たるみ解消!

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






今回はたるみがあって
下がった印象になった目を
若返らせるようなパターン。


たるみを本格的に解消する場合は
切開して、たるんだ部分を切り取る、というかたちになりますが
状態によっては糸だけで埋没法の応用を行っていくことも出来ます。




まずは手術前のお写真から見ていきましょう。
手術前
外側中心にたるみがあり、下がって見えてしまっています。
もっと若々しい印象の目にするために
外側中心にラインを広げていきます。


埋没法直後のお写真を見てみましょう。
直後
少し腫れもあってまだラインが微妙に乱れていますが
1枚目、2枚目を比較すると
その効力はすでにずいぶんわかるのではないでしょうか。

ラインを糸でうまく生み出すことによって
このようにたるんだ感じをすごく少なくすることは可能です。
もっともっとたるみが多いケースでは
たるみを切り取るような切開の方法が必要になってきますが
今回は糸だけでそれを行い、いい結果を生んでいるわけです。


たるんできて
だんだん二重のラインが狭くなってきた、なんてケースでも
糸でラインを少しだけ広くしてあげて様子を見る場合もありますし
加齢でたるんだわけでなくても
もともと少し目の上の皮が多い人、というパターンや
アイプチでだんだんと皮膚が伸びてしまったパターンに対しても
同じように糸でラインを調整してみて
自分の希望するラインを生み出したり
若々しい印象を蘇らせたりするわけです。





では1週間目のお写真を見てみましょう。
一週間
ラインがかなりおちついて滑らかになりました。
1枚目と比べると
手術をしたことによってナチュラルに見えていると思います。
でもそれよりもちょっと内出血があるのが目立ちます。
ラインがやや紫!



目を閉じたところを見てみましょう。
一週間 閉眼
うーん、右目は広い範囲ですね。
左目も外側のほうが少し青くなっており
やや影のように見えています。

これらの内出血は、もう1週もあれば落ち着いてきますが
コンシーラーやシャドウ等でうまく隠していくのがよいでしょう。
そうすればより目立たないはずです。
そこはうまく頑張っていく方が有利です。


このように内出血は多く出る人もいないわけではないです。
直後の時点では特に何もなくても
2~3日目くらいをピークにして
あとは薄くなっていきますが、その際少し広がりながら消えていきます。
たいていのパターンではここまでの内出血は出ないですが
今回はせっかくなので目を閉じた際のお写真も掲載しました。
参考にしていただければ、と思います。




話戻って・・
たるみに悩む人は多いです。
ちょっとのたるみでも気になる人もいるし
かなり多いケースの方もいらっしゃいます。
解消するにはどんなことが必要なのか?
その部分はやはり実際にカウンセリング時に診察してみて見極めていくしかありません。
切る・切らないでダウンタイムはずいぶん変わってきます。
でも切ることが必要不可欠なこともあるし
切らない場合はどこまでのことが可能なのか?を探っていく場合もあります。
しっかり見てみて、シミュレートもしつつ、話し合ってみて、ですね。


スポンサーサイト

広めのラインで目をはっきりさせる。 大きな変化の例

今回は大きな変化を埋没法で実現した例です。


埋没法で無理に広くすると
簡単にもとに戻ってしまう場合もありますが
逆に無理なくしっかりと変化が出やすいタイプの人がいるのも事実です。
そこを見極めながら手術を選択していくわけです。


ではさっそくお写真を見ていきましょう。
まずは手術前です。
手術前
左右共にラインはありますが
より広いラインを希望して来院されました。
今回は埋没法でラインを広げていきましょう。


ということで手術を行って直後のお写真です。
直後
やや眠たそうな感じ。
多少の腫れと
それよりは、目が少し重くなっています。
糸がつくと一時的に目が重くなる。



広めのラインなので
そういった状態のときに
眠そうに見えてしまうわけです。

でもこのくらいであれば
すぐに落ち着いてきます。
1,2日でだいぶ変わります。
目の開きが落ち着いてくる、戻ってくるわけです。


ということで最後は1週間目。
一週間
2枚目のお写真との違いは
メイク、まつ毛もありますが
落ち着いた、という部分が大きいです。

腫れが多く出た、ということはなかったわけですが
上記したように、糸がついたことで少し目が開きづらくなっており
そこから落ち着いたので、かなり目が大きく見えている、という感じです。

最初はこんな感じで目が下垂しても
極端なものではないのですぐにおちついてくるわけです。


あと、1枚目のお写真と比較してわかるように
開き、という点で言うと更にきちんと開きが大きくなり
その部分でも目がはっきりした、というのもわかります。
ラインも開きも拡大し、目がずいぶん大きくなったわけです。
ラインが広くなった時にも眠そうに見えにくくするための
切らない眼瞼下垂手術の技術の応用ですね。
糸だけの施術でそういった事を行っているわけです。



大きな変化を求める、という人には
今回のお写真は参考になったのではないでしょうか。
埋没法でもこういったことが可能なケースもあるし
埋没法ではここまではできず切開に踏み切る人もいる。
どこまでが可能なのか。
もしくはどこまでだったらチャレンジしてもよいか。
カウンセリングの際に実際の目でシミュレートして確かめながら
医師、患者共に考えながら決定していくしかありません。

やはり全切開法をした方がよい、だとか
目頭切開を加えたほうがよい、だとかといったように
切る、メスを使う、という行為が必要だ、と診断した際には
そこははっきりと伝えます。

ただ、今回のように糸での施術だけでも大きな変化が可能な場合は
そういったアドバイスをしたうえで
実際どこまでどうするか?を話し合っていくわけです。





自然でありながら主張するライン。

今回は埋没法。
自然でありながら、しっかりと主張するラインを生み出した例です。


まずは手術前から。
手術前
奥二重の目です。
はっきりしたラインはありません。
ここにしっかりとした幅のラインを生み出していきましょう。


埋没法終了直後です。
直後
少しだけラインが広く出ているかな、どうかな?というところ。
直後でもずいぶん自然です。


1週間目です。
一週間
アイメイクも加わり、非常に映えていますね。
メイクをしても幅の見えるライン、というものを希望する人は多いです。

埋没法でどこまでのラインが可能か?は人によって変わってきます。
この方の場合はもっと広いラインも可能かもしれませんが
ナチュラルで非常にいい幅、と言えるのではないでしょうか。
いい感じです。



今回は目を閉じたお写真も見てみましょう。
直後 閉眼
何箇所か刺したあとが見えますね。

少しひろく何箇所にも及ぶように糸をつけています。
(この場合は2本糸を使っています)
人によっても違いますが3~7カ所くらいに糸が通る点のあとがつくかな、というところ
滑らかで仕上がりの良いラインを生み出すために
こういった様にちょんちょんと跡が何箇所にも及ぶような糸のつけ方なのです。
点、というあとを嫌がる人もいると思いますが
あとで美しいラインの方が意味がある、僕は思っています。
あまりこだわりなく、どんなラインでもいいのであれば
こういった点が出ないようなやり方で行ってもいいとは思いますが・・
どこに力点を置くかですね。
僕はこういう風に考えています。
じっさい、少しすると消えるし、化粧で十分隠せますからね。


さらに見ていきましょう。
右目の外側は通った点がどの辺なのかも良くわからない感じですが
少し青くなっているところもあります。
内出血は時間が経つとやや広がってくる場合もあります。
もう少し多く出る方がいるのも事実です。
うまくアイメイクで隠してあげる、ということも大事ですね。



ただ、極端にくぼんだり、ということは全然ないです。
変にくぼんでいると腫れも多くなることは多いです。

最後は1週間目のお写真。
一週間 閉眼

くぼみはこのように目をつぶってしまえば問題ないですが
ゆーっくり目を開く閉じるをしながら
自分で薄目をあけてみてみると
初期には少しくぼんで感じる場合はあります。
実際そういったゆっくり開閉を繰り返して他人にじっくり見せる、というシーンは
通常あまり無い、と思うので
あらさがしをして心配しすぎるというのは良くないかな?と思います。


一生懸命悪く見えるパターンを探すのではなく
いい感じに見えるようメイクをしたり
堂々としていたり、というのが一番ではないでしょうか。


プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR