全体的にラインを広げることで目を大きく。

今回は埋没法のお写真です。


全体的に無理なくラインを広げ
目を大きく見せた例です。


まずは手術前から見ていきます。
手術前
もともと二重のラインがある方です。
全体的にほんのりと広げることで目を大きく見せていきましょう。
両方の目に埋没法を行っていきます。


手術直後です。
直後
大きな腫れは無いですね。
ただ、次のお写真と比較するとやはり細かい意味ではいろいろな違いがあります。
内側は少し腫れがあり、やや幅が大きく出ていますし
(手術直後なので少しだけ目の開きが弱くなっているのも内側の幅が広く出ている原因の一つです。)
全体的な腫れにより、ややラインがつぶれている、というか
歪んでいるような、滑らかではないような感じもあります。
細かく言えばそんな感じです。


受けた本人はこういった小さな差でもいろいろ気になるとは思います。
ただ、客観的にみるとそこまでではないケースがほとんどなので
頑張って乗り越えていきましょう。



最後は1週間目です。
一か月
1枚目のお写真と比較すると
ちょっとしたラインの差なのですが
けっこう目がはっきりしているのがわかりますね。


ラインのことでもう少し細かく言うと
右目は全体的に広げています。
左目は、右に比べてもともと目尻側が広かったので
目頭から中央まであたりを中心に広げて
目尻側はひろげずに元のラインを生かしています。

左目の外側部の広さに合わせて
素直に広げたライン、と言えるこのライン。
手術前は、目頭側~中央付近はむしろやや狭い感じだったかもしれません。
そこをなだらかになるように考え、多少アレンジしてデザイン。

そのデザインの通りに生み出されたラインは
無理なく素質を生かしている部分もあり
非常に自然に見えるラインとなっているのです。




>しーさん
申し訳ないです、今後ちゃんと写真を撮って経過載せられるようにしていきますね。
切開は長い手術が終わって、「お疲れ様、頑張ったね!!」なんてやっているうちに
写真を撮り忘れてしまうことも実は多く・・といううっかりものです。

切開法の場合
広いラインを考える方はけっこう腫れます。
不自然に見える時期が長い、というか。
狭いラインだとそこまで目立たないかも・・
というところですが
やはり油断せずに長く時間の取れるときでなくては、それでも苦しい、と思った方が良いです。

埋没法でどんなことができるか、というのを探っていき
その上でどうしても、という場合や
埋没法で戻るのを繰り返す、という場合には
おのずと切開法が適応になってきますが
そこまでが必要なのかどうかを考えていくしかないですね。
スポンサーサイト

目頭をしっかりと変化させる。

今回のお写真は目頭切開。


一度過去に目頭切開の施術を受けたとのことなのですが
思うほどの変化がなかったため
再度手術を希望して当院に来られました。


上が手術前、下が1カ月目です。
手術前


一か月


上のお写真では蒙古ヒダがしっかり見受けられます。
この部分を変えていきたい、ということで目頭切開を行います。
上下のお写真を見比べると
ヒダの部分が解消され、ずいぶん変化しているのがわかります。


ちょっとの変化と言えばそれまでですが
目頭切開に関心のある方にとっては
このしっかりした変化は興味深いものなのではないでしょうか。
内側はかなり目の面積が広がり
目と目の間の距離も変化しています。


ただ、まだ傷がちょっと目立つかな、と。
過去に一度同じ部分を手術している、という経歴もありますし
しばらく時間をみていくことが大事です。



目頭切開でどこまでの変化を求めるか?というのは人によっても変わってきます。
少し前の記事では変化の小さい例を掲載しましたし
今回の記事はしっかりめの変化のものです。
カウンセリング時に、どう変化するのが、何が可能なのか?ということと共に
どこまでの変化を求めるかをよく考えていきます。
実際施術を行う際に
しっかりと再確認し、デザイン及びマーキングを行っていきます。
そういったステップをしっかり踏んだうえで
実際の施術に入っていくのです。

切開による眼瞼下垂手術

今回は切開の症例。


目を大きく開かせるために
眼瞼下垂に行う手術を用いています。


今回の患者様の目が
開きが病的に悪い、なんてことはないのですが
より目を大きく見せたい、という美容目的でも
こういった手法を用いることは可能なわけです。



まずは手術前から見ていきます。
手術前
以前に埋没法を行っているのですが
右目はラインが取れかけている。
左目はもう少ししっかりしていますが、もっと広いラインの方がいい、という希望もあり
切開法を行うこととなりました。



手術から1か月のお写真です。
一か月
化粧をしている、コンタクトをしている、というのもありますが
より目の開きが大きくなっているのもわかりますね。
左右共に目の開きを大きくするため
挙筋腱膜(目を開くための筋肉である挙筋の腱ですね)を操作しています。
より引っ張り上げてくれるような位置に縫って付け直しているようなイメージです。


目が大きく開くようになるとラインがはっきりしやすいです。
逆に目の開きが悪いとラインはぼやけやすい。
その点でも有利ですし
目の開き自体も変わるので
大きくぱっちりしたい!という希望の場合には非常に有効です。



1か月、という期間は完璧に落ち着いている期間とは言えませんが
この方の場合はかなり落ち着いています。
ただ、切開の場合はもっと時間がかかるケースもないわけではない。
その点だけは要注意です。



ダウンタイム、と呼ばれる 
回復までの時間、困る時間は長いですが
得られる効果も大きいのは確かです。
糸だけでの眼瞼下垂手術もあるのですが
開き+ラインでここまでの効果を出すのはちょっと難しいと思います。
切ることのパワー、は明らかです。



あとは受けることを検討するかどうかは
その人その人の置かれた状況次第です。
無理せずに埋没法でできる範囲を考えていく方が有利な場合もあります。
しっかりと考えて決めるしかありませんね。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR