FC2ブログ

半年がたちました。

当院も今日でちょうど半年となりました。
来院してくださったたくさんの方々に心から感謝です。


まだまだ半年ですがこれからもがんばります。




今日は、通常の手術を受けた方々の他に
他院で行った埋没法の糸を取る手術を1件行いました。
糸をつけたら目の開きが悪くなってしまって、すごく腫れて見える状態になってしまった
人工的に眼瞼下垂の状態になってしまったわけです。
いわゆるガチャピン状態ですね。
ガチャピン状態、参考お写真例はこちらの記事を読んでみてください。




さまざまな人の施術をすると・・
「腫れない手術」を行っても
どうしても筋肉に負担がかかって、目が下がってしまう方もいらっしゃいます。
ただ、「腫れる手術」の場合にはほとんどのケースで目が下がり、すごく腫れて見えてしまうのです。

この場合、時間をしばらく待ってみるか、糸を取るかどちらかです。
2週間~3週間くらいでおさまるケースもあるからです。(結構長引く場合もあります)
ただ、はやく落ち着かせたい場合は糸を取ってしまうのが第一選択になるかと。



今回も最小限のダメージで終わらせられるよう留意して
糸を抜去しました。

他院での施術の糸を取るのは、
どこだかわからなかったり
無茶な締め付け方をしている「腫れる手術」だとすごく取り出しにくかったり
大変なことも多く、それでダメージが増えてしまうこともあるのですが
今日の患者様の場合は、かなりスムーズに取り出すことができて
糸で起きていた眼瞼下垂もその場で治り、ほぼ元通りの目に戻り、非常に喜んでいただけました。
(モニターではないのでお写真はないです、残念!?)



一度手術で目が変に腫れた、という体験をしていただけに
当クリニックに来院するのも怖かったことと思います。
でもその恐怖を乗り越えた、そのことが尊いです。
あきらめない気持ち。
その気持ちをこちらも感じて、できる限り最大限の施術ができた、と思うのです。




僕もあきらめません。
長く続けていくと手術の副作用、というものは起きる場合があります。
でも、あきらめない。
あきらめないで患者様と共に頑張り通していく。
半年たっても、何年たってもその気持ちでいきたいです。



口先だけにならないように
このブログもウソだった、なんて言われないように
これからもいつも通り貫くので
ブログファンの方々(いるのかな?)応援よろしくお願いします。





まあ自分の名前のクリニックだし逃げようにも逃げらんないので
半端なことはできないですね!!









アイプチでかぶれてしまうので、アイプチから手術に移行する。





初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今回のお写真は
アイプチの使用でまぶたがかぶれてしまっているケースです。



アイプチでかぶれて赤くなってしまっている人は意外と多いです。
皮膚がすごく硬くなっていたり
ぼろぼろと皮膚がはがれていしまっていたり。


アイプチでかぶれた時の対処等については以前書いています。
アイプチのかぶれについての記事はこちらから。
↑興味ある方は読んでみてください。


アイプチが肌に合う人は良いですが
かぶれてしまう場合には
手術をしてラインを獲得してしまうのは有利です。




手術前のお写真を見てみましょう。
手術前
写真でもかぶれがわかります。
赤くなり、少し皮膚が硬くなってしまっている。
もっとひどいと皮膚がぼろぼろになる人もいます。


手術直後のお写真を見てみましょう。
直後
いい感じのラインです。
腫れは少なく抑えられました。

アイプチでかぶれていると炎症があるため
内出血しやすかったり、腫れにつながりやすかったり・・
というようなところがあるのですが
腫れを減らす方法によって、良い結果が出せていると思います。

ただ、細かく言うと
アイプチのかぶれで皮膚が硬いので
ラインにかぶる皮膚がちょっとごわついて厚い、というかなんというか。
それでやや腫れて感じます。
 


では次に1週間のお写真です。
一週間
アイプチを使わなくなったので
1つ上の写真で見られたような皮膚のごわついた感じが落ち着いていますね。
滑らかになりました。


このように
アイプチでかぶれる方は
「手術でラインを獲得することにより、アイプチを使わなくてよくなる」
という風に流れを断ち切ることが大事です。


使わないようになると、皮膚はかなり落ち着きます。



かぶれの状態だと
ややシミュレートしたラインが不正確になるおそれがあったり、細かくラインが決められなかったりということがあえりえるので
理想はアイプチのかぶれを落ち着かせてから
(アイプチの使用をやめて、炎症止めの薬を塗ってしばらく様子を見る)
手術をするのが良いのですが
もしもある程度ラインが決まっていれば(アイプチの線など)
このようにそのまま手術をしてしまうのも手ではあります。


荒れた状態でも無理してアイプチを使い続けると
皮膚が伸びてしまったりすることもありえるので、やはり注意が必要です。
かぶれや多少の硬さはアイプチの使用を中止することで落ち着きますが
変に跡になってしまったり、皮膚が変に伸びてしまったりだと、そのまま残ってしまうので
そうなる前に使用を中止すべきですね。




微細な変化を可能にする手法



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今回の記事は・・
ラインを微細に変化させ、なおかつ維持させる
ちょっと変わった手法を用いた例です。

通常の方法ではややラインの出にくいケースに対して用いています。
今回のお写真では目頭側にすっと伸びるラインを出すために用いました。

お写真で見てみましょう。
まずは手術前。
手術前
末広型のラインです。
あまりラインを大げさなものにしたくはないけれど
平行型のラインを希望。

ということで微細に変化させるちょっと変わった埋没法を用いた直後の写真を見てみましょう。
手術直後
変化した部分、わかりますか?
ほとんど腫れてないのだけれど、やや右目が下がっているのがわかります。これはすぐ落ち着きますね。

1週間目も見てみましょう。
一週間
この微細な変化。
通常の埋没法でも可能かとも思いますが
この手の変化をつけるときにラインが出にくいケースもあるため
ちょっと凝った方法を使いました。
派手な名前を付けて特別に売り出す気もないので
僕は実際の施術の際はラインに合わせて、この方法も含めさまざまな方法を組み合わせています。
まあ内容は企業秘密で笑。(ちょっと変わったやり方ですが、根拠のない思い付きや変なことやってるわけではないです。)
知りたい方はカウンセリング時等に訪ねてください。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR