半年経ちました、というお写真。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください







今回のお写真は半年後の経過を追ったもの。
ご厚意でお写真の撮影に来院してくださいました。
ありがとうございます!


以前にも掲載したお写真ですが
右目のみの施術です。


まずは手術前。
手術前
右がやや狭いので広げていきましょう。



埋没法手術、終了直後のお写真です。
直後
ごくわずかの腫れのみで
すでにわりと自然です。

片方だけの施術だと
もう少し腫れが多く目立つことが多いのですが
非常に腫れが少ないですね。


次は1週間目。
一週間
やや右が濃いめにラインが出ていたのが
落ち着きましたね。


最後は半年以上経過したもの(7か月半くらい)です。
七か月
左右差は無い目、といってよいのではないでしょうか。



なかなか長期的な経過は追えないので
非常に貴重なお写真です。
ありがとうございます!
スポンサーサイト

美しく伸びる平行ライン

今回は
広いラインが出やすいタイプの患者様のお写真。


目の上の脂肪の量などが関わって
ラインを広くしやすい人
狭いラインが合う人
というように分かれてきます。


診察ではそういった部分を観察しつつ
どんなラインが可能かを共にみていくわけです。






では今回のお写真です。
まずは手術前です。
手術前
すでにけっこうクセのラインがあります。
ラインの上が少しくぼむ感じで
目の上の脂肪が少ないタイプです。

こういった方の場合は、広いラインの方が合う。
狭いラインを希望されても、きちんと出ず
広いクセが残ってしまう、という風になります。


今回もある程度広いラインで施術します。
クセの部分を参考にしつつデザインし
左右両目に埋没法を行いました。



埋没法終了直後です。
手術直後
うむむ、左目の内側が腫れましたね。
実際の腫れは多くないのですが
少し目の開きが弱くなることにより
ラインが下がって広く見え、腫れて見えているわけです。

ほんのちょっとの下垂なのですが
そのちょっとの差がこういうかたちで見えています。
ただ、大きなものではなく
すぐに落ち着いてきます。

右側はそういった腫れはほとんどないですね。


ということで1週間目のお写真を見てみましょう。
一週間目
すっかり落ち着いています。

アイラインを入れると
更に目が大きく見え、非常に映えています。

綺麗に伸びる平行型。
でも決して広すぎるものではない。
いい感じです。




いよいよ美容外科的な年末が来た、といった感じになってきました。
今年も残りわずかですが
変わらず頑張っていこうと思います。





PS
拍手コメントへの返事です。


>しーさん
ブログおつきあい ありがとうございます!!
来年もよろしくお願いいたしします。

微細な変化を埋没法で生み出す。

今回のお写真は
微細な変化。



ラインを広げたケースですが
その変化幅は大きくない。
でも確実で意味のある変化です。



実際、こういった変化を望まれて来院される方は非常に多い。
派手ではないけれど確かな変化なのです。




お写真を見ていきましょう。
まずは手術前です。
手術前
ごく細い奥二重はあるのかな?
一重まぶたかな?というところ
ここから左右の目ともにラインを広げていきます。


埋没法直後のお写真です。
直後
ほんのすこしだけ腫れてますね。
あと目がやや充血してうるんでいるので
泣いた後のような感じ、でしょうか。
いずれにせよ、大きなダメージは無い手術なので
どんどんひいてきます。


ということで最後は1週間目です。
一週間
2枚目のお写真と比較すると
腫れが落ち着いたのがわかりますね。
でも、腫れが少なかった、ということもおわかりいただけたと思います。


前々からこのブログでも書いていますが
「手術を受けると、目がものすごく変わってしまうのではないか??
ちょっとのラインでいいのだけれど・・・」
こういった考えを持って
なかなか手術に踏み切れない
もしくはカウンセリングにも行けない
なんて人もけっこういると思うのです。


そこは勇気を出して来ていただいてよいと思います。
話し合ったうえで
手術を受ける受けないを考えてもらえばいいです。


細かな変化を実現している人たちが
実はたくさんいるのです。



プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR