広型で
見えているラインの広さ、というもの自体は変わらないのだけれども
本来の幅の差で微妙に目の大きさに差が出ている、というケース。


実際のお写真で見ていきます。
まずは手術前からです。
手術前
よーく見て比べると、どうも左の目の方が少し小さく見えます。
下垂のように見えますが、ラインの広さ、とくに中央から内側にかけてのラインの広さに差があったので
左目に埋没法を行う、という方針をたてました。



埋没法終了直後のお写真です。
直後
見えているラインにほとんど差はないのですが 
(やや腫れて、少しだけ目尻側が広く見えますが)
左目の目の開きが大きくなり、すでに左右が揃って見えます。


埋没法を行うと、一時的に目の開きが重くなり
かえって差が大きく見えるケースもありえますが
今回はそういった症状もほぼなく、いい感じです。



最後は1週間目です。
一週間
もうほぼ左右差はなく見えますね。
手術前はけっこう緊張されていましたが
結果も出て、非常にリラックスしていて、いい表情になっています。
(全体ではないのでwかありにくいですが)


ラインの差がある場合に、そのちょっとした差を是正していくというのは
埋没法が有効かつ、腫れを少なくとどめやすいパターンです。
目の開きの能力自体に差があったりするとまた話は変わってきますが
今回のケースは、無理なことを望むのではなく
いいかたちの変化の計画をたてることができたので
良い結果につながったと言えます。



PS
拍手コメントへの返事です。
ちょっと不備があり、返信遅れてしまい申し訳ありません!


>さくらさん
ラインが消えてしまうことが多くなってしまった場合は
再手術を行うのが有効です。
それは考えてよいと思います。


>よぴさん
ありがとうございます!
カウンセリングでいずれお会いしましょう!

切開法、前回の続き 

今回は前回の続き。全切開ほお写真です。
経過を追ってみてみましょう。
写真を順に見ていきます。


まずは手術前。
手術前

全切開法を行った直後です。
直後
手術が終わってすぐのお写真。
腫れはそこまででも無いですが(といってもけっこう張っていますが)
やっぱり内出血は出ています。
内出血はすこしずつ多くなり、そこからはだんだん薄くなり、広がりつつ消えていきます。


抜糸をした日のお写真にうつります。
抜糸時
今回抜糸は手術5日目です。
内出血、ラインから下の部分はやや薄くなっていますが
範囲が広がり、黄色い部分が多いですね。
青紫のような色から、黄色くなって更に消えていきます。
もう1週間くらいでかなりわかりにくくなります。


内出血はもっと多く出る人でも
普通の場合は2週間あればほぼひきます。


最後は1ヶ月目。
一ヶ月
いい感じに落ち着きましたね。


今回の症例の患者様は
広いラインではないことも関係していますが
非常に腫れが少なかったです。
直後から腫れは少なかったですが
しっかり冷却してくれたたまものでもあります。


埋没法では変に患部に触ってしまうくらいなら冷やさなくていい、なんていつも僕は言っていますが
(うまく冷やすのはもちろんアリですが)
切開法では積極的に冷やすように指導しています。
冷やし方等も手術の際に説明しています。
そこは頑張りも必要ですね。


全切開のモニターも募集しています。
ご興味ある方はご連絡ください。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR