微細な変化を埋没法で実現する。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






今回は奥二重を少しだけ広げた症例。
埋没法で繊細なラインを実現する。


細やかな変化をつけた例です。
まずは手術前のお写真。
手術前
細めのラインがありますね。
奥二重です。
埋没法で広げて、少し顔を出すようなラインを生み出していきましょう。


埋没法がおわってすぐ、のお写真です。
直後
大きな腫れがないのはわかりますが
完成形から比較するとやや腫れています。
3枚目のお写真と比較するとわかりますが
微妙に目が下垂して、広く見えている、というところです。

この下垂は手術直後の一時的なものなので
すぐに落ち着いてきます。



ということで3枚目は1週間後のお写真。
一週間
1枚目のお写真と比較して
ラインが広がっているのがわかります。

大きな変化ではないにせよ
目を映えさせているわけです。


2枚目と比較してみてみると
目の開きが落ち着き
腫れが引いた、という感じについてもわかりますね。



非常に細かな変化ではありますが
確かな変化。


当ブログでよく掲載されている
微細で美しい変化、の一例でした。




スポンサーサイト

目頭切開での微妙な変化例。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






目頭切開の効果として
ヒダを取る、目を近づけるといったものがある
といった話はこのブログでも繰り返している通り。


今回のお写真は
その変化を実現していますが
わりと微細な変化。
少しの変化、と見る人もいるかもしれませんが
よく見るとそれは大きな変化です。


さっそくお写真をみていきます。
手術前のお写真(上)
1か月後のお写真(下)
目頭に注目して見比べて見てください。

手術前

一か月


微妙な変化がわかりますか?
蒙古ヒダがなくなり(もともとヒダはちょっとですが)
目の間も少しだけ近く。
細かながら確かな効果を実現しているわけです。




目頭切開でどのくらいまで変化が可能か?というと
自然で無理のない範囲で言うと
「蒙古ヒダの張りによってどのくらい目が隠れているか」
という部分で決まってきます。
それは人それぞれで変わってくるわけです。
どんな風に変化するか?
どれくらい変わるか?
その部分をカウンセリング時に確かめ
その変化が有用なものなのかどうか?を検討したうえで
施術を決定していくことが大事になってきます。

揃える埋没

今回の記事は・・
これも当ブログでは定番
”片目の施術”です。


左右でラインに差がある場合
揃えていくことはバランス面で非常に有効。



左右差の見られる目には
片側のみに極端に眼瞼下垂がある、だとか
怪我があってその傷で、といったように
特殊ケースもありますが
そういった場合を除いて、埋没法で十分可能なことが多いです。




ではまず手術前のお写真から。
手術前
左はラインがあり、右は無い。
無い、といっても奥二重はあります。

その上で目の開きはほぼいっしょなので
右だけ眼瞼下垂がある、というパターンではないことがわかります。
(完全な一重だと目の開きが少し小さく見えて紛らわしいこともありますが)




右目に埋没法を行った、手術直後のお写真です。
直後
ラインが右>左ですね
やや腫れが出ています。
片方だけ行うと、腫れはやや感じやすいかな、というところ。
大きい腫れではないのでどんどん落ち着いていきます。


最後は1週間目。
一週間
かなりそろいましたね。
片目の施術の場合
もう一歩、という場合でも微妙に広く見えて
なんとなく広い違和感、というのが2週くらい続く人もいます。
他人目線だとそこまででもないですが
本人は気になる、というパターン。

ただ、落ち着いていくものなので
自信をもって頑張っていくのが大事ですね。


今回のケースでも
細かく言えば、この1週間の時点では
まだ右のライン>左のライン、と言えないことも無いですが
様子を見て十分問題ないレベルだと思います。



プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR