FC2ブログ

より主張するラインに。

今回はもともと二重まぶたの方。
大げさな変化ではないですが
ラインを両目共に広げた例です。
その効果のほどを見ていきましょう。


まずは手術前です。
手術前
両目共にラインはありますね。
でももう少し幅を広げたい、との希望です。
両目に埋没法を行い、ラインを広げていきましょう。


手術終了直後のお写真を見ていきます。
直後
なんとなくむくんだ感じ、これが腫れですね。
次のお写真と比較すると、ちょっと広く出ているのもわかります。

腫れですが、手術が終わった直後がピークだ、という人と
次の日の朝がピークの人と分かれますが
いずれにせよ、直後でこのぐらいの腫れであれば引いていくのは早いです。


ということで1週間目です。
一週間
凄く広くなった、というわけではないですが
しっかりとした変化がわかります。

より目頭側から伸びるライン。
目の途中からはじまる感じのラインを、こういった形にしていきたい、という人は多いです。
プラスして、中央付近もいい感じに幅が出て
主張するラインになった、といったところではないでしょうか。


広すぎることもなく
メイクなしでもけっこうぱっちりと見えるし
こういった変化を望む方には非常に参考になる症例では、と思います。

「いつもの」目を、埋没法で手に入れる。

普段メイクをしているときにはラインがある。
いろいろなパターンがあります。
つけまつげをつけると出る人。
アイプチやメザイクを使っている人。アイテープもありますね。
しばらくつけておくと一日もつ、なんて人もいます。

そういったラインを埋没法によって
しっかりとした形で手に入れる。
いろいろな手間が省けるし、目を閉じたときも自然だったり。
今回はそういった例、と言えます。


手術前のお写真、見ていきましょう。
手術前
薄いクセは左に見受けられます。
この辺りが普段メイクで作っているラインなのかな?という感じ。
ただ、はっきりしないです。
右はほとんどわからない。
埋没法でしっかりとしたラインを生み出していきましょう。

手術直後です。
直後
上下のお写真と比較するとわかりますが
コンタクトがはいっていない、ということを差し引いても黒目が小さいです。
これは糸がついたことによって、目の開きが一時的に弱まっているせい。
目が重くて、開きが小さくなっているので、ちょっと腫れを感じやすくなっています。
腫れ、という意味では多くなくとも、この下垂によって初期はどうも変に感じるわけです。
でも、どんどん開きは戻ってくるので、様子を見ていきましょう。


ということで最後は1週間目です。
一ヶ月
落ち着きましたね。
目の開きも戻った上にメイクも加わり、目がきれいに映えています。
ひとつ前のお写真と比較すると
そんなに極端に目の開きも悪くなっているわけではないのですが
少しの開きの弱さがけっこう差を生んでいる訳ですね。
この辺は2~3日で変わるのでまずは辛抱です。
2日ほどして、メイクをすれば腫れはわかりにくいのではないかなと思います。


いい感じに目を映えさせる美しいライン。
非常に良い効果を生んでいるのではないでしょうか。

埋没法+目頭切開で目をはっきりとしたものに。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は目頭切開の症例です。
埋没法も同時に行っていますが
BEFORE AFTERを比較して、その効果を感じ取ってみてください。


上が手術前
下が手術から1ヶ月です。

shujyutumae.jpg

一ヶ月
埋没法でのラインの拡大はそこまで大きなものではないですが
目頭切開と相まっての効果はおわかりいただけると思います。
蒙古ヒダの部分が調整され、無理なく目頭側から伸びるラインとなっています。


目頭側の白目部分の変化も見ての通り。
涙丘とよばれる、内側の赤い粘膜部分が見えやすくなり
白目の面積が拡大しています。



横方向、縦方向の変化(プラスしてメイクの効果もありますが)
目をよりはっきりとしたものにさせるのに非常に効果的なものではないでしょうか。

プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR