化粧をしてもラインがつぶれない平行ライン

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください







今回のお写真は
しっかりとした幅をもつ平行型の例です。



二重ラインの幅の広さは
目の大きさとの比率によっては
眠そうに見えてしまう場合もありますが
バランスを考えながらデザインしていくと
目を大きく見せることが可能なわけです。



まずは手術前のお写真から見ていきましょう。
手術前
奥二重に近い末広型のラインがありますね。
ここから埋没法でラインを広げていきます。



手術直後です。
手術直後
広いラインが生み出されていますね。
少しだけ目の開きが弱くなっているとは思いますが
大きな腫れはないです。


むしろ目が赤いほうが目立つかな。
一部にこういったように目が充血する方がいらっしゃいますが
これは短時間で治ります。




最後は1週間目です。
一週間
アイメイクでラインは少し狭く見えますが
それでもまだ幅がありますね。
そして目も大きく見えています。
ディファインも相まって、かなり映えています。


目がぱっちりして
眠そうな感じにならず
いい感じの結果につながった、と言えますね。


目の開きが良い人は
このようにラインを生み出すだけでも十分目を大きく見せることができます。
ただ、眼瞼下垂のように目の開きが悪い人の場合は
あまり広いラインではかえって浮いてしまうこともあるので
狭いラインで設定するか
眼瞼下垂に対する手術を行い、そのうえで広めのラインを考える
といったような戦略を取る必要があります。

どこまでを求めるか。
その点でもいろいろと変わってきます。
要望を明らかにして
カウンセリング時に何が必要かを
話し合っていきましょう。

スポンサーサイト

よりはっきりしたラインを!

もう8月も残りわずかです。
でもまだまだ暑い日々。
負けずに頑張っていきますね。



ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください




今回のお写真は
ラインを広げることで
はっきりとした平行型の目を生み出した例です。



こうやって広くしていくことによって
よりぱっちりした印象の目を獲得することを希望している人は多いと思います。
さっそく見ていきましょう。





まずは手術前から見ていきましょう。
手術前
ラインはありますが
より広く、はっきりした平行ラインが希望です。
左右両目を埋没法で広くしていきます。



手術終了直後です。
直後
すっぴんではありますが
すでに結構自然ですね。

腫れも少なく非常に良い感じ。



1週間目のお写真を見てみましょう。
一週間
下2枚を比較すると、腫れの少なさがわかりますね。
しっかりとした幅のラインがあるので
メイクをしてもきちんとラインが見え、かつ目がさらに大きく見えています。



こういったラインを
広すぎる、と思う人もいるかもしれないし
全然狭い!と思う人もいるかもしれません。
あとは個人個人の感覚によります。



どういったラインを獲得するか。
しっかりと考えて
施術に臨むことは大事ですね。

蒙古ヒダをなくす!

今回は目頭切開のお写真。


目頭切開は
蒙古ヒダをなくすことによって
目の隠されていた部分をきちんと出し
目を大きくする手術です。


人によってはヒダをなくすことにより
平行型のラインが出やすいタイプの目になります。
逆に言えば目頭切開をしなくては末広型にしかならない、というタイプです。


今回のお写真の方は
もともと平行型のラインはありますが
ヒダ自体が気になる、ということで
目頭切開で蒙古ヒダをなくし
目の形を整えた、というパターン。


大きな変化ではないのですが
2枚のお写真を比較して
目頭切開の効能を見てみましょう。
目頭の部分に注目してチェックしてみてください。



手術前
手術前

抜糸時(5日目)
抜糸時


よく見ると
明らかに目頭の部分が変化しています。
蒙古ヒダがなくなっているわけです。



けっこう細かな変化。
でも変化しているのも確かですね。
手術前、手術後どちらの目が好きか!?は
議論が分かれるところかもしれませんね。


ただ、平行型のしっかりしたラインの目、と考えた場合
蒙古ヒダはつっぱりが少ない、もしくは無い
といった状態の方がより自然な印象を与える可能性は高いです。


手術をすることによって
不自然だとか人工的になる、というのとは逆
かえって自然かつはっきりした目になる
とも言えるのです。



逆に末広型のラインの場合は
目頭切開せずに蒙古ヒダがある目の方が自然な場合が多いです。
状況次第ですね。

プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR