FC2ブログ

左右を揃えていく!


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください




今回は左右を揃えていく症例。
時々掲載しているパターンですね。
さっそく見ていきましょう。


まずは手術前です。
手術前
左にくらべ、右のラインがはっきりしない
ということで来院されました。
左も消えやすいので整えていく目的で左右両目に埋没法を行いました。


手術直後の写真です。
直後
すこし右の腫れが多いかな。
左の腫れが少ないだけにややわかりますね。
右がやや広く見えるのは
腫れだけではなく
重度の下垂は無いのですが
やや右目が重たいからか、右の眉毛を上げるクセがあるので
そのぶんややラインも引き伸ばされる、という部分もあります。


最後は1週間のお写真。
一週間
うーん、まだちょっと腫れて見えますね。
じっさい腫れが引いていくのも必要だし
あとはこの方の場合、先ほど書いたように右の眉をあげるくせがあるので
術後の目に慣れていけばいい感じになっていくと思います。
1週間ではまだもうちょっと、という感じのお写真でした。
ただ、細かな視点で言えば、というところではありますが・・
少しお時間をとらせることになる点はもうしわけないところです。

そういった感じで
内出血や腫れで
そういったお時間を取らせるのは
仕方ない部分があるとしても
いろいろと考えさせられる部分です。

だからこそ「腫れない」を目指すのは難しい戦いではありますが
なんとか腫れをおさえていくのはやりがいがある部分ではあります。


たとえば切開法だって
工夫して腫れをおさえていくことは可能です。
まあ、切開法で腫れを少なくした写真を載せても
たまたまじゃないか?とか内部処理をきちんとしてないんじゃないか?
などと勘繰られることもあり、なかなか難しいですけどね。
いろんな声はありますが
そのあたりは僕は僕らしくやっていくだけです。
ブログも頑張ります!







PS
拍手コメントへの返事です。

>モモさん
カウンセリングは10分くらいから30分くらいまででしょうか
人によってもけっこう違います。
疑問の多い場合はその場で解消するのがよいでしょう。

麻酔に関しては聞きにくい人の場合、多くすることも出来ます。
ただ、むやみに多くすると腫れにつながってしまう場合もあるので要注意。
なので長い時間効果が持続する麻酔を併用して注射することもあります。

派手すぎず、でもしっかりと変化する!




初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






大きな変化ではないけれども
しっかりと効果のある変化を生み出す。
今回はそんなお写真を見ていきましょう。




まずは手術前です。
手術前
右は奥二重、左は一重かな?(実際はかなり狭い奥二重)というところ。
ラインを生み出すべく、左右両方の目に埋没法を施行しました。


手術終了直後です。
直後
次の写真と見比べてもらうとわかるのですが
左側は目が少し重くなっています。
やや開きの悪い下垂状態。(ほんとに少しですが)
ただ、これはすぐに落ち着いてきます。
この日の夜見てもけっこう落ち着いている感じ。
ただ、翌朝はこのくらいに戻るか、もうすこしむくむかな?という方が多いです。
でもそこからまたどんどんと落ち着いてきます!


最後は1週間目です。
一週間
目の開きも落ち着きました。
良い感じです。
控えめな幅ではありますが
効果ある変化なのではないかな、と思います。


PS
拍手コメントへの返事です。

>ちささん
糸を使った眼瞼下垂手術は
やはり効果が弱くなってしまうケースもあります。
切開したものに比較するとその点は不利です。

ただ、すぐに戻ってしまう、というケースは少ないので
チャレンジしてみる価値は十分あると思います。



>sekiさん
目尻切開は行っていますが
僕自身の経験としては、埋没法や目頭切開ほど多数は行っていないです。

戻りの大きい場合も多いので、よく話し合ったうえで決めるのですが
結局行っていない、というパターンが大多数です。

小さな変化でも積み重ねると意味がある場合はあるので
目頭切開等を行った上でさらに少しでも、というのであればあり、かもしれません。



>みらいさん
ブログは最近写真が多いですが
前の方を読むとけっこういろいろなことを書いているので参考にしてみてください。

ネガティブ、とまでは言わないですが
リスクについてなどなどいろいろ書いています。

不慮にすぐ取れてしまうケース、というのは
ラインの広い狭いにかかわらず
少数ながらあります。
初期は目を強くいじらないようにして経過を見ていくしかないですね。

埋没法で目を整えていく。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今回は左右差のある症例
片目の埋没法です。



まずは手術前です。
手術前
ラインが無いからちょっと下がって見える、という部分と
多少の下垂があるのかもしれない、という部分が見受けられます。

下垂の程度は弱いので
埋没法を施行して経過を見てみます。
(眼瞼下垂の程度が強いと埋没法だけではラインが出にくいです)


左目の埋没法を行いました。
直後
けっこう左右の差が埋まりました!
やや腫れていびつなので
経過を見ていきます。


1週間後です。
一週間
結果としてだいぶ左右の目はそろいました。
ただ、細かく見ていけば
やや右の方が目の開きが大きい、という差はあります。
微妙な差ですが、より左右を合わせたい場合は、眼瞼下垂の手術を付け加えていく、というのが必要になってきます。
そこまで行うかどうか、というのは本人次第。
この写真ぐらい変化が見られ左右差が変われば、大半の人の場合はOKが出ます。
実際僕もここまでで良い、と思います。

でもあとは本人次第。
さらに、という場合には
こういったケースでは
切る眼瞼下垂手術はちょっと大げさなので
切らない方法で行うこともあります。




PS
拍手コメントへの返事です。

>ゆずさん
ではカウンセリングの際はしっかりと診察しましょうね!
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR