FC2ブログ

末広ラインで変化を。

前回は切開のお写真を見ていきました。
変化の大きい例、と言えるかと思います。
今回はラインの変化としては小さいものかもしれませんが
うまく目を映えさせる
控えめな末広ラインの例です。




まずは手術前のお写真からです。
手術前
一重まぶたです。
埋没法を両目に行い
ラインを生み出していきましょう!



手術直後です。
直後
次の写真と比べてもらうとわかりますが
やや右は腫れているかな。細かい話ではありますが。
左も腫れていますが、右の方が全体的かなと。


ただ、大きい腫れではありません。
すぐに馴染んできますので
様子を見ていただいて大丈夫。



では1週間目を見てみましょう。
一週間
落ち着いてこんな感じ。
すっきりしたいい感じのラインです。


広くないものの
目を映えさせるライン。
派手さはなくともしっかりした意味を持つ変化です。





PS
拍手コメントへの返事です。


> えみな さん

目頭切開の場合
少ししか変化しないように、とすると
かなり変化にとぼしくなってしまうかもしれません。
そのあたりはシミュレートしながらきっちり確かめていくのがよいでしょう。



> ゆい さん
未成年でもモニター手術を受けることは可能です。
ご検討ください。

昨日の続き。 眼瞼下垂手術+目頭切開 経過写真

昨日の続き。
経過を追った写真を増やしてみました。



順に見ていってみましょう。



手術前
手術直前


手術直後
直後


抜糸時(5日後)
抜糸時


1カ月目
一か月




やはり手術してすぐ、は腫れていますね。
ピークは2~4日目くらいに来る感じです。
抜糸の際は直後よりやや腫れは引いていますね。
ただ、内出血は広がっている。
後はやや広がりますが、薄くなっていきます。
内出血は2週くらいまででしょうか。
腫れの方はゆっくり引いていくので我慢が必要。




あと、術後はしっかりと冷やすことを指導しています。
埋没法の場合は腫れのメインは糸がつくことによっての下垂なので
これは冷やしてもあまり変わらない。
腫れの少ない手術を心がけた埋没法の場合
ダメージの少ない手術なので
冷やしてもそこまで劇的な変化ではないです。
ただ、切開法はやはりダメージが多い。
埋没法と比較するとそこは大きく違います。
特に初期は冷やして腫れを引かせることに専念して頑張るのがよいでしょう。


ライン・目の開き・横幅を広くする

今回は切開法の症例です。


ラインを生み出す全切開法
目の開きを大きくし、瞳をはっきり見せる眼瞼下垂に対する手術
蒙古ヒダをなくし目の横幅を広くする目頭切開


これらを組み合わせた手術を行った例。



切ることによって
腫れは大きくなりますが
落ち着くとやはり効果は大きい。


今回はその効果のほどを見るため
手術前のお写真
手術から1カ月目のお写真
その2枚を比べてみましょう。



手術前
手術直前

1か月後
一か月


もちろんメイクが加わることによってはっきりしている部分もありますが
それぞれの手術の効果がみてとれるのもわかります。



目頭側の白目の部分が横方向に拡大していることと
黒目が上の方まで出ていること
(コンタクトで目が大きくなっていても、そのコンタクトの上の方まで見えていますね。)
そしてラインももちろん生み出されています。



それぞれの効果が組み合わさり
目の印象は結構変化しました。
ぱっちりとした目、非常にいいですね。
次回以降で経過を追う写真を見ていきましょう。







プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR