FC2ブログ

広くないが、幅を出して目を大きく見せる。

今回も前回と同じく一重からの変化。
前回ほど幅のあるラインではないですが
目をうまく映えさせていることにはかわりありません。


手術 前


一枚目は手術前です。
細かく見ていくと奥二重はあるのかな、というところ。
正確には一重ではないのかもしれませんが
印象としては一重まぶたの目です。


埋没法を両目に行い、ラインを生み出していきます。
手術直後です。

直後
広いラインではないですが、印象が変わりますね。
この時点でもすでに目を大きく見せる効果がはっきりと出ています。

ラインの幅が生み出された分、目も大きく見えるという効果。
大きくしすぎると眠そうに見えてしまったり
逆にのっぺりしてしまったり、となりますが
このぐらいの感じであれば非常に目を映えさせているのではないでしょうか。


最後は1週間目です。
一週間
2枚目のお写真とそう変わらないですが
少し笑っているので、またちょっと違った感じに見えるかな。
ラインも派手すぎず、それでいてさりげなく主張して幅を出しています。
非常にいい感じですね。

1週間目のお写真を撮る際
喜んでくれた結果、笑っているお写真ばかりでこんな感じです。
喜んでもらえるとこちらも嬉しいですね!





ラインが効果的に目を映えさせる。

今回は埋没法。
一重まぶたからの変化の例です。

二重ラインが生み出される、ということによる効果
それが非常にわかりやすい例かな、と思います。



まずは手術前のお写真から。
手術前
薄いクセはありますがはっきりしたラインはないです。
埋没法でラインを生み出していき
左右共に目を映えさせていきましょう。


埋没法直後です。
直後
ラインが生まれることですでに目は大きく見えているものの
大きな腫れはないでのすが
かぶさる瞼の方がちょっと腫れているのと、やや開きにくい感じで
なんとなく真ん中あたりが狭く見える感じで
うまく言葉が出ないですが、気合いを入れた目のようになっています。

少しすれば腫れがひくのと
目のちょっとした開けにくさに慣れてくるので
どんどん落ち着いてきます。


ということで1週間目です。
一週間
いい感じに落ち着きましたね。
そういう感じで言うと、直後の腫れは強く泣いた時なんかに近いかもしれません。
大きな腫れはなくとも、どうしても普段とはやや違って見える。
でも落ち着くのははやいです。

1枚目と3枚目を比較すると
その効果のほどは非常にわかりやすい。
目を大きく、丸く。
やさしい印象に変化させるのがラインの効果です。
わかりやすいお写真の例だな、と。

はっきりした幅のラインが欲しい。

今回は埋没法です。
多少のラインがあったとしても
目を開いた時にはあまりはっきりした幅にならない。
奥二重、もしくは目尻側に少しだけラインが出ている、という感じ。
そういった場合、より広い幅のラインを求める人もいらっしゃいます。
今回もそういったケースです。

まずは手術前から。
手術前
狭いラインがうっすらと見てとれます。
でも、もっと主張する幅のあるラインを希望して来院されました。
埋没法を左右両方の目に行っていきます。


埋没法終了直後です。
直後
ちょっとむくみがある感じというか。
やや腫れがあるのがわかります。
ここからどんどんと滑らかに落ち着いていきます。


ということで最後は1週間目です。
一週間
かなり落ち着き、左右ともに幅のあるラインに生まれ変わりました。
幅もしっかりと主張するけれども広すぎず、良い感じではないでしょうか。
先ほどの写真では、少し目が重くなっていたものの、それもすっかりもとに戻り
ライン幅の分、目が大きく見えています。
広くしすぎると、眠そうに見えてしまったりするケースもありますが
このくらいであれば問題ないですね。


眠そうに見えるケースは
目の開きの大きさとの兼ね合いで変わってくるので
バランスを良く考えながらライン幅を決定していかねばなりません。

プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR