FC2ブログ

繊細な変化の目頭切開

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





ドクター松井クリニック 松井です。
今回は目頭切開のお写真。


目頭シリーズの前回は
けっこう変化の大きい症例でしたが
今回は微細な変化。
でも、小さくても変化しています。


経過を追ってみていきましょう。
まずは手術前。
手術 前
両方の目に目頭切開を行います。
右目は埋没法も行っています。

手術直後です。
手術 直後
やはり少しむくんでいますね。
ただ、この時点では内出血も腫れも少ない。
「切る」行為を伴うと
内出血・腫れ共に時間が経ってから出てきます。
2~4日くらいがピークなことが多いでしょうか。

抜糸の時のお写真を見てみましょう。
抜糸時
内出血で黄色っぽくなっています。
後は抜糸したところがやや赤いかな、と。
傷の部分は少しすると赤くなってきて、それはしばらくは続くので
メイクでうまく隠していくことが必要になってきます。

でもこの時点でも大きな腫れはないですね。
非常にスムーズな例、と言えます。


最後は1カ月目。
一ケ月
1枚目のお写真とよく比較すると
目頭の変化具合がわかると思います。

わずかでありながら変化がきちんと見られ
なおかつ不自然さはない、と言ってよいと思います。

あと、コンタクトが入るとやはり目は大きく見えますね。
ラインも含め、しっかりとした下地があるから映える、というのはありますが。
メイク等施術も含めそういったトータルで非常にいい効果を生んでいると思います。




PS
クリニックはなんていうんですか?
という声が時々あるので
今回から冒頭に 自己紹介?をつけてみました。

改めて宜しくお願いします。

大きな変化を切開法で。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください




今回は目頭切開+全切開のお写真です。
しっかりとした変化を実現した例、と言ってよいでしょう。



お写真を見ていきましょう。
上は手術前、下は手術後1ケ月です。

手術前

一ケ月

広いラインが生み出されているのがわかりますね。
目頭部分の変化もお分かり頂けると思います。
まだ完全に完成、とは言えない時期ですが
大半は落ち着いている、といったところ。
もう少し馴染んできます。



広めのラインを埋没法でも簡単に生み出すことができる、という人もいますが
かなりその人その人によります。
維持できる、という点まで加わると
なかなか切開法には勝てない場合が多いです。


無理のないラインでの埋没法、というのが基本的にはおすすめではありますが
埋没法でどこまでいけるか?をチャレンジしてみて
その後の状態次第で切開法を考える、という人もいます。
(埋没法を行っている目に切開法を行うことは通常の場合問題なく可能です)


ダウンタイムが取れない人も多いので
埋没法を選ぶ人が圧倒的に多いのは事実ですが
すぐに切開を考える人もいるし
そこは本当に人それぞれです。
考え方次第、なのでカウンセリング時にいろいろ話し合って考えていくしかありません。



右目に揃える。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






今回は片目の施術

左目に埋没法を行い
右に揃えていく、という例です。



まずは手術前から。
手術前
右目もラインがありますが
あまりはっきりしない。
左目と同じような感じに揃えていきましょう。



埋没法を行った直後の目です。
直後
きもち腫れていますね。
極端ではないですが、やはり片方が違うとやや腫れがわかります。
ただ、どんどん落ち着いていくので様子を見ていきましょう。



ということで1週間目です。
一週間
細かいところまでいえば
まだ左の方が少し広いかな?どうかな?というところ。

微妙な部分ではより落ち着き、さらに左右似てきますが
今の段階でも目立つことはないでしょう。


片目の施術はそういった逆に左右差が出る、というのが弱点ではあります。
細かいところまで考えると
3~4週まで自分では気になる、というのはあるかもしれません。
ただ、そこまでの期間明らかに目立つ、という例は多くないでしょう。
メイク等でうまく隠しつつ
勇気をもって目と付き合っていけば、大丈夫だと思います。



プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR