片目の埋没法で整える。

今回は片目の施術です。
むりなく差を埋めるような手術
さっそく見ていきましょう。


まずは手術前から。
手術前
両方の目にラインがあり
二重まぶたです。

ただ、左が少し狭い。
埋没法を用いて左のラインを広げていきます。


手術終了直後です。
直後
少し腫れているのがわかります。
今度のお写真では左の方が広いし
ややラインの感じも違います。

でもこのくらいの腫れであれば
ぐんぐん落ち着いていくので
様子を見ていきましょう。


ただ、お写真ではあんまり腫れてないなー、と思っても
自分自身になるとこのくらいの差はけっこう気になるかもしれません。
でも勇気をもって乗り越えていくことが大事です。



最後は1週間目。
一週間
いい感じですね。
細かな差はあるのでしょうが
かなり埋めることに成功しています。

左右が整い
バランスのよい目
そこを実現できた、ということは
非常に意味のあることだな、と言えます。

うまく整えていく。
変形ではなくて
整形、とは言いえて妙、ですね。

スポンサーサイト

広いラインを実現するために。

今回は広めのラインを実現した例。
広いラインで目を映えさせていきましょう。




まずは手術前からです。
手術前
もともとラインはあります。
より広いラインを求めて来院されました。
広いラインを実現していくべく
埋没法を左右の目に施行していきます。


手術直後です。
直後
コンタクトがなくなり目が小さく見えるのもありますが
実際少し開きが弱まって、黒目が小さく見えています。

手術直後で、やや下垂現象が起きています。
メイクがないことも相まって
目がはっきりせず、眠そうに見えていますが
どんどん目の開きも落ち着いてきますので
様子を見ていきましょう。


ということで1週間目です。
一週間
メイクも加わり
目の開きも戻って
非常にいい感じです。

広いラインなので
やや腫れがわかりやすい例でしたが
短期間でこのように落ち着き
目がきれいに映えています。


広いラインはチャレンジの部分が伴います。
といっても可能、不可能はちゃんと判断したうえで
完全に無理な場合はチャレンジも避けるべきです。
また、眠そうにみえる結果に終わってしまったり
変に不自然になってしまってもいけません。
どんなことが可能か、というのをしっかりチェックしつつ
最善の位置はどこなのか?を吟味していくしかありません。



ただ、チャレンジするラインは広いので
やはり狭いラインを行うときよりは
腫れて感じやすい、と思います。
そこもあわてず、頑張ってクリアしていくしかありません。
実際には大きな腫れではないので
目の開きが落ち着いてくるのを待てば
かなり回復した、と言えるので
そうそう長い時間かかるものでもありません。


「腫れない」を完全に実現できなくても
いつも書いているように「腫れない」を目指した工夫は
腫れの引きのはやさにつながります。
あとはどれだけ更に腫れを減らせるか、という点についても
いろいろと考えていこうと思います。
ただ腫れが少ない、というのでなく
「しっかりとした二重まぶたを実現したうえでどこまで減らせるか」
を実現する、という点が大事です。



広いラインへのチャレンジ
カウンセリングで方向性を探っていきましょう!

”はっきり”な目に。

ドクター松井クリニック 松井です。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は目をはっきりさせる、というテーマを
いいかたちで実現した例。
効果のほどがわかりやすいお写真ではないかなと。



まずは手術前から。
手術前
狭いラインがなんとなくある感じ
更に左はいろいろはっきりしません。

しっかりと確定したラインを生み出して
目をはっきりさせていきましょう。


手術直後です。
直後
直後なのでやや目が開きにくくなっているかな?
といったところ。
それで微妙に広く見えています。

すぐに目が落ち着いてくるので
様子を見ていきます。


最後は1週間目。
一週間
メイクが加わると
広過ぎるような感じは全く無く
更に目が映えていますね。

1枚目と比較すると
かなりはっきりした印象に変化しているのがわかります。
非常にいい感じです。


目がはっきりしないかな?
なんていうのが悩みという場合
こういったラインを生み出すことは非常にいい意味を持つ、と思います。



広すぎても眠そうに見えたり
狭すぎるとあまり映えなかったり。
「幅」はなかなか難しいです。
シミュレートしていろいろと考えていくしかないですね。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR