FC2ブログ

目頭切開で目の間の距離を近づける


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






目頭切開の効果として
蒙古ヒダで突っ張った皮膚によって隠れている部分が出てくる、といつも書いていますが
今回もそこに焦点をあてながらお写真を見ていきましょう。


突っ張って隠された部分が出てくると
左右の目の間の距離が寄ってきます。
近くなる、ということですね。
そこを実際のお写真で注目してみます。



1枚目が手術前、2枚目が手術から1か月後です。

手術前

一か月




2枚の写真を比べて見てみましょう。
目頭切開を施した目頭の部分
形は大きく変わってはいないですが
涙丘(るいきゅう)と言われる、目の内側の赤い部分のあたりが
1枚目に比べ、2枚目の方が見える部分が多くなっています。

そういった変化により目が横方向に少し大きくなり
目と目の間の距離が近くなる、という効果となるわけです。


この患者様の場合は
蒙古ヒダの引っ張りを解除することでの
ラインの変化(たとえば末広→平行といった変化)はあまり見られないですが
上記のような変化は非常に意味があるわけです。
細かな差かもしれませんが
目と目の間が広いかな、と思っている人には有効な手術となります。



以前も書きましたが
逆に目の近い人には不向きとなる場合もありますね。
手術結果として、目と目の間が近過ぎてしまう可能性があるからです。



目頭切開の手術の方法によっては
最初極端に目が引っ張られて変な風になってしまう、というパターンもありますが
単純切開で無理に引っ張っている場合は、結構戻ります。
時間は必要となりますが、変に引っ張られた目はかなりのところまで戻るのです。
Z法やW法と言われる方法では、よほどのことが無い限り
無茶に引っ張られた形にならないし
戻りもあまり見られません。
(腫れているときは、ちょっと引っ張られた形となり、そこからは落ち着くので多少戻った感じはあるかもしれません。)


もともとの目の形によって
目頭切開を普通に行ったときのかたちは
大部分が決定してくるので
そこはカウンセリング時にしっかりシミュレートで見てみることが大事ですね。


はっきりしないラインの目から美しい平行型ラインへ。



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






今回は片方一重、片方二重の状態から
両目を広げていく
そういった手術の例です。



まずは手術前です。
手術前
左はしっかりした二重です。
右は薄いクセだけ、というところ。
その差が原因でしょうが、やや右眉を上げるくせがあるようです。
(これは両方にラインが出てくれば、徐々におちついていくでしょう。)



左も広げ、左右を合わせていくプランをたて
両目に埋没法を施行しました。



手術直後のお写真です。
直後
大きな腫れは見られません。
ある程度しっかり広げているのに
この腫れは少ないですね。



最後は1週間目。
一週間
微妙にラインの広さに差がありますが
これは眉毛を片方だけ挙げるクセが残っているのが原因ですね。
徐々にこの状態になれていくと、変化してくるでしょう。

眼瞼下垂が強くて
眉毛を上げないと目が開けない人の場合
程度が強いと埋没法では難しいこともあります。
その場合は下垂を直す手術を行うことが必要になります。

この患者様の場合はその点は問題ないので
綺麗なラインが出ているわけですね。
非常にいい感じです。





>かりんさん
男性で手術を希望される方もいらっしゃいます。
まずはしっかりとカウンセリング時に診察し
ラインを確かめることが必要ですね。

埋没法の経過のわかりやすい例



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今回のお写真も
このブログでよく出てくる
「クセを生かす」タイプのものです。



経過が典型的かつそれがわかりやすいので
埋没法の経過の特徴をつかみやすい例なのではないかな?と思います。



さっそく見てみましょう。
まずは手術前のお写真です。
手術前
ぼんやりクセがありますね。

つけまつげやメイクをするとこういったラインがはっきりする、だとか
メザイクやアイプチをとってもしばらくラインが持つ
なんていう場合は、埋没法が非常に有効なケース。


クセを生かして
ラインをしっかりとしたものに生まれ変わらせていきましょう。


手術直後です。
直後
ちょっと腫れて見えますね。
ブログでよく書く
手術直後に見られる下垂、というもの。
麻酔剤の影響だったり、糸の力の影響だったりで
こういったことが起きます。

今回の例ではわかりやすく出ているかな、というところ。
下垂が起きるとラインが広く見えてしまうので
腫れて感じやすい、ということです。

ただ、極端な下垂でなければ
すぐに落ち着いてきます。
けっこうこの部分が人によって違いますね。



最後、1週間目のお写真で見てみましょう。
一週間
目の開きがしっかりしましたね。

2枚目と比べると、その下垂の治っての違いがわかるし
1枚目と比べると、ラインがしっかりすることによっての目の開きの増加もわかります。


手術を行っている以上
ある一定の腫れは仕方がない、という部分はどうしてもあります。
その線引きをどこまで縮小できるか
そこにフォーカスして
様々な工夫をしているわけです。
限界はある、とは思います。
でもどこまでもその限界に近づけたら、と思っています。




PS
1個前の記事がアップされていないのに気付いて
今アップしました・・
うーむ悔しい!

プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR