目頭切開 前々回からの続き 雑記

前回、前々回と目頭切開の方法について書いてきたわけですが
今回は目頭切開についてひとつ思うことを書こうと思います。


単純切開法で行った場合
すごく引っ張ったような形の目にすることは可能です。

「目頭切開で失敗した!」というのは
このすごく引っ張った例の印象が強いと思います。
横にひきつれたような、おかしな目、というか。
無理に引っ張ることのできる方法ならではの結果です。
(ただ、かなりの程度で戻ることが多いです)


でも、実際のところ、きちんとした方法で施術を行った場合
「失敗した!」と感じるのは
むしろ少ししか変わらなかった、だとか全然変わらなかった、というケースだと思います。


これはどんなときに起こるのか?というと
上記したような無理に引っ張った、いわゆるやりすぎの目、というものをネット上等で見て
いかにも、という風になるのが怖くて
とにかく少しだけ、というように、ちょっとだけしか変化させなかったときに起きています。


きちんとどういう形になるのか、というのを考えて
その通りにしてあげれば
やりすぎて変になる、ということは起きないわけだから
「どうしたいか?」をしっかり考えていくことが大事です。


治癒過程で多少のずれは生じます。
ただ、変に引っ張った形、みたいな感じには
そうしよう、として行わない限りはならないです。
恐がりすぎるとかえって失敗してしまいます。
そこは乗り越えて頑張りましょう!


やりすぎ
やらなすぎ
どちらも不満足になってしまう、という話でした。


スポンサーサイト

目頭切開の方法 前回の続き

前回の続きで目頭切開の話。
僕は基本的にZ(ゼット)と呼ばれる方法をとっています。
僕的にはかたちを一番コントロールしやすく、なおかつ効果をきちんと出せる。
自然に仕上げやすいもの、と感じています。


Z法の考え方の基本は↓の図です。
Z法
前にも使った稚拙な図ですが(笑)
これを解説すると・・・
上の図で、左側の絵の青い線の通りに切ります。

切ると三角の部分を↓のようにめくることができますよね。
Z.jpg
切って、めくり上げた図、というわけです。
緑の点が書いてある三角と、ピンクの点が書いてある三角、両方ともめくりあげて、
位置を入れ替えて戻します。(1枚目の図を見てみてください。)

ちょっとわかりにくいですが・・
入れ替えて戻すと、緑の点があった部分が下に来て、ピンクの点があった部分が上に来ます。
空間が入れ替わるのです。
この原理で、蒙古ヒダで突っ張った部分、下に向かって引っ張る部分の方向を変えてあげることで
目頭の部分を整えてあげるのです。


しかもポイントとしては、
Z法
ピンクと緑の両者の位置が入れ替わっているので
無理に引っ張っている、というのとは違って、元に戻りようが無い、という部分が必ず出てきます。
前回の記事で記した、単純切開法との違いはこの部分です。
空間を入れ替えている、というのがポイントなわけです。



でも文章ではうまく説明できないんで
もしこの記事を読んで、わかりにくかった場合
目頭切開を検討している、興味のある方はカウンセリングに来てみてください。
この部分について質問してもらえば、説明します!
(口頭の方が伝えやすいですね。文章・絵が下手でごめんなさい!!)


ちょっとわかりにくい記事でしたが
上記したようなことを頭に入れつつ
このブログに載っている、いろいろな目頭切開の手術のお写真を見てもらうといいかな、と思います。



こういった蒙古ヒダのつっぱりを変えてあげる方法。
どういった風につっぱりの位置を変えてあげるか、というところにこだわって
自然で美しい目頭部分を生み出していこうとしているのです。
目の内側の部分の出し方の調整だけでもいろいろな工夫ができるので
難しいですが、非常にやりがいのある手術です。

最近、目頭切開の質問が多いです。

目頭切開の記事を多く載せているせいか
最近の質問メールは目頭切開に対するものが多いです。
大部分、という感じです。

目頭切開に関しては、いろいろ書きたいことがあったので
これを機にいろいろ書いていこうかな、と思います。
しばらくはお写真の記事ばかりだったので・・・
時々は文章も良いかなと。



けっこう聞かれるのは目頭切開は戻るのかどうか?という質問。
一般的に「切る」という行為を伴うと、長時間をかけてゆるやかに変わる部分があります。
そういった感じで1か月後と1年後を比べるとやはり違う、と言えます。
ただ、こういう変化は最初の1~2週くらいで大きく動きます。
いわば、そういった時期しか極端には変わりません。
でも、目頭切開の場合、時間をかけてもとに戻っている人もいます。2~3年かかって戻っている人もいます。



手術の方法にもよります。
方法によってはけっこう戻るのです。



どんな手術方法だと戻る可能性が大きいか?というと
いわゆる単純切開法と呼ばれたり三日月法と呼ばれたりする方法。
(アルツ法、という呼び名もあります)
これは”引っ張る”方法です。



図で言うと

単純

ちょっとわかりにくいかな?
黒い線で囲んだ部分を三日月状に切り取って
その部分を縫い合わせて引っ張れば・・・
青い点の位置がずれて、緑の点の位置に近づきますよね。
この切り取って縫いあわすことによって、ギュッとよせる。
極端に書けばこんな原理なのが単純切開法です。

蒙古ヒダを変えようとすれば
アルツ法
こんな風にひっぱれば、とりあえず形は変わります。
(ふつうはもうちょっと違う位置を切りますが)


一時的に形を変えるのなら、これでもOKです。
うまくやれば腫れも少なく、時間も短い。




でも・・・
ここで問題が。
皮膚というのはかなり伸びることができるものなのです。
(年を取ったときにも皮膚は伸びますよね。 ”たるみ”です。)
特に無理に引っ張ったときには、皮膚は伸びてしまいやすいです。


単純切開法だけでことを行おうとすると
無理に強く、大きく引っ張ることになりがちで
そうすると、皮膚が伸びてもとに戻りやすいのです。



けっこう時間をかけて戻ることもあるので
あまり大きく問題にならないこともあるといいますが・・
目頭切開をやりたい、という場合は蒙古ヒダをなくしたいという希望がある場合が多いので
蒙古ヒダ
緑の矢印で示した部分が蒙古ヒダですね。
この蒙古ヒダの突っ張りをなくして
隠れている目の部分(上の図の赤い部分)を見えるようにする、という目的を達成するためにはしっかりとした施術が必要になってくるわけです。



元に戻ろうとする時に
傷跡が汚くなってしまうこともあるので
やはりせっかく施術をするのであれば、変に戻ってしまう方法ではないほうがいいのでは、と。
元に戻ったからといって、傷跡もなくなる、というわけではないのです。



目頭切開で後悔しないために。
「方法」という部分も大事になってきます。
以前にもいろいろ書いている部分ですが、今回改めて書きました。
次回は、僕がどんな方法をとっているか、について記していきます。





プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR