FC2ブログ

蒙古ヒダのつっぱった部分をなくす。

松井です。
今日は目頭切開のお写真です。


「蒙古ヒダを取る」というのが目頭切開だ、というのは常々このブログでも書いていますね。
蒙古ヒダ
手書きの図を載せて見ました。(下手だけど許してくださいね)
目の内側、目頭側の部分、ヒダ状になっているところ
上図で緑の矢印が指している部分が蒙古ヒダです。

蒙古ヒダが引っ張るような感じで
皮膚が突っ張って、目の内側の形が出来上がっている。
上の図でいうと蒙古ヒダが突っ張るため
目の形が赤で書いた輪郭の様にならず、一部が隠れる形になっているわけです。


目頭切開は 蒙古ヒダの突っ張りをなくす=蒙古ヒダをとりさる、という効果を持ち
上の図で 黒く書いている線での目の形を、赤の線で書いた目の形にする、という感じですね。
(ちょっとわかりにくくてすいません)


これを踏まえて今回のお写真を見てみましょう。



まずは手術前の右目アップ
手術前 →

次は一か月目の右目アップ
一か月 右

1枚目の写真を見ると 
蒙古ヒダ、強くはないけれどわかりますね。
そこが微妙に引っ張って・・
目の一部が隠れている。

目頭切開を施行して
2枚目の写真では蒙古ヒダが無くなり、隠れた部分が出ているのです。


ちょっともともとの隠れている部分が少ないお写真ですが
こんな感じです。
他の人の例などもいろいろ見てみてください。
目頭切開についての様々な写真・記事はこちらから




では両目の手術前後も載せておきます。

手術前
手術前

1カ月目
一ケ月 


今回の例は微細な変化ですが
(化粧での変化の方が大きいかも)
注意深く見てみると目頭切開の効能がわかりますね。




PS
今回初めて手書きの図を載せてみました。
絵が下手なんでもっと精進します!
わかりやすければそれでOKなんですけどね。

自然で繊細なラインを。

今回は、狭いラインの例です。
「狭い」と「広い」を比べて、どちらが優れている、ということはないです。
自分がどう希望するか
自分の目にどちらが合っているか。

そして、目を映えさせるのはどちらなのか。
そこをしっかり考えていく必要があります。




まずは手術前の目を見ていきましょう。
手術前
一重まぶたです。
左右の目にラインを生み出していくべく、埋没法を両目に施行していきます。
でもそのラインは広いものでなく、奥二重に近い末広ラインです。
繊細なラインを表現していくべくデザインしました。


手術直後です。
直後
奥二重に近い、自然な末広ライン。
こういった微細な変化を望む患者様も多いのではないでしょうか。


最後は1週間目。
一週間
大きな変化はないですね。
この比較で腫れの少なさがわかります。


大きな変化でなくては意味が無い、という人もいるし
こういった変化でなくては、という人もいる。
もっと小さな変化がいい、という人もいますしね。


人の希望は本当にそれぞれ。
その希望を提示してもらい、現実とてらしあわせ考えていく。
そしてラインを決定していくわけです。

もう少し目頭側から伸びるようなラインにしたい。



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください


もともとラインはあるけれど
目の途中から始まる感じで
ほとんど奥二重にしか見えない、という点を気にしている人は結構多いです。
今回はそこを整えて、もっと目頭よりから始まるラインを目指した例です。



まずは手術前。
手術前
末広ラインがありますが
ラインの出る位置が左の方がやや目頭より。
右はもっと目尻より。

もっと内側からラインが伸びるように
左右の目に対して埋没法を施行しました。


埋没法直後です。
直後
直後なので微妙に目の開きが悪いです。
左側の方がそれがわかりやすいかな。
その点でちょっと腫れて見えますね。
でもこれはすぐに落ち着いていく部分です。


ということで最後は1週間目。
一週間
化粧をしているので少しわかりにくいかな・・
といっても一枚目に比較して
ラインがより内側から伸びていることがわかりますね。


一口に末広型、といっても
幅の違いもあるし
こういったラインのはじまり方の違い、みたいな差もあります。
どんな感じが良いか、頭の中でいろいろ考えたり
シミュレートして確かめたり。
しっかり検討していくのが重要ですね。




PS
拍手コメントへの返事です。

>匿名さん
派手すぎない自然な平行型を希望される方も多いです。
カウンセリング時にどんな感じかをシミュレートし
可能かどうかを判断していきます。


>Vanさん
目頭切開の傷に対しては
飲み薬の治療
注射の治療
高周波メスを使ったり、外科的な治療をしたりといろいろなケースがあります。
もしも傷の残りが多く目立つ場合は外科的な処置は必要かもしれません。

プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR