FC2ブログ

遠方からの患者様

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。
初めての方はこちらをクリックして読んでみて下さい




昨日は結構遠方からの患者様がいらっしゃり
どんな方法をとるか
それぞれの有利点、不利点などなど
いろいろと話し合った上で、
手術を決定、施術を受けてお帰りになられました。


以前 他院で手術を受けておられて
その時は かなり痛かったらしく(腫れも強かったとのこと)
その点を心配されていたのですが..


地域トークの”口麻酔”が効いたか!?
痛みは極小に抑えられ、まったく気にならなかった、とのこと。
腫れも問題なく、安心して帰宅されました。
(フライトご苦労様です!!)
後は遠方であることもあい術後注意はいろいろと口をすっぱく。
(近い人でも一緒ですが!!!)




上記”口麻酔”はともかくとして
痛みに関しては注射の方法、が非常に大事だと最近特に痛感しています。
そのときの笑気ガスの状態もあいまって、というのも多いですが
刺入に使う針、その形状・扱い方
注射器・シリンジにかける圧。
さまざまな要素の複合が答えになってくるなあ、と。


人それぞれ、な部分も当然あり、なかなか道は果てしないです。



実は、先述の患者様が手術終わられた後の
次の患者様は少し痛みを訴えられました。
極端なものではなかったとますが
麻酔の工夫はやはり大事です。
片側にやや痛みを訴えられたので、もう片側は戦略を改め、痛みは問題なく軽減されました。
このあたりは調整しながら進めていきますので
申し付けてくだされば、といった感じです。


注射がらみだけでなく
今年はさらに機材にこだわっていこう、と思っていますので
乞うご期待。


あとは時間のかけ方。
変に急いで手術をしなくていい環境作り。


よりそういった部分を改善していく計画を進行させています。











気持ちは伝わる…はず・ではいけないので、もっともっと伝えていく!

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。
初めての方はこちらをクリックして読んでみて下さい




僕の手術を受けた人は腫れがすごく少ないよ、だとか
痛みがほとんどないよ、だとか


過去には
そういう宣伝めいたことを書くのはなんだか気恥ずかしかったり
中には痛みがある人、多少の腫れが出る人、ごく少数とはいってもいるにはいるので、どうなのかな?と悩み考えたりして発信できずにいました。



でもブログをはじめてちょうど半年たち、ここで様々な情報を発信する、ということが
手術を悩んでいる人たちにとって非常に有用だ、ということがすごくわかりました。


今ではカウンセリングに来てくれる人の大部分がこのブログを読んでから来てくれていて
すごく役に立った、だとか
不安がだいぶ解消された、というように
生の声が僕のもとにたくさん伝わってくるようになりました。



やはり伝えよう、という意思は大事。



いい手術をしていれば、いつか人は気付いてくれるだろう、とそれまでは思っていたけれど、それだけではやはり足りない。



きちんと言葉にして届けていく
それはきちんとした手術をしていくこと同様に重要なんだな、と。


手術をきっちりと行っていくことを約束する。
そういったことへの誓いを、ここで発信していけば迷う人を減らせる。



半年とはいえ、続けてきた言葉たちは重いです!
嘘だったら書き続けられない。


口だけの悪徳広告にならないようがんばります!




PS
ここまで書いといて
ブログ 半年じゃなくて七ヶ月やってることに今気付いた…
余裕で過ぎてたね、半年

まあいいでしょう笑


>-さん
きっちりとした本当の目頭切開法を行っていますよ!
いちどカウンセリング受けられて、シミュレートしてみるのがよいでしょう。

脂肪取り たるみ取り

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。
初めての方はこちらをクリックして読んでみて下さい



カウンセリングに行ったら
「脂肪をとらなきゃ二重にならないからとらなきゃだめだ」
と言われた、という人は多いです。


確かに脂肪を取らなくては
相当狭いラインでも簡単にもどってしまうだろう、というケースはあります。
ただ、こういう場合は脂肪をとる、というより、全切開法(切開法)の方がずっと有利なのも確かです。


まずは切りたくないので埋没、という場合には脂肪取りも有効なこともある、という感じです。



ただ、脂肪をとると目の上がくぼみやすくなります。
だんだん年齢を重ねると目の上の脂肪は減ってくるので
先に取ってしまうと、くぼむのが早くなってしまい
ふけた印象になってしまうこともありえるので注意です。



目の上がくぼみはじめた、なんて感じている場合は
特にそう。
脂肪を取るのは絶対良くないです!!!



それでもカウンセリングでは「脂肪を取れ」と言ってくることがあるそうな。
(理由はいろいろは書きませんが....)
無駄な手術を受けるのはお金の無駄はともかく、後に尾をひく可能性がある。

くぼみ目になってしまってからでは遅いです。

無駄手術を変に勧誘をするのは
医学的なお話でなくて商売の話、最悪詐欺の話。
相手の目がどうか、でなくて機械的に話しているケースもあるようです。
僕にはそういったことはできません。(向いてない)


きちんと話し合って、必要不必要の判断をしていきましょう。
未来の予測も含めて考えたほうが絶対にいいです。



商売・¥しか頭に無い医者の頭の中には、あなたの将来は関係ないのでしょう。
でも自分の顔、自分の将来、自分の人生です。
医者選びは本当に大事、と思います。




あと、皮膚が多いケース→たるみ、について書きます。
このときは数ミリ切って脂肪を取る、というようにはいかない。
二重のラインにそって全体的に切ることでのたるみ取りが必要です。
脂肪取りだけでは目がすっきりしにくいこともあるのは
このように皮膚が多いせいなので
目をすっきりさせたい場合は脂肪だけでなく、皮膚を切除することも必要なこともあるのです。

こういったことももし希望するのであれば
医師にその旨をつげ、話合い、ともによく考えていくのが重要でしょう。



医師は手術結果およびその後の経過を予測し
患者は説明を受けた上で、不明点を無くしていき、しっかりと考える。
それをきちんと行っていけば、どういった手術を受けるにしても、受けないにしても問題はないと思います。











プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR