FC2ブログ

ラインはあるが、もっと広くしたい。

今回はラインを広げた例です。
もともとあるラインをより広げ
目を映えさせていきます。



まずは手術前です。
手術前
ラインはあるのですが
ここから埋没法でより広いラインを生み出していきます。


手術直後です。
手術直後
左の内側部の開きが落ちています。
この部分だけが糸の影響を強く受け
下垂の状態になったわけです。

一時的に苦労を掛けますが
どんどん開きが落ち着いて戻ってくるので
あわてずに様子を見ていきましょう。

殴られて腫れた、などの場合とは
このケースはちがうわけです。
でも、ダメージの多い手術の場合は、「下垂で腫れて見える」というのではなく
ほんとにぼこっと腫れたり、極端に目が開けなくなったりもあり得るわけです。
そういうタイプではなく、「腫れない」を目指した手術の場合は、引くのもはやいです。



ということで1週間目です。
一週間
もう開きはすっかり戻っていますね。
やはり、わりとすぐに開きは落ち着いた、とのことです。
最初期は腫れを感じたことと思いますが
勇気をもって頑張ってくれました。
ありがとうございます!


メイクも加わり
ラインが変に主張しすぎず
でもしっかりと目を映えさせて
非常にいい感じですね。



通常は左右だいたい同じくらい糸の影響が出て
目の開きも似ることが多いのですが
今回はやや差が出ました。
腫れが出た、という例ですが
参考にしてもらえれば、と思います。



より下垂が起きにくいよう
そして起きてもはやく引くよう
こちらも更に研究を重ねていこうと思います。

ラインを広げて、目をよりはっきりとしたものに。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください




今回は奥二重の目からの変化。
やや重い印象の目だったので
少し広げづらいかな?と思いましたが
診察の上で、ある程度の広さは可能、と判断し
左右の目を埋没法で広げています。


まずは手術前のお写真から見ていきましょう。
手術前
狭いラインはありますが
印象としては奥二重、といったところです。

もっと全体的に伸びる感じが欲しいということで
ラインを広げるべく埋没法を行いました。


手術直後です。
直後
左右共にラインが生み出されています。
手術直後であり、まだ少しいびつなのですが
すでに目は大きく見えています。

ここから滑らかに落ち着いていくのを
待っていきましょう。


ということで1週間目です。
一週間
不自然な印象も無く
自然に落ち着いてきました。

広いラインではないのですが
うまくラインが主張して
優しく、丸さを帯びた目となったのではないかな、と思います。


今回は直後はやや彫りが深く見え
腫れた印象でしたが
いい感じにすぐに落ち着いてくれました。


腫れを減らすことを追及していくと
腫れが出ても引くのは速い。
その部分についてもこだわっていこうと思います。

広いラインへの挑戦

今回はけっこう広めのラインのお写真です。


昨日に引き続き
広いラインの例なのですが
今日の方が更に広い。

広いラインを考えている方は
参考にしてみてください。


さっそく見ていきましょう。
まずは手術前からです。
手術前
もともとラインはありますね。
でも、もっと広いラインが希望です。

カウンセリングの際に話し合って
けっこう広めのラインを希望だ、という言葉でした。

広めのラインはチャレンジにはなるのですが
この方の場合、行ける、という感触があり
埋没法を両方の目に行いました。


ということで埋没法直後です。
直後
うむー、広いですね。
手術したて、ということで少し目の開きが落ちていて
やや広く見えているのもありますが
計画しているラインが広いので
こういった感じかな、と。
腫れている、というよりはそもそも広いわけです。
こういった際の目の開きはどんどん落ち着いていくので
経過を見ていきましょう。


1週間目のお写真です。
一週間
目の開きが戻った、というのもありますが
あとはメイクですね。
メイクが加わると、広いながらも極端なものには見えません。
強めのメイクを施しても
ラインがそれでも広く残り主張する
そういった広さのラインです。


埋没法でこういった広さが
誰にでも可能、というわけではないでしょうが
この方の場合は、少々チャレンジな部分はあるにせよ
可能、と診断できたので手術に踏み切りました。


最近は広いラインの希望も多く
広いとやっぱり直後は腫れて見えやすいのですが
こんな感じで実現していくと
この方の場合もそうでしたが、非常に喜ばれました。



昨日も書いたのですが
広いラインを出したい場合
狭いラインを出す際の工夫とはまた違った工夫が必要になってきます。
通常の方法では出にくい、もしくは出ない、という場合もあるからです。
今回の例でも
通常とはずいぶん違った位置からの糸のかけ方となっています。
そういった工夫が肝になっているのです。


こういった広いラインにチャレンジしてみたい、という人は
カウンセリングにいらして希望を伝えてください。
総合的に診察して、どこまでいけるか、どこまでやるのか?
そこを共に考えていきましょう。


もちろん、奥二重のような狭いラインを希望する方もいらっしゃいます。
目立たないラインながらも目を映えさせる、という方向を考える人も多いです。
そういった希望の方もお伝えくだされば大丈夫です。

プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR