様々な手法を組み合わせ、目を印象付ける。

今回は目をはっきりさせた例・・
というこのブログではごくごく当たり前かな、という話ではありますが
埋没法でラインを生み出すだけでなく
メイクやコンタクトで
かなり効果的に目の印象をはっきりさせた例。

その効果のほどが
お写真で変化をとおして
わかりやすい例だな、と。



さっそく見ていきましょう。
まずは手術前。
手術前
右は奥二重かな、左は一重。
その分、目の開きが左右でも違います。
問題になる眼瞼下垂があるわけでもなく
ラインがある、ないによる差ですね。

埋没法で左右共に
ラインを生み出し
目を映えさえていきましょう。



埋没法直後です。
直後
ラインが生み出され、腫れも少ないのですが
やや目の開きが弱くなっているかな?というところ。

手術直後の下垂です。
これはすぐに治ってきます。
それにしてもコンタクトが無いとけっこう違いますね。


最後は1週間目。
一週間
腫れも引き、目の開きもよくなり
その上でメイクやコンタクトも加わると
ずいぶん目がはっきり、大きくなりますね。

埋没法によるラインが
非常に効果的に生かされている例ですね。


当然ながら手術をすれば終わり、ではなく
さらにそのラインを生かすために
こんな風にいろいろな方向から
アプローチするのは
それぞれいろいろと試し
研究することが重要ですね。

スポンサーサイト

ラインを更に広いものに。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回はもともとの幅がけっこうある例。
更に広げたい、という要望のパターンです。


広いラインの人の場合
これ以上広げるのはもう厳しい、ということもあれば
ある程度までならば可能、ということもある。
やはり実際に目をチェックしてみて考えることとなります。



ということで今回のお写真、手術前から見ていきましょう。
手術前
しっかりしたラインがありますね。
更に広げるべく埋没法を両目に施行します。


手術直後です。
直後
ほとんど腫れがわかりません。
次のお写真と比較してもあまり違いが感じられません。
すでにいい感じですね。



最後は1週間目です。
一週間
こういった感じで
ラインを更に広くしたい、という場合
広げすぎて眠そうに見えてしまう、というように
逆に目がぼんやりしてしまうこともあり得るのですが
今回の場合は問題なくいけたのではないかな、と思います。


可能な範囲を見極めつつ
更に眠そうに見えないか、間延びして見えないか?
という点にも留意しつつ
幅を検討していく、ということが重要なわけです。

内側を広げる。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。









今回のお写真は
幅を広げる・・というか
内側の幅を広げた例です。

外側の幅はあまりいじらず
内側、目頭側を広げて
印象を変化させていった例です。


まずは手術前から。
手術前
両目共にラインはありますが
内側の幅がもう少し欲しい、ということで
埋没法を左右両目に行っていきます。



埋没法直後です。
直後
内側に幅を持たせると
けっこう印象が変わりますね。


最後は1週間目です。
一週間
写真がいまいちでなんかどの写真も黄色っぽくなってしまいました・・
写り自体もいまひとつではあるのですが
ラインの印象の変化ははっきりわかります。


外側ばかりラインが広いと感じている人の中には
自分のことを釣り目っぽく感じているケースもあります。
こんな風に少しだけラインを変化させて
そういった部分を変えていく場合もあります。

術前、術後の目を比べて
どちらがいい、どちらが悪い、というのは無く
どちらが好みか?というところだと思います。
シミュレートを通して検討しながら進めていきます。





プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR