眉毛を上げる例

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は埋没法の例で
いつも通りラインを生み出しているわけですが
ちょっと凝ったことを行っています。
お写真をみながら説明していきましょう。


まずは手術前からです。
手術前
微妙に左目の方が大きいのは
左の眉毛をちょっと上げているからです。(写真では切れていますが)
ちょっとしたクセなのか、もしくは下垂があるのか。

さらにお写真を見ていきます。
埋没法を両目に行った直後です。
直後
埋没法を行った後のお写真を見ると
眉は上がっていません。
というか、左だけでなく右の眉も少し上がっていたようです。
埋没法でラインを生み出したことにより
目が開きやすくなり
両目とも眉を上げずによくなった、と言えます。

細かい意味では下垂があり
ラインが無い状態だと両方とも眉を上げていて
理由ははっきりわかりませんが、特に左を強く上げていた状態だったわけです。

やや下垂手術の応用の方法で糸をつけています。
良好な結果につながっていますね。



最後は1週間目。
一週間
細かく見ていくと
さっきの直後のお写真では
なんとなくラインがすっとしないというか
むくんだような感じがありましたが
すっかり落ち着いていい感じです。


病的なものでは無いですが
軽度の下垂症状ととらえた場合
糸のつけ方によっては
目が重くなってしまい
逆に開きづらくなる、なんていうこともありえるので
こだわった方法をおこなったわけです。

スポンサーサイト

幅のある平行への変化

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回は
一重(厳密には奥二重)からの変化。
はっきりとした変化の例です。


まずは手術前からです。
手術前
両目共に狭いラインはあるかな。
奥二重の目です。
印象としては一重の目に近い。

でもよく見ると薄い線はある。
その薄い線はよくよく見ると平行ラインです。
ある程度のラインを生み出すと平行になりやすい目。
ということで平行型のラインを生み出していきましょう。


埋没法手術終了直後です。
直後
少しだけまだいびつかな?というくらいで
直後ですが腫れも少なく良い感じです。


最後は1週間目。
一週間
落ち着きましたね。
さらにだんだんと馴染んできます。
細かく言えばそんなところです。


平行のラインになりやすい目、とさっき書きましたが
そういったタイプの特徴としては
蒙古ヒダのつっぱりの少なさがあげられます。
蒙古ヒダが強く影響している場合は
目頭切開が必要になるケースもあるわけです。
ヒダが張っていても埋没法だけですんなり平行型になりやすい場合もあるし
いろいろその人その人の目でも違ってきます。
平行型は根強い人気があるので
自分に可能かどうか?という点は
カウンセリング時のシミュレートで確かめていきましょう。

広いライン。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





広めのライン、とひとくちに言っても
それぞれの考える”広い”はかなり違うもの。
今回はけっこう広めのラインです。


まずはお写真見てみます。
手術前
細いラインがあります。
その他に上方に薄いクセがはっきりしない。
この広めのクセを生かしていきます。


埋没法直後です。
直後
広めのライン。
ちょっと手術直後なので目が開きにくくなっています。
それで腫れが多く見える。
でも、開きはすぐに戻ってくるので
問題なくなってくることでしょう。


最後は1週間目。
一ヶ月
広めのラインがうみだされています。
メイクも加わり、かなり印象が変化したのがわかります。


実際広めのラインが欲しい、という方でも
このくらいのラインは埋没では厳しい、というケースも多い。
この方の場合は
目の上の脂肪が少なく
結構上めにクセが出やすいので
可能だ、と判断できたわけです。


どのくらいまでのラインなら可能か?
どのくらいまでの方がより落ち着きやすいか?
いろいろな部分を考えながらシミュレートし
自分なりの”広いライン”を探していくしかありません。

プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR