FC2ブログ

一重からアイラインがしっかり引けるラインへ。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください



今回は一重→二重の変化のパターン。
タイトルに書いたような
アイラインをきちんと引けるようなライン、とでも言いましょうか。
さっそく見てみましょう。




まずは手術前です。
手術前
左の方が少し強くクセがついていますが薄いです。
右ははっきりしません。

クセを生かしつつ
少々ラインに修正を加えてデザイン。
左右両方の目に埋没法を施行しました。



手術直後です。
直後
やや内側が腫れて感じます。
手術直後の下垂でちょっとだけ開きにくくなっていますが
そこはすぐ落ち着いてきます。

少し広めに感じるのは
腫れ、というより
ノーメイクなため、という部分がメインの理由だと思います。


1週間目のお写真を見てみましょう。
一週間
メイクをするとラインも派手すぎない印象になりますね。
そしてその分目が大きく見えます。
非常にいい感じです。



ラインの希望、の話のとき
「アイラインがひけるようなライン」と言われることは多いです。
目を開いた時に、アイラインを引いた上でも
ラインがちゃんと見えるような広さのライン
といった内容です。
今回はそういったラインですね。



広いライン、狭いラインいろいろ希望は分かれますが
人気のある変化であることは間違いないです。


末広→平行の変化の一例

今回はある程度の広さをもったライン

末広→平行の変化の例です。


目によっては、目というか蒙古ヒダの張り具合・強さなどによっては
どうしても末広型ラインしかできない場合もあります。
今回の例は蒙古ヒダの張りが強いので
内側はやや強引にラインを上げるような感じで施術しています。
ただ、キープされていくだろう、という感じが
シミュレート時に見られたので
このラインでの施術を行っています。


まずは手術前から見てみましょう。
手術前
やや狭い末広型ライン。
蒙古ヒダもわりとしっかりしています。
ここからラインを広げていきます。



埋没法を両目に行って直後のお写真です。
直後
やや内側がいびつかな、というところ。(特に左)
大きな腫れは無いのですが
ちょっとまずは様子をみていきます。



1週間目のお写真も見てみましょう。
一週間
すっかり落ち着きました。

少し下のライン(末広ライン)に逆らって
平行型ラインを出している部分があるので
この点は経過を追って状態を見ていくこととなります。


あまり戻りやすい、戻るというか内側が狭くなってきたり
末広ラインになってしまう場合は
場合によっては付け直し(再手術)を行ったり
戻るのが早い場合は、目頭切開を考えたり、という感じです。
ただ、埋没法を行っても、あまりにも簡単に戻りそうな場合は
そのラインでの施術を断っています。




蒙古ヒダがある程度ある例でも
埋没法で平行型が可能な人もいるし
逆にほぼ無理、という人もいるので
その点については
カウンセリング時にしかり確かめてから、ですね。

奥二重を生み出す。

このブログ、気づけば600回を超えてました。
けっこう書き続けてきたものです。
単一のテーマでここまで続けてきたのは
なかなかのものではないかな?と自分では思っています。
これからも頑張っていけるところまでいこうと思うので
宜しくお願いします。






初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください








今回のラインは奥二重。
一重→奥二重の変化を生み出す手術です。


広くない、むしろ狭いラインシリーズ。
派手さはない記事ですが
実はけっこう人気があります。


「こんな感じにしたい」という風に
このブログから保存したお写真を画面メモしてくる人は多いですが
狭いラインの写真を持ってくる人の割合も高いのです。



まずは手術前です。
手術前
細めの目です。
一重まぶたの目にラインを生み出していきます。


目の上の脂肪も多く、少し重い感じなので
広いラインとなると切開法が必須になるかなと思いますが
可能な範囲で埋没法を行うべく
シミュレートを通してデザインし、両目に埋没法を行いました。



手術直後です。
直後
奥二重気味のライン。

一重→奥二重の変化が起こると
少し目の開きが大きく見えますが
今回は、手術直後の下垂(眼の開きづらさ)と 
プラスマイナス・ゼロといったところでしょうか。


この開きづらさはすぐ治ってきます。
まずは様子を見ていきましょう。




1週間目です。
一週間
1枚目のお写真に比べ
目の丸さが出ているのがわかります。

派手な変化ではなく
少しの差、と思う人もいるかもしれないですが
こういった微細な変化を望む方は
この違いを大きなものと感じることでしょう。
そういったひとは少なくないのです。



手術をすると
がばっと変化してしまうかも!?
と考え怖くなって、尻ごみしている人もいるかもしれません。
まずはカウンセリングを聞いてみて
その時にシミュレートを行い
自分の目でその変化を確かめてみるのがよいです。


その変化がやはり恐れていたようにがっつり変化するものであれば
手術を受けることをやめておけばよいし
自分の望むラインになる、と判断したときには
手術に踏み切ればよいと思います。


まずは確かめてから、です。
いきなり、ではないから
怖がりすぎずに確かめに来てくれればよいのです。



PS
拍手コメントへの返事です。


>yuiさん
埋没法+目頭切開ですが

埋没法を行った後に目頭切開を行っても問題は無いですよ。
(埋没法を行ってから1か月未満は避けたほうがよいです。

ご検討ください。




プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR