FC2ブログ

平行のクセを生かして手術する。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください




普段はアイプチ等で二重にしているけれども
すっぴんだと一重まぶた

アイプチでしているようなラインで固定したい!


そういった要望は
もしかしたら一番多いパターンかもしれません。


今回のお写真は
そういうケースのものです。






手術前です。
手術前
微妙にクセはあるのですがはっきりしません。
クセを指針にして両目に対して埋没法を施行しました。


手術終了直後です。
直後
目が少し泣いたような感じになっていて、いかにも直後、という感じのお写真と言えます。
でも、目立つような腫れはないですね。



ダメージの少ない手術を行った場合
腫れのピークは直後、もしくは翌日の朝、というケースが大半だと思います。

ダメージの大きい手術の場合には
2~3日めあたりが腫れのピークになると思うのですが
だいたいこういったことが言えます。





ちなみに左目の目頭側の下まぶたあたり
手術前の写真と手術後の写真ではちょっと違いがあるのがわかりますか?


手術のついでに取ってしまいました。
わかるかな?



ほんのり平行なライン。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください




今回の患者様は、ラインがほとんど見えない、という感じを少し広げ
ある程度全体的にラインがあり、なおかつ主張しすぎないラインを生み出した。

そういった例です。


ではまず術前を見てみましょう。
術前
細かく見ていくと左右差があり
部分部分で目の開きが少しずつ違います。
これはもともとのラインのちょっとした差によるものなのかな?といった印象なので
全く同じにすることはできないにしても
ラインを生み出していくことによって差を少なくすることは可能、と考えられます。



そういった考えに基づいて埋没法施術を両目に行いました。
直後
少し腫れに差が出ています。
左はややかぶるように腫れている、といった感じでしょうか。
大きな腫れではないのですぐ落ち着いてきます。



最後に1週間目のお写真です。
一週間
目頭側はほんのり、といった感じのラインで
派手すぎない印象です。



本当に人それぞれ
さまざまなラインの希望があります。
狭いラインの希望でも全くおかしなことではないし
広いラインの希望も十分あり、です。


シミュレートして自分の目に合うか、手術可能かを確かめて
希望のラインを手に入れていきましょう!




PS
拍手コメントへの返事です。

>みーこさん
口コミで伝えてもらえる、というのは
本当に嬉しいです。

僕とカウンセリングで話をして
手術を受けて

たくさんの人がいろいろなことを思うのでしょう。

願わくば全員に同じように喜んでもらいたい、そう思ってなんとか頑張ります!


病院選び 医者選び


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください







病院選び、医者選びについてはすごくよく聞かれます。


そりゃあ僕のところを選んでくれれば一番ありがたいですが笑


気になるクリニックがあったら
やっぱりカウンセリングで話を聞いてみる、それが一番です。

そして見抜くのは自分の能力にかかってきます。


僕もいろいろな医師を見てきました。
ぶっきらぼうで少し怖い感じだけど、患者思いでしっかりした手術を行う人
逆に、すごく愛想が良く、優しくて気の利く感じだけど、実はサービストークオンリーの人



美容外科で金銭的に成功するのは、感じが良くて口のうまい人だ、と思います。
手術をちゃんとやってくれるかどうか、という点はあまり問題ではない。
でもこれは問題ですよね。


手術が微妙な結果でも言いくるめられて
むしろ言葉で心地よくされる
それが幸せならそれでいいのかもしれませんが・・・



見抜くのは自分です。
あとは相性もあると思うので
実際カウンセリングで話をしてみる、それに尽きます。



月並みなことをだらだら書いてきましたが
誇大広告にのせられて、嫌な思いをせぬよう、いろいろ考えてほしいのです。
それ以上は言わないです。



でも、このブログの写真もインチキだ、と考える人もいるかもしれないし・・
難しいですね。
僕は頑張り続けることで意思を示していこうと思います。






ということで今日もお写真を掲載します。



まずは術前です。
術前
目尻側にラインが少し見える、落ち着いたラインの末広型二重まぶたです。
ラインを広げることを希望して来院され
両目に埋没法を施行しました。




手術直後のお写真を見てみましょう。
直後
すっぴんだと少し三重ラインがややわかりますね。
ここは本人がどう判断するか、です。


メイクをした1週間目のお写真で見ると、三重は目立ちません。
一週間
ラインが広くなると、メイクもこみで考えるのも必要になってきますね。
このぐらいの幅であればすっぴんでものっぺりしすぎないので問題ないとは思います。
ただ、かなり広い幅を考えているときにはよくシミュレートして検討することが重要になってきます。

プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR