右目を左目に揃える。

今回はいつも意外に反響が多い
片目の施術です。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






左右差のある目を揃えていきましょう。
まずは手術前です。
手術前
右目は一重なので、開きが左に比べてずいぶん小さく見えます。
強い眼瞼下垂は無かったため
右目に対して埋没法を施行しました。

強い下垂があるときに無理に糸をつけると
更に目が下がってしまうこともあるので要注意です。
判断がつきにくい場合は、糸をつけてみて
どうしても下がった場合に糸を取り外すと、下がりはもとの通りまで戻りますが・・
無理は避けたほうが良いですね。



では手術直後のお写真を見てみましょう。
直後
腫れが非常に少なくいい感じです。
問題点は僕の撮った写真が微妙、というところぐらいだと思います。
(悔しい・・写真頑張ります)



最後は1週間目のお写真です。
一週間
1枚目のお写真に比べると、左右がそろい
バランスが良くなったのがわかりますね。
更にこの写真はけっこう綺麗に取れているのではないでしょうか。
(こういう感じで頑張っていきます!)



ほんの少しだけ右目の開きは右に比べると弱いのかもしれませんが
問題になるレベルではないです。
十分埋没法でOKですね。



もっと下垂がある場合には
さらに施術を組み合わせていく場合もあります。
カウンリング時にしっかり診察して判断していくことが大事ですね。




PS
拍手コメントへの返事です。

>りえさん
糸をつけて補強していくことは十分可能ですよ。
カウンセリングでチェックしてみて、そこを判断していきましょう。


>しおりさん
当院ではJCBカードは取り扱っておりません。
導入予定は今のところありません。
ご了承ください。
スポンサーサイト

ほんの少しだけ広げる!

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください








今回は左右差のある目をそろえ
末広型を広げていくお写真です。
さっそく見てみましょう!




まずは術前のお写真です。
手術前
ここから、もっと目頭側にもラインが見えるようなラインに広げていきます。
大きく広げるわけではないですが(特に右)
やはり効果的だと思います。
経過を見ていきましょう。


では手術直後から。
直後
右は腫れがよくわかりません。
これはやや腫れているので
目頭側のかぶりが多くなって プラマイ・ゼロみたいな感じかと。

左は内側がやや腫れて少し広めにラインが出ています。
今は平行になっていますね。
ここから落ち着いていきます。



ということで1週間目。
一週間
化粧、まつ毛でややわかりづらい部分もありますが
映えていますね。

手術前の写真の右目の感じで
もうちょっとだけ目頭側をひろげたライン。
右は変化は少ないです。
でも左も変化し左右がそろい、良い感じですね!


こういった変化は非常に効率よく、自然で美しいと思いますが
どうでしょうか!?


大きな変化が非常に効果を生む場合もあるし
いろいろですね。


目によっては広げすぎると眠そうに見えたり、逆に目が小さく見えたり
反対に目によっては、狭すぎるとなんだかラインの真ん中あたりがつぶれてしまったり・・
となるので
やはり状態に合ったラインが望ましいのでしょうね。


このお写真の方の場合も
もっと広いラインもあり、だと思います。
後はご本人の希望、好み が関わってきますね。







PS
拍手コメントへの返事です。



>なおみさん
先日は手術お疲れ様でした。

喜んでもらえて非常に嬉しいです!!
快適で何より、ですね!




>Kさん
三白眼を下垂の手術で治すという話ですが
片方の下垂が強いため、眉毛を上げてしまい、もう片方の目が三白眼になってしまっているケースなどは下垂している目を手術すると変化しますが
下垂の手術を過度におこなっている三白眼の場合、そういった治療では難しいケースも多いです。

そういった感じで三白眼の状態にもよるため
どんな治療が必要か、というのは
やはり診察して見なくては何とも言えないです。

ラインを埋没法で広げる。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






もともと二重はあるけれど

もっと広くしたい
目頭側にもラインが欲しい
こういった声は非常に多い。
今回はそのタイプの症例です。




まずは手術前のお写真から見ていきましょう。
手術前
末広型のラインが両目にあります。
こういったラインもいい感じではありますが
少し広げていく計画を立てます。


ということで埋没法直後です。
手術直後
大きな腫れはないですが、やや腫れてラインが広く出ています。
若干目が開きにくくなっているのも関与しています。
こういった感じは割とすぐ落ち着きますね。



1週間目のお写真と比べてみましょう。
一週間
いい感じのラインに落ち着いています。
(でも少しだけ余計に狭くなっているのはやや表情が笑っているからもありますね。)





腫れに関しての質問があったので
この場で回答しますが

「腫れが完全にひくのは何日か」という質問です。


何をもって 「完全に」、というのかは難しいところ。
手術したまぶたの内部では、細かい意味で言えば1か月たっても微妙な炎症は起きています。
そうすると腫れはひいてない、というかたちと言える。

あとは人が見て問題ない、自分が見て問題なければ
別に内部で炎症が起きていようといまいと
「腫れはひいている」と言っちゃっていい、と僕は思います。

ずーっと気にし続ける人の場合は
他人が見て見た目全く問題なくても「腫れはひいてない」という状況だ、と。
でもそれはもったいないですよね。

手術したことを気にしすぎて
前向きになれない人もいると思いますが
そこは勇気をもっていくしかない。
弱気になったら本当にもったいないです。

腫れをできる限り減らそう、と思って
いろいろな工夫をしたり裏ワザをもちいたり
そして丁寧に施術したり
という風にしているわけですが
手術を受けた本人の考え方次第なところもあります。


手術を受ける、と決めたら
そういった点も含めて頑張っていきましょう!!




PS
拍手コメントへの返事です。

>みかんさん
上記に解答しました!
ご参考にしてくださいね。









プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR