FC2ブログ

昨日に引き続き目頭側からのびるライン


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください




今回掲載するのは
昨日に引き続き、目頭側からしっかりとラインの見えるラインです。
平行型、と言い切るには末広に近いようなそんなライン。
それでいて平行のような。。




ではまず手術前のお写真を見ていきましょう。
手術前
左右ともにクセがありますが、やや左の方がはっきりしたクセです。
もう少し綺麗に出やすいようなラインをデザインし両方の目を施術しました。


埋没法、腫れを少なくするためにいろいろ工夫を凝らしているのは以前から書いている通り。
最近はさらに腫れを減らすための一工夫 二工夫を付け足しています。
文章でうまく書けないので記事にしていない裏ワザもまだいろいろあるわけです。
おいおいなんとか文で表現できたらな、と思っています。


手術直後のお写真です。
直後
少しだけ予定よりも目頭側がはっきり出て
平行ライン!という感じがやや強いです。
もう少し落ち着いてきますね。
でも、直後から自然、と言えますね。
(この自然に見えやすい、というのもちょっとした裏ワザの効果も大きいです。最近は更にこの部分にこだわっています。)


最後は1週間経って、のお写真です。
一週間
ライン自体落ち着いたのと、アイメイクによって非常に綺麗に映えています。
ある程度以上の幅のあるラインはアイメイクがかなり有効です。


美しいラインを目指して。
「腫れない」を目指して。
少しでも先に行けるように前を向き続けるだけです。

目頭から伸びるラインで目を大きく見せる


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今回のお写真は
一重まぶた→目頭側からきちんとラインの入った二重まぶた
といったかたちのものです。


「狭いラインだとどうしても目の途中からラインがはじまってしまうように見える」
ということで目頭側を広げたい、もっと目頭側からラインを作りたい、という方は多いです。
蒙古ヒダの具合(張りの強さ)などによっては目頭側を広げにくい場合もありますが(この場合、目頭切開を考えていくこともありますね。)
カウンセリング時のシミュレーションでどんなラインになるのか、どんなラインが可能かを見ていきましょう。



ということで今回の患者様。手術前のお写真から見ていきます。
手術前
左側は微妙にくせがみられますが
一重まぶたの目です。
しっかりと見えるラインを希望して来院してくださいました。

では、埋没法を両目に行った直後のお写真を見てみましょう。
直後
直後でも明らかな不自然さは無い、と言ってしまってよいとは思いますが
微妙にいびつです。
これがなんともいえず滑らかにどんどん落ち着いていくわけです。



最後に1週間目のお写真を掲載します。
一週間
最初のお写真と比較するとずいぶん目が大きく見えます。
2枚目のお写真と比較すると、はっきりどこが、というのはうまく言えないけれど、滑らかに落ち着いてきているのがわかりますね。
広過ぎはしないけれども、目を大きく見せしっかり主張するライン。
非常にいい感じだと思います。


埋没法モニター引き続き募集しています。
ホームページには載せていないですが、全切開法のモニターも募集していますので
詳しく知りたい方はご連絡してください。




どういった選択をとっていくか。

前回までは3回にわたって
目の開き自体を大きくし、ラインも生み出す切開手術について書いてきたわけです
切開手術に興味がある方はぜひ読んでみてください。

今回は埋没法手術のお写真です。


切開も考えているのだけれどもやっぱりダウンタイムが取れない・・
という方は埋没法がファーストチョイスになることが多いです。


どんなラインは可能で、どんなラインが難しいか。
カウンセリング時にそこを診断したうえで
やはり埋没法、という人がおおいのも確かです。
どういう決断が自分にとって良いものなのか。
しっかりと考えていく必要があります。


ここのところ、自分の希望に近づくためには
どういった方法を組み合わせるのがよいか、というような感じで
総合的・多角的なカウンセリングを求める方も多いです。
ともにいろいろ考えていきましょう。




というわけで
今回のお写真に移ります。

埋没法で全体的にラインが見える、派手すぎない平行型の例です。
まずは手術前です。
手術前
狭い末広。人によっては奥二重、というかもしれません。
全体的に出るラインを求めて、埋没法を両方の目に施行しました。


手術終了直後です。
直後
少し上まぶたがむくんで、かぶさる感じが強くなっています。
その分ラインもやや濃く感じやすいですが、ここは落ち着いてきます。
ただ、全体としての腫れは少ないのがわかりますね。



最後に1週間のお写真を見てみましょう。
一週間
上まぶたの腫れがひき、すっきりしましたね。
滑らかにラインが出ています。
アイメイクも加わって、美しく映えています。





プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR