FC2ブログ

ラインを広げることで目を大きく見せる。



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください









今回のお写真は
狭いラインを広げ
広めの平行型ラインを生み出した例です。


広げることによって
より化粧映えする目に変化する感じ。
さっそく見てみましょう。



まずは手術前です。
手術前
末広型のラインが見られます。
より広いラインを希望し、埋没法を左右両目に施行しました。



埋没法手術直後です。
直後
ちょっと目が下がりました。
糸をつけたことと、麻酔による下垂が起きているわけです。
目が慣れてくることと、麻酔が切れてくることで
どんどん落ち着いてきます。
すっぴんなこともあり、最初は腫れて感じますね。
でも極端なものではないので様子を見て十分OKです。



最後は1週間目
一週間
落ち着きましたね。
メイクも加わると、幅は広過ぎては見えず、そのうえで目を大きく見せています。

平行型のしっかりしたライン。
まつ毛の変化もあるとはいえ
やはり目がパッチリした印象となっています。


細かく言えば
三重のラインはありますが
目立ちはしません。
この点については
本人が気になるか、気にならないか
というところにつきます。
気になる、という人は
ラインをあまり広げすぎないほうがよい、といったところです。

さりげないラインで自然な変化を生み出す。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今回は狭めのライン。

非常に細かいさりげない変化の例です。



お写真を見ていきましょう。
まずは手術前です。
手術前
左はほぼラインが確定している感じ。
右はちょっとはっきりせず
そのせいもあってか、やや上方にあいまいな線があります。

左右共にしっかりとしたラインとなるよう
埋没法を施行しました。


手術直後です。
直後
左はそのままの線で行っています。
ちょっとだけ腫れましたが
ほとんど問題のないくらいではないでしょうか。

右に関してもそのぐらいの腫れ。
左右がそろって
すでによい感じです。



最後は1週間目です。
一週間
奥二重に近い末広ラインが生み出されています。
こう見るとごく普通。
不自然なところが全くなく
非常にさりげなく、でも確実に変化しています。


広いラインを求める方には
刺激のない変化かもしれませんが
こういった風に
ラインを整えていく、という施術は
根強い人気があるのも確かです。



大げさなものではなく
さりげない変化。


そんな自然な変化
かつ効果的な変化が
きちんと生み出せた場合は
非常に満足感が強いものです。


自然な二重まぶたを生み出すことで目を輝かせる


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください







今回のお写真は
自然で美しい二重ラインを生み出した例。


素直に埋没法を行い
素直に自然で美しいラインを生み出すことにより
目が非常に映える


これは本当に素晴らしいことだと思います。





手術前のお写真から見ていきましょう。
手術前
うすーいクセが見受けられますが
一重の印象ですね。
ここに二重のラインを生み出していきましょう。


左右両方の目に対し埋没法を施術しました。
手術直後のお写真を見てみましょう。
直後
二重のラインの効果で
目が大きくはっきりして見えますね。

直後なのでまだ腫れもあり
細かく言うとラインの流れ方がすこしいびつではありますが
すでにけっこう自然な印象。



最後は1週間目のお写真です。
一週間
より滑らかになっています。

1枚目、3枚目のお写真を比較すると
二重ラインが生み出されることの効能は
非常によくお分かりいただけるのではないか、と思います。


一重の目が良い、という人もいれば
二重の目のほうがよいという人もいる。
その人その人の感覚です。


カウンセリング時に
シミュレートして
実際の自分の目で確かめることのできるライン
それが自分の好みかどうか。
”いい!”と思えるものが出てきているかどうか。
そこをしっかりとチェックして
手術を受けるべきか否かを考えていきましょう。





PS
拍手コメントへの返事です。

>ほしさん
日によってはすんなり予約できると思いますが
混み合っているときもあります。

まずはカウンセリングを受けていただき
手術可能かどうか
良いラインができるかどうか
をチェックし
そのうえで、手術予約をする、というかたちですので
はやめにカウンセリングを受け
予定に合わせて
はやめの手術予約を取るのがよいでしょう!


プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR