くせはあるものの薄い。

今回は
薄いクセしかないまぶたに
しっかりとしたラインを生み出した例。


はっきりした目にするためには
きちんとしたラインが必要です。
お写真でその効果を確かめていきましょう。



まずは手術前です。
手術前
右も左も薄い線はあるものの
左右でも違うし
かなり薄いもの。
しっかりとしたラインに生まれ変わらせていきましょう。


埋没法手術直後です。
直後
少しだけ左が多く腫れているかな?というところ。
ただ、大きなものではありません。
術直後にも関わらず、あまり目も重くならず
現時点でもかなりいい感じです。


最後は1週間目。
一週間
薄かったクセもしっかりしたラインとなり
目をかなり映えさせています。
アイメイクも加わり、すごくいい感じですね。
 
アイプチ等でクセづいて
しっかりしたラインになってしまう、という人もいるにはいますが
こんな感じで薄いクセにしかならない、という場合
埋没法できちんとした二重ラインに生まれ変わらせる、というのは
非常に効果的な方法と言えます。
スポンサーサイト

片目をちょっとだけ広げる!

今日の例はちょっとわかりづらいかな?
片目をほんの少しだけ広くした例。


実際のお写真を見ていきましょう。
まずは施術前。
手術前
ほぼラインは左右同じ。
微妙に右が狭い?と感じるかどうか。

なので、ほんのちょっとだけ
ごくわずかに右を広げます。


右目の埋没法直後です。
直後
ちょっとだけ外が広がっています。
この状態だとやや右が広い?と感じるかどうか。
ほとんど腫れが無いですね。


最後は1週間目。
一週間
ほんとに微妙にだけ右が広がりました。
目自体の形が左右全く一緒でない以上
ラインの左右差もかならず出ます。

あとは個人個人のセンスもあります。
どっちがどう、というのは難しいですが
こんな風に少しだけ広げてみました。
あんまり変わってないですが。


ちょっとわかりにくい例でしたね。
でもこんなちょっとの変化もたまには。

目の印象をやわらかく。

一重まぶたの場合
やや目の開きが弱く見えがちです。

下垂を伴っている場合もありますし
二重ラインが出るだけでも目がずいぶん大きく見える場合もあります。


今回は
下垂を修正しつつ
ラインを生み出し
二つの方向から目をはっきりと大きく見せていきましょう。



まずは手術前から。
手術前
一重まぶたです。
やや開きが弱いかな?といった感じで
黒目の隠れている部分が多いです。

強い眼瞼下垂があるわけではないのですが
多少の下垂は考えられるので
目の開きが弱まらないよう
工夫した糸のつけ方で埋没法を行っていきます。


ということで手術終了直後です。
直後
手術が終わってすぐなのですが
ずいぶん目がはっきりしました。
黒目の見え方が変わっていますね。
切らない眼瞼下垂手術を応用して
目の開きをしっかりさせています。



最後は1週間目です。
一週間
直後に比べ、落ち着いた印象の目になりました。
非常に自然ですね。


かなり目の印象は変化しました。
でも非常に自然。
広いラインではないですが
効果的に目が大きく見えています。
開きやすさも同時に生み出されており
本人的にも楽なのではないかな、と思います。


若年者の軽度眼瞼下垂の場合は
こういった切らない糸を使ったタイプの施術で
かなりのケースはまかなえる、というように考えられます。
確かに切開を伴う施術の方が確実性は高い、ということもいえるので
開きの状態や患者様のライフスタイル等含めて検討し
受ける施術を考えていかねばなりません。



今回の施術は目の印象に柔らかさを与えた例。
うまく目的を達成できたのではないかな、と思います。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR