なんとなくぼやけてきた目元をはっきりさせる。

少しずつ年齢を重ねるにしたがって
なんとなく二重まぶたのラインが狭くなる、だとか
ラインがぼやけてはっきりしないものになってくる
といったことは、往々にしてありがちです。


そういった状態に対して
〇はっきりしないラインを埋没法ではっきりさせる
〇たるみで狭くなったラインよりも広いラインを埋没法で生み出し、もともとの感じに近い状態の目にする

といったアンチエイジング的な埋没法を行うこともあります。


くぼみが強かったり
たるみが多かったりすると
埋没法では苦しい、という風になってくるので
カウンセリング時に診察をして
可能かどうかを判断することが必要になってきます。


切らない施術でなんとかしたい、という方は多いので
その可否をしっかり見ていき、適応を決めていかねばなりません。



では今回のケースを見ていきましょう。
手術前
手術前のお写真で見ると、ややラインがはっきりしません。
あと、以前に比べ、狭くなってしまった感もある、とのこと。
埋没法でラインを広げ、はっきりした印象を生み出していきましょう。


手術直後です。
直後
微妙に腫れてはいますが、感じが変わったのがわかりますね。
目力、が変化したとでも言うべきか。
けっこうはっきりしますね。
いい感じです。


さらに一週間目のお写真を見ていきましょう。
一週間
大きな変化はないけれども
ラインがしっかりしたものになり幅も出てくると
やはり違いますね。


狭くなってきたかな?
なんて悩みの人には
この変化の”良さ”がお分かり頂けるのではないでしょうか?!


たるみがかぶってきて微妙に狭くなってしまった・・・なんて方にとっては
けっこうしっかりした効果を生み出すのでおすすめですね。
微妙なたるみは他人にとってはほとんど気にならないのかもしれませんが
自分にとって気になる場合にはこういった方法もあり、ということです。






PS

拍手コメントへの返事です。

>なおみさん
確かにディファイン等コンタクトで黒目を大きく見せている人は多いですね。
目を大きく見せる手段の一つとして
確かに有効なものだと思います!


スポンサーサイト

目を効果的に大きく見せるライン。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






今回は
一重→二重の変化で
目を大きく美しく見せた例です。

しっかりとした変化が
いい効果を生んでいるお写真です!
参考になる方も多いのではないでしょうか。


さっそく手術前のお写真から見ていきましょう。
手術前
微妙に奥二重かな?というところ。
しっかりとしたラインを生み出して
目を美しくみせていきましょう!


埋没法を両方の目に行った直後のお写真です。
直後
直後ですが
さほど目の開きも悪くならず、腫れそのものも非常に少なく
いい感じです!
1枚目のお写真と比較すると
ラインがしっかりあるのでずいぶん変化した、と思う人もいるかもしれませんが
そこまで広すぎる、というわけでもなく
メイクをすると、さらに目を大きく見せることが可能でしょう。


ということで1週間目。
一週間
やはりアイメイクをすると
幅広!といった感じは全然しないですね。
うまく二重幅を生かして、目を映えさせています。


メイクを含んで考えると
もっと強めのメイクなのでより広いラインを求める人もいるでしょうし
ナチュラルメイク中心の場合は、このくらいかもっと狭いラインもあり、だと思います。
自分のスタイルに合わせて
ラインも考えなくてはいけません。


目の大きさ、もラインの合う合わないにけっこう関与してくるので
そういったいろいろな点を含めて考慮して
幅の検討をしていくことが大事ですね。

さりげなく自然な美しさを求めて。

今回のお写真は
一重まぶた→二重
自然で美しいラインを生み出した例です。



大きな変化を求めている人も多い。
でも、派手なラインを恐れる人もいます。
手術したら、すごく変わってしまうのではないかな・・・?と。


やはり変わるは変わります。
変化は起きます。
でも自然なものであれば、問題は少ない。
(あといつもアイプチ等で作っているラインであれば、変化してもわかりにくいですけどね)



自然でさりげない、でも美しい変化。
そんな例を見てみましょう。



まずは手術前。
手術前
奥二重は微妙に見受けられますが
一重、といった印象です。
埋没法でラインを生み出していきましょう。


手術直後です。
直後
ちょっと腫れていて、なんとなくぼてっとしているかな。
すこし目がひらきにくくて、とろんとしているような感じ。
こういった腫れであれば、すぐに落ち着いてきます。


最後、1週間目のお写真で見てみましょう。
一週間
もうすっかり自然。
いい感じに目が映えていますね。
アイメイクの効果でラインも広すぎる、なんて見えることはないのではないでしょうか。
表情もいい感じ!
(切っちゃっているのでわかりにくいですが)


こういった風に
さりげないラインで目を魅せていく。
一つの回答ですね。


広いライン
狭いライン
どちらが良いか、どちらが似合うかは本人次第。
逆に狭いラインを生み出すのが難しい人もいらっしゃいます。
よく考えていくことが大事です。
カウンセリングを通して
共に考えていきましょう。















プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR