大げさな変化ではない切開法

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください







今回は切開法のお写真。

控えめでごく自然なラインが希望。
経過を追っていきましょう。



まずは手術前。
手術 前


全切開法を両目に行いました。
切開法の場合は抜糸が必要になります。
抜糸時のお写真を見てみましょう。
抜糸時
これは手術から5日目となります。

けっこう腫れていますね。
ただ、設定したラインが広くないので
腫れも極端ではない。

希望のラインが広いと
腫れもわかりやすいかな、というところ。


内出血も出ていますが
これも極端ではない。
もっと出る方も多いです。


同じ日の目を閉じたお写真です。
抜糸時 閉眼
内出血で色がわかります。


もう1週間ほどあれば
こも内出血はほぼ消えてしまいます。


最後は1カ月目。
開いたお写真と・・
一か月

閉じたお写真。
一ケ月 閉眼
まだ傷が赤いのがわかりますね。
まだしばらくかかるかな。


傷の赤み、硬さというのは
手術後しばらくしたら出てきて
しばらくは続きます。
3~6か月くらいか、というところ。


硬さがあると、微妙にラインは広く見えます。
ということで少なくとも3か月くらいは微妙に変わってきます。

埋没法の1週間が切開の1ケ月
埋没法の1ケ月が切開の3ケ月
なんておおざっぱながらもわりと的を得た言葉もあります。
一概にはいえないものの、そういった感じです。


この時点でも大きな問題は無いですが
より滑らかになってきます。
狭めのラインは経過が速い、とも言えます。


切開法の場合は広めのラインを求める方も多く
もう少し経過は遅く感じるかもしれません。
まずは1ケ月は最低限見込むことが大事かと。


なかなか時間はかかりますが
得られるものも大きいと思います。
スポンサーサイト

印象を 「はっきり」へ。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





くせをはっきりさせて、目もはっきりさせる。
このブログでもたびたび出てくるお話です。
今回もそのパターン、非常にわかりやすい例だと思います。
さっそく見ていきましょう。



まずは手術前からです。
手術前
薄いライン(くせ)が何本か見えますね。


だんだん目の上の脂肪というものは減ってくるので
自然にラインが出てくる、という場合はあります。
このケースでも、もっともっと年齢を重ねれば
くせの部分がもっとはっきりしたものになってくるかもしれない・・

といっても「かもしれない」にすぎないので
いつ、どうなるか、明確なことは言えない。
ならないかもしれないし、ずっとずっと先かもしれない。
ということで、糸を使ってくせをしっかりしたラインに生まれ変わらせるのはいい手段です。



埋没法を両目に行って、直後のお写真です。
直後
少し目が開きにくくなっていますが
大きな腫れはありません。


すぐに開きも落ち着いてくるので
まずは様子を見ていきましょう!




最後は1週間目です。
一週間
1枚目のお写真と比較して
かなり目がはっきりした、というのがわかりますね。


いい感じです!

ラインがぼやけていると
目の印象もちょっとはっきりしないものになるので
こういった風にラインをしっかりしたものにする、というのは
非常に大きな意味がありますね。


ただ、あまり目の上の脂肪が少なくなって
くぼみが強すぎると
糸の手術ではコントロールがしにくい場合があります。
状況によるので
そこは診察を通して、考えていくこととなります。。




目頭切開後の経過。

昨日の続き、目頭切開+埋没法の例です。


今回は経過を追ってみてみましょう。


まずは手術前
手術前


手術直後です。
直後
ラインもちょっと腫れていますね。
目頭切開の傷には糸がついています。
ちょっとだけ内出血しています。


抜糸時(手術から5日後)です。
抜糸時
内出血が広がっています。
こんな範囲で出た、というのがわかるように載せてみました。
もうしばらくすれば消えてしまいますが
メイクで隠していくのが良いでしょう。
(内出血は2週くらいでなくなります。)

傷に関しては、抜糸直後なので赤さがあり
もう少しすると目立たなくなりますが
更にもう少したつと、また赤みが出てきます。
赤い時期はけっこう長い、と思っていたほうがよいでしょう。
メイクで隠せば目立たないですが
しばらくは赤い。
忘れたころに治っている、といった感じで
半年、長いと1年くらいかかって赤みが消えたり
確率は低いですが、場合によっては少し赤さが残ることもありえます。




最後は1カ月目。
一ケ月
もうかなり落ち着いています。
ただ、まだ傷は少しわかります。
もう少し時間を見ていって、ですね。
うまくメイクでかくして様子を見ていきましょう。



よーく見た場合には傷は残っている、と言えますが
目立たなければよい、と思います。
なるべく傷が目立ちにくくなるよう
初期はお薬を処方して飲んでもらう、というように対策しています。



あとは気長に待てるかどうか、です。
すぐにパッと治る、というように思っているなら違います。
魔法ではないのでその辺りが大変なところ。
うまく隠すこと、我慢すること含め
頑張っていくことが大事です。

プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR