FC2ブログ

一重の目を、はっきりした大きな目に。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。







今回のお写真は
一重の目から大きく変化を生み出した例。
お写真を追ってみていくとわかりますが、ちょっと腫れは出ましたが
その効果の良さは非常に感じ取りやすいお写真です。



まずは手術前から。
手術前
なんとなく、のクセはありますが
あまりはっきりしたものはなく
一重まぶたです。
広くしっかりとしたラインをうみだすべく
両方の目に埋没法を施行しました。


手術直後です。
直後
今回は結構腫れて見えますね。
少し目が開きやすくなるように糸をつけているのですが
逆に糸がつくことによっての下垂も生じていて
ちょっと変な感じにみえています。 
ただ、この下垂はすぐにおちついてくるし
やや目の開きの変化でまつ毛の部分が誇張されたように上がっているのですが
(特に右目)
これもすぐに落ち着いてきます。
そういった目の開きの変化に加え
ある程度の腫れも加わりちょっともたついて見えていますが
まずは経過を見ていきます。



ということで1週間目。
一週間
つけまつげやメイクでややわかりにくいですが
まつげの部分が少し変な感じに上がっていたのは
すぐに落ち着いた、とのこと。
開き自体も回復し
幅があり、なおかつ目の開きのある
ぱっちりとした二重まぶたの目、を獲得しました。
1枚目のお写真と比較すると、その効果のほどはお分かり頂けると思います。
メイクやコンタクトの効果もありますが
非常によい変化が生み出せたのではないでしょうか。


ややたるみのあるケース。

今回はたるみのあるケース。


加齢によるたるみで
なんとなく変化が出てきてしまった
重くなってきた感じがする、といったケースです。


たるみが多いと
さすがに「切る」ことが必要になってきます。
埋没法では無理、なわけです。
でも、少しだけラインを広げることができるケースでは
それだけでもルックス上かなり満足がいったり
目が重いケースでは
工夫を凝らした糸のつけ方でかなり状態が良くなることもあります。
なんでもかんでも切らずにいけるわけではないにせよ
こういった例もあるので見ていきましょう。



まずは手術前です。
手術前
たるみでラインがやや変わってきた、というのと
目が重くなってきた、という訴えです。
こういった部分を改善するべく
埋没法を左右の目に行っていきます。



埋没法終了直後です。
直後
すこしびっくりしたような目になっていますが
これは、糸がつくことによって
目が開きにくい、重い、といった感じになって
眉毛を上げているために
こういう風に見えています。
糸がつくと
目の開きが重くなってしまう、というのは
最初期はどうしてもあるかな、というところ。
ただ、今回のケースはそこまで目の開きが落ちてはいないかなと。
なのでちょっとびっくりして見えています。




最後は1週間目。
一週間
たるみがあったところを是正しているのがわかります。
表情が笑っているので、少しだけ目が細くなっていますが
こんな感じです。

ラインを広くして
更に目を開けやすくなるような糸のつけ方も行っているので
快適だ、とのことです。
眼瞼下垂手術の応用ですね。
漫然と糸をつけると
かえって目が重くなってしまうケースもあるので
要注意です。

狭いけれども目を映えさせるラインで。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は一重まぶたからの変化。
広くはないけれど効果的に目を大きく・はっきり見せるタイプのライン
それを見ていきましょう。



まずは手術前からです。
手術前
右側はすこしクセがありますが
ちょっとはっきりしない。
左は一重、という印象です。

目をはっきりさせるべく
両目に埋没法を行っていきます。


直後
大きな腫れはないですね。
でもやや腫れています。
このくらいであれば、目立ちにくいし
すぐに引いてきます。

この時点でもすでに目がはっきりしたのがわかりますね。
いい感じ。


ということで1週間目。
一週間
末広型のきれいなラインです。
1枚目のお写真と比較すると
変化の具合がよくわかりますね。

広くはないラインですが
しっかりと目を映えさせています。
こう見ていくと
ラインを広くするべきなのか
ある程度までの広さ、狭めにするべきなのか
これは人によって分かれます。


自分の化粧のスタイルや好み等から考え
また、目に合うかどうかも考えつつ
決めていくしかありません。

プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR