蒙古ヒダで隠れた部分を出す施術

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください







先日掲載した手書きの絵
蒙古ヒダ

目頭切開は 緑の矢印で示した「蒙古ヒダ」と呼ばれるヒダの部分を軽減もしくは無くす、そういった施術だ、とこの前の記事でも書きました。
ヒダがなくなると、目頭切開施術後は 図の赤で示した輪郭に近づく、ということですね。




今回のお写真もこの図と見比べてみましょう。

右 手術前
右 1かげつ


上が手術前、下が目頭切開後1カ月目です。


隠れていた赤い粘膜っぽい部分が見えてきているのがわかりますね。
ヒダも無くなっています。


上図の様な変化が起きているわけです。


最後は両目のお写真でも比較してみましょう。
手術前

一か月

これも上が手術前、下が1カ月目。
目が近づいているのがわかりますね。


こういった変化があるわけです。
蒙古ヒダの張りが強くない人は変化は小さいし
張りが強い人はけっこう大きく変わります。


目の近い人の場合は
多少なりとも更に目が近くなるので注意ですね。





スポンサーサイト

脂肪取り+埋没法で平行型ラインを実現した例

今回は、目の上の脂肪取りと埋没法を同時に行った例です。

通常僕は無理に脂肪取りをすすめることはまずありません。
目の上の脂肪はだんだん減っていくことがほとんどなので
取りすぎるてしまうと、将来の目の上の強いくぼみにつながる可能性が高いです。
無理は禁物です。
状態状態に合わせて、しっかりとしたビジョンを持って計画をたてて手術していくことが大事です。

人によっては
脂肪をとることによって、非常にすっきりとした目を手に入れることが可能なので
診察の上で検討していくのが良いですね。




では今回のお写真、まずは手術前からです。
手術前
一重の目で、重い印象に見えるので
脂肪取り+埋没法の施術を希望して来院されました。

直後
平行型のしっかりしたラインを生み出しました。
やや腫れています。
この場合、5mm程度の切開を行ってそこから脂肪を取っているので
2日目もしくは3日目の方が腫れが大きくなったり、内出血が増える可能性があります。


取った脂肪もお写真掲載します。
見たくない方はスルーしてください!








脂肪
かたまりの脂肪が取れています。
眼窩脂肪、と呼ばれる目の上の脂肪です。
100円玉を置いて、大きさを比較してみました。
上の方に書いたように、脂肪はあまり取りすぎると近い将来のくぼみにつながる場合もあるので
慎重に様子を見ながら取っていきます。


直後の傷です。
直後 傷
透明な糸で縫ってあります。
透明な糸は目立たないのですが
縫いにくかったり、抜糸しづらかったりして不利な部分もあります。


目頭切開のときなどは、確実に細かく縫ったり、抜糸時に変に糸が残ったりしないように
僕は大部分の場合、黒い糸で縫っています。
4日目くらいから抜糸可能なので、そこはダウンタイムを我慢したほうが、後の傷にとってはよいと思います。
縫いにくいこともあって手術時間も変わるので、白い糸はリクエストがあってどうしても、という場合だけにしています。


ただ、この脂肪取りのときの様に、短い直線をちょっとだけ縫うのであれば、ほとんど時間は変わらないので
今回は白い糸で縫いました。

脂肪取りの傷は縫わないクリニックもあると思いますが
縫う方がきれいだし確実なので、僕はそういう方針で行きます。



ということで抜糸時の傷(1週間後です)
抜糸 傷左
抜糸 傷右

左右同時に見ることのできる写真がなかったので
左右それぞれのアップを。
あんまり目立たないですね。
ただ、内出血が多く出る方もいるので、その点は注意です。
内出血が出た場合は、メイクで隠していく必要があります。
メイクは抜糸の翌日から可能です。


最後は1週間目の両目。
抜糸時
まだ多少腫れているのかもしれませんが
綺麗な平行型ラインがわかります。
ラインがきちんと出ていると、目ははっきり、すっきりして見えますね。
アイメイクをしていけばさらに映えることと思います。



脂肪取りを行うと誰もが目がすっきりする、腫れぼったい目が治る、というのは言い切れないところは確かにあります。
目の厚ぼったさ・腫れぼったさは
脂肪が多いのだけが原因でなく、皮膚の厚みや皮膚のののび・タルミ(皮膚のあまり)などなども関わってくるからです。
皮膚を切り取るような切開が必要なケースもあります。
どこまで行うのか、というのは話し合って決めていく必要があります。

ただ、脂肪が多い例で
脂肪取りを行うと、朝のむくみには変化がみられることが多いです。
むくみが多く、厚ぼったく感じている人には効果的かと。


無理に取らなくてはいけないものではないし
取ったからといって広いラインが簡単に作れるようになるわけではないですが
そんな効果もあるわけです。



PS

拍手コメントへの返事です。

>しーさん
気合いでがんばります!
ほんと体は気をつけてかないとですね!



>まいさん
ご結婚おめでとうございます!!
良い感じで式を迎えられたのであればなによりでした!!
良かったです!



>Mさん
文中に縫う糸の色での違いについて書きました。
白糸のほうがやはり目立ちにくいは目立ちにくい。
ただ、いずれにしてもメイクはできないのと傷はあるので
数日我慢しなくてはいけないのはいっしょです。
僕は通常黒い糸をすすめます。
あとは話し合って検討次第ですね。


1周年

昨日がクリニック1周年でした。


無事に1年間やってこれたのは
本当に皆様のおかげです。
ありがとうございます!!
より良い場にすべく、気持ちをさらに引き締めていこうと思います。
今後とも応援よろしくお願いいたします!!





ではでは・・・
1周年を祝うのがこのブログの主目的ではないので
本題に戻らねば。






今日もお写真を見ていきましょう。
今回ははっきりした平行型のラインの例です。



まずは手術前です。
手術前
左右差がけっこうありますね。
左はかなり広い末広型、という感じ。
右は一重ですね。
平行型のラインを生み出すべく、左右に埋没法を施行しました。

直後
やや腫れがありますね。
左目の方が腫れて見えるのは、少し開きが弱まっているせいですね。
右の方がそういった影響は少ない感じ。
どんどん落ち着いていくので経過を見ていきましょう。


ということで1週間。
一週間
いい感じの平行型です。
もとの末広のラインによる
三重まぶた、というのも強く目立ちはしていないのではないでしょうか。


三重まぶたですが
ラインが広くなると、どうしても下にラインが見える、という人もいます。
メイク等であまりわからなくなることがほとんどですが
あとは個人個人が気にするかどうか、というところですね。






「細かい部分にこだわっての施術を可能にする場を実現する」
そういった目的で生まれたクリニックが
まずは1年を迎えることができた。

皆様のもとにこだわり続ける態度が少しでも届いた、という証拠なのかな?と思います。
これからもその姿勢を崩さずに歩み続けようと思います。






PS
拍手コメントへの返事です。



>しーさん
前回のブログ記事、手書きの絵が役に立ちましたか!
わかりやすかったなら良かったです。

嬉しい!



>Sさん
手術お疲れ様でした!

手術を受けたうえで、満足してくれているというのは
本当に嬉しいです。


カレーもこだわって作っていますよ。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR