FC2ブログ

しっかりと映えるライン!


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






一重まぶたなのでラインが欲しい、という人は多いです。
でも二重のラインはあるけれどもっと広く、だとか
末広→平行というように幅を変化させる希望の方もたくさんいらっしゃいます。


今回はそういった例。
ラインをひろげ、更に目を映えさせていきましょう。



まずは手術前のお写真からです。
手術前
きれいな末広ラインでいい目ですね。
でも、よしっかりと目頭側にもラインが欲しい、という希望。
平行型のラインを目指してデザインを施し
左右両方の目に埋没法を行いました。


埋没法直後です。
直後
微妙な腫れはあるものの
手術したばかりでもこのくらいの腫れです。
メイクをするともうほとんど問題ないですね。


直後の写真、といっても
手術したところは2,3日が腫れのピークだ、と言い張る人がいますが
埋没法をかなり細かな手技でダメージ少なく行うと
ピークは直後か、もしくはむくみと重なって翌朝、というところです。
いわゆる「腫れる手術」の場合は直後から相当腫れています。
「腫れる手術」の場合、糸のせいでかなりの下垂が即座に出るからです。
その場合はピークがいつ、というのはよくわからないのではないでしょうか。



ということで最後は1週間目。
一週間
しっかりと幅がある、派手すぎない平行型。
より強めのメイクでもラインがちゃんと主張して
目をかなり映えさせるのではないかと思います。



狭いラインがいい、と言う人もいれば
こういったラインがいい人もいる。
まさに好み次第なので
自分の考える方向性がどんなものなのかをきっちり考えてカウンセリングに臨むのは大事です。
あとは、どういうラインがいいかわからない、という場合は
カウンセリング時のシミュレートを通して
一緒に考えていくのも手です。
そこはいろいろとアドバイスできます。


夏休みシーズン。

夏休みになり
カウンセリングを受ける方のうちに
学生が占める割合が多くなってきたかな?
という感じです。



時期によっては
混み合うので
お早目のご予約をお願いします。



カウンセリングで
できることできないことをはっきりさせ
自分にとって
その手術が意味のあるものかどうか、という点を
しっかりと考えていきましょう。
まずは診察が大事、というところですね。




ということで
今回のお写真に移ります。
しっかりとしたラインを生み出し
かつ左右の目を揃えていった例です。



では手術前のお写真から見ていきます。
手術前
こう見ると
少しだけ差がありますね。
そういった部分を整えていく感じで
左右両方の目に埋没法を行っていきます。


手術直後です。
直後
内側が広く見えますね。
目が少し開けづらく、幅が広く見える。
3個前の記事に書いた腫れの話の通りの状態ですね。

麻酔の影響での軽い下垂もありますが
その効果はちょっとすると切れてくるので
1~2時間後でももっと落ち着いていますね。

前にも書きましたが
写真を撮る際に手術直後じゃなくて
2時間くらい待っててもらえば
もっといい感じに落ち着いてる写真が撮れるんですけどね!
・・まあそうもいかないので
手術が終わってほんとに直後に撮ってます。


最後は1週間目。
一週間
メイクをしているので
巣のラインがちょっとわかりにくいですが
左右を揃えていい感じに落ち着いています。


大きな変化ではないかもしれませんが
こういった細かな部分は
繊細なデザインが大事になってきます。
術前の診察もさながら
手術直前での再度のシミュレートも重要ですね。



カウンセリングのときはシミュレートを当然行うけれど
「手術の直前にもそういった確かめはやってもらえますか?」
という声はけっこう聞かれます。

でも手術前も当然行います。
これは手術で希望のラインが可能かどうかの診察ではなく
細かな部分まで確かめて
手術へのデザインを行うためです。
絶対必要で、必ず行うので安心して下さい。


確かめないで適当に行うなんて
こっちも怖くてできないですよね!

クセを参考にし、更に差を埋めて綺麗なラインを。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください







昨日に引き続き
薄いクセのあるパターン。


でもクセに差があるので
今回はクセの通り、というつけ方ではないです。



さっそく見ていきましょう。
まずは手術前からです。
手術前
ほんのりクセが見られます。
ただ、このクセはやや左右の差が大きいので
クセの流れ方を参考にしつつ、左右をなるべく合わせるようにデザインしていきます。


左右の差は、生理的な範囲の差であればよいと思いますが
あんまりにも変に差をつけるのは
自分がいい、と思っても、他人から見るとおかしい場合もあるので
注意が必要になってきます。


埋没法でできる範囲というのは限界があるので
出来る範囲ぎりぎりで無理に広く
差があってもいいからそれぞれの出来る限り広く
というリクエストの人もたまにいるのですが
変に大きな差は避けるのが無難です。



では手術直後のお写真見てみましょう。
直後
ちょっと腫れぼったい感じ。
やや腫れが出ています。
ただ、先日書いたような目の開きが落ち着けばだいぶ違うとは思います。
「腫れない」を目指していくと、落ち着きは速いですね。



1週間目のお写真を見てみましょう。
一週間
はっきりしましたね。
けっこう左右もそろったのではないでしょうか?
いい感じです。


ただ、目をつぶると・・
閉じ
左側がまつげすぐ上くらいにやや内出血が出ています。
直後にはなかったものですが
1,2日して徐々に出てくるケースもあります。
もう少し時間を見てくれれば自然に消えますが
化粧で積極的に隠して
前向きにいくのが良いですね。


内出血は
全切開法などで多く出たとしても
2週間ほどでほとんど消えていきます。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR