FC2ブログ

くっきり・はっきりに。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。








目の印象をはっきりさせたい。
そういった要望の方は非常に多いです。


ライン幅や目の開き幅をしっかりとしていくことにより
その要望をかなえたのが今回のお写真です。



さっそくその効果を見ていきましょう。
まずは手術前からです。
手術前
やや右の方が狭いかな、というラインがあります。
左側のラインも中心部分がやや狭く見えるので
左右共に埋没法でラインを広げることを計画します。


埋没法直後のお写真です。
直後
ラインがしっかり入ることによって
ライン幅の変化だけでなく
目の開きもはっきりになっています。

やや腫れて、デザインしたラインよりは微妙に広いのですが
その分、目も大きく見えています。



最後は1週間目です。
一週間
腫れも落ち着き
アイメイクも加わると
随分馴染んだ印象です。

1枚目のお写真と比較すると
くっきり・はっきりとした部分が
プラスされたのがお分かり頂けますね。


埋没法は無理やりななにかが達成できる、というような方法ではないです。
でもその人の素質を生かし
自然なかたちでこのように目を映えさせることは十分可能です。
今回のケースでももうちょっとだけ幅を抑えめにして変化を目立たなくしたり
逆にもっと広くして、更に目を大きく見せることも可能だったとも思います。
あとは個人の好みによるさじ加減。
いろいろと考えながら決めていくしかないです。


ラインを広げて目を印象付けたい。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回はラインのある目
埋没法でラインを更に広げた例です。



まずは手術前から見ていきましょう。
手術前
両目ともにラインはありますが
広くはありません。
ここにラインを新たに生み出していきます。



埋没法直後です。
直後
両目ともに広くラインが出ています。
やや腫れが多いかなと。



最後は1週間目です。
一週間
まだ腫れが完全にはひいていません。
目の開きは落ち着いてきているので
もう一歩かな、と。


大きな腫れは出なくとも
やや時間かかるケースもありますが
様子を見ながら、というところです。




変な風に腫れの引きに時間がかかるのは
目の開きが極端に落ちているケースです。
ガチャピン、などと言われる状態。
2週間~4週間経っても
目の開きが妙に悪い場合は
糸を取り去ることを検討する方が
明らかに経過がはやいです。
「腫れる」手術はそういった感じ。
糸を取って細かな手法を用いてやり直してあげたほうが
圧倒的に早いと思います。


今回のケースはやや長引いた例ともいえるので
腫れを減らす努力、更に考えていかねばと思います。

改めて自分を戒めつつ

日々の診療に没頭して
ここのところ
自分がこんなことを考えている、という
「思い」を発信していなかったので
たまには記そうかと思います。



もうしばらくすると12月
2013年も残り少しになりました。
言ってしまえば
今年も例年と変わらないスタンスでずっと走り続けてきた一年かと。



今年3月には移転をしました。
新宿3丁目に変わって
すでにもうけっこう経ちました。
でも、場所が変わろうとなんだろうと
僕は変わらない気持ちでずっと日々の診療を続けています。



同じことをだらだら繰り返しているのか?
と思う人もいるのかもしれませんが
どうしたらより良い手術結果をだせるのか?
ということを常に考えています。
たぶん他人が思っているよりもずっとずっと
僕は常々そういうことを考えながら暮らし、生きています。



メニューの凄く少ないクリニック、というところで
僕は施術を日々行っているわけですが
その中でより良いなにか、を常に考えています。
世の中には
適当な思い付きで
新しい施術を実験のように行っている人もいるのですが
そういう人と一緒にされたら悲しいかな、と。




磨き続ける意味。





いつも書いているように
口だけになってしまってはいけないので
真剣に挑み続けるしかないです。
磨き続けるだけでなく
初心を忘れないこと。
心の中で「埋没法なんてちょちょいのちょい」だとか思っているようでは
いい仕事はできません。
簡単で当たり前のことと思うかもしれないけれども
広く見渡すと実は非常に怪しい話。
僕はそれをしっかりと当たり前に続けていこうと思います。




本当にそうしていこう、と強く思う。







こうやって時々記すことによって
じぶんを改めて戒めていこうというのもあります。





症例写真を期待している皆様
こんな自己陶酔みたいな言葉でごめんなさい!
頑張ります。




松井










プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR