FC2ブログ

目を映えさせるライン



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今日の東京はすごい雨に見舞われました。最近すごい雨が多い!
雨の中来てくださったみなさま、本当にありがとうございます。


今日も・・・
どんなラインがよいのか
どこまで広げるか
片目or両目
etc
といろいろな議論、相談をしました。

ラインは正解がないだけに難しいです。

さまざまな可能性を考え
理想と現実を突き合わせ検討していくしかないです。



今回のお写真のケースでは
末広型のラインを選択しています。

なるべく目頭側からのびる末広型のライン、という感じです。


まずは術前のお写真を見てみましょう。
手術前
一重まぶた→二重の変化を生み出すために
両側に埋没法を施行しました。


では手術終了直後です。
直後
デザインでは目頭側がくっつくは離れるかぎりぎりのライン。
こう見ると左はやや腫れてラインが大きくなっています。
平行型ライン、という感じになっていますね。

ここは少しの時間でも変わっていきます。
やや腫れている、といっても大幅に不自然な感じなどはなく
すでに良い感じではありますけどね。

落ち着いた姿、約1週間を見てみましょう。
一週間目
目頭側は左はやや離れて感じるかどうか?というところ。
印象的には目頭からのびる末広、ですね。

細かく細かく見れば左右のラインの目頭部はほんのちょっとだけ違いますが
右の蒙古ヒダのひっぱりのほうがやや強いので
そういったことによるものでしょう。

美しいラインが生み出されましたね。
メイクも一緒になって、非常に映えていると思います。


「腫れない」「痛くない」を目指して。







「腫れない」、「痛くない」
完璧な”それ”は実現できないかもしれない。(というか完全にはできない)
でもどこまで近づけられるのか?

美しいラインと共に高次元で”それ”を体現したい。

そういったことを考えています。
たぶん人々が思っている以上に頻繁に僕は頭の中で手術をしています。

もちろん四六時中考えているわけではないですが
いろいろ考えて考えて・・答えは果てないです。


これはいいかも、という案が出ても
リスクが増えたりすると使えなかったりほんといろいろです。


スタンダードなワザの精度もだんだんと成熟されていくので
進化が人々の役に立てれば嬉しいですね。
もちろん手術に対して自己満足の部分もあるけれど、これは本音です。



ときどき書いてますが
そんな風に考えている人間がいてもいいのではないかな、と。





ということで
今回のお写真を掲載します。


まずは手術前。
手術前
左右でも少し感じが違いますね。
クセもあったり、元のラインもあったり。
ここから平行型のラインを生み出していくようデザインし
左右に埋没法を施行しました。


次に手術直後です。
直後
腫れはほとんどわからないです。
でもここからさらに滑らかに落ち着いていくわけです。



一週間後も比較してみましょう。
一週間
前の写真に比べて気持ち狭くなったかな?というところ。
落ち着いたわけですね。

派手すぎず、綺麗な平行型ラインです。




「腫れない」「痛くない」
どこでも普通に見るようになった言葉ですが
真剣に目指してやっているわけです。



後は写真を見て、そしていろいろな文を読んでもらって。
さらにカウンセリングで話し合ってみて。
そこで判断してもらうしかないです。

美しいラインを目指して。




初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





「腫れない」を追い続けることと同時に
「自然で美しい」も追い続けなくてはいけない。


ずいぶんやり続けてきた今も、いろんな可能性を考えながら
マイナーチェンジを繰り返しています。


答えはない、というけれども
結果は出さねばならない。
日々考え続けています。


痛みを圧倒的に和らげる裏ワザひとつとっても
使うと使わないでは大違い。
でも、そんなワザなんて使いやしない・発想の中にない医師もいっぱいいる。


自分自身も殻に閉じこもらず
発想していきたい、と思う。


では今回のお写真です。
今回は美しい平行型を生み出した例です。


まずは手術前です。
手術前
微妙に薄いクセはありますがはっきりしない。
でもそのクセを見ると、平行型が見受けられますね。

平行型を生み出すべくデザインして
左右両側に埋没法を施行しました。


では手術直後のお写真です。
直後
すこしだけむくんでいてラインがいびつな部分もありますが
平行型が生み出されているのがわかります。


ちょっとだけ広い印象を受ける人もいるかもしれませんが・・
メイクをするとこんな風にいい感じです。
一週間
↑1週間後のお写真です。
ラインが落ち着いた+メイクで非常に綺麗に映えていますね。


美しいラインを目指して。

プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR