FC2ブログ

目頭切開+埋没法。

今回は手術前及び1ケ月目のお写真を比較してみます。



上が手術前、下が1カ月目です。
手術前

一ケ月



もともと二重のラインがあります。
ただ、広くはない。
これを埋没法で広げていくことと
目の拡大及び平行ラインの確立のために
同時に目頭切開も行う。
こういったコンセプトの症例です。



上のお写真
下のお写真
どちらの目がいい、悪いというのは無いと思います。
個々人がどちらがよいと思うか?です。



目頭切開を行うとどんな目になるのか?
この点に関しては
カウンセリング時のシミュレートを通して
考えていくしかありません。
それぞれの目でも違うので
そういったかたちで見ていくしかないです。


その上で
手術をする方がよいか、しないほうがよいか
そこをしっかりと決定することが必要です。




PS
拍手コメントへの返事です。

>のん1213さん
埋没法を受けた人の中には
やはり糸の結び目が目立つケースがあります。

僕の場合は結び目が小さくなる結び方を中心に行ったり
結び目が目立ちにくくなるような工夫をいろいろとしています。

ただ、全員が全員目立たない、とはいかないケースもありえます。
糸は異物なので、糸が体の中に入ると周りに繊維のようなものがができるためです。
糸が浅くなっていなくても目立つケースがあるのはそのためです。


目立つケースは多くはないので
どうしても、という場合には
糸を取り、再度付け直してみる、という手もあるとは思います。

はっきり目を大きく。

目を大きくはっきりさせたい。
当然ながら一番多い希望はこれ、となります。


どうやってかなえていくのか?
様々な方法はありますが
やはり簡便なのは埋没法、ということになります。
糸を使ってどこまでできるのか。
お写真を見て考えていきましょう。



まずは手術前から。
手術前
一重まぶたの目です。
やや下垂があるかな?というところ。
埋没法を両目に行い、ラインを生み出していきましょう。


ラインが生み出されると
開きは大きくなりますが
糸をつけることで、下垂が多くなるとかえって目が小さくなりかねない。
少し工夫した糸のつけ方で
下垂が出にくい、残りにくいように行っていきます。



手術直後のお写真です。
直後
泣いた後、という感じでしょうか。
腫れでややラインが乱れています。

ラインが出たことで
目の開きは大きくなってはいるのですが
手術による

目の開きが落ち着いて来れば、ラインも落ち着いてきます。
どんどん落ち着いてくるので様子を見ていきましょう。



ということで1週間目です。
一週間
状態が落ち着いた上に
メイクも加わると、非常にいいですね。


ラインが生み出され
同時に目の開きも変わり
はっきりした印象になりました。


まだ完ぺきには落ち着いていないかもしれませんが
(実際、通常は1か月くらいかけてより滑らかになっていきます。)
問題はほとんどないところまで来ているのではないかな、と思います。



目を大きくしたい。
その希望にアプローチできた、と言ってよいのではないでしょうか。

末広ラインを広げる。

今回は末広型のラインを広げた例です。
ラインのちょっとした差は
実は大きく目の印象を変えていく、という例です。


まずは手術前から。
手術前
少しラインはありますが広いものではないです。
このラインを埋没法で広げていきましょう。


手術直後です。
直後
ラインが出て、目の印象が変わっているのがすでにわかりますね。
やや手術直後の下垂が起きています。
このせいで、ちょっとだけ眠たそうにみえるわけです。
すぐに変化して開きが戻ってくるので、様子をみていきます。


最後は1週間目。
一週間
2枚目と比較し、メイクやコンタクトで差がでているのは当たり前ですが
よく見るとやはり開きが良くなっているのがポイント。
そこで更に目がはっきりしました。


ちょっとの差なのですが
直後は本人は気になると思います。
でも「腫れない」を目指していくと
腫れが引くのも速いです。
まずは頑張って乗り越えて、ですね。


下垂が起きると
厳密に言うと ”腫れている”のではなく
”腫れて見える”だとか”腫れぼったく見える”、”眠そうに見える”
という感じです。


「腫れる手術」の場合は
共通に起きることとして、強い下垂。
極端なものはやっぱり引きにくいです。
この場合はけっこう時間を見なくてはいけません。
そういったものを軽減させていく試みが
「腫れない」への道なのです。


プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR