再び痛みに関して。

今日は繰り返しの内容ですがまた書きます。
繰り返して強調して伝えたい事実。



初めての方はこちらをクリックして読んでみて下さい


やはり手術前に言われるのは
「痛いのがこわい」


初めてのことだし
得体が知れないので怖いのだと思うし

そもそも目を触られることも普段はないし
”手術”という響きそのものが怖いのではないかと思うわけです。


この怖さのせいで”痛み”はけっこう大きく予想されてしまっているわけです。



でもこれは過大評価。



実際、ちょっとの工夫で痛みはそんなに極端なものでもなくなります。

まぶたの裏側に麻酔をするのですが
いきなり注射するとむちゃくちゃ痛い。
これもよく聞かれます。
インターネットでいろいろ探して体験を書いているブログで「裏側に注射されて死ぬほど痛かった!」
というのがよく書いてあるそうなのです。

これに関してはひとつ信じてほしい。
裏ワザでこの裏側の注射の痛みはほぼゼロにできます。
信じて来てくれた人がとくをします。嘘じゃないよ。
効果が高いからこそ「裏ワザ」として使えるわけです。
「死ぬほど」→「ほぼゼロ」というワザはいいワザではないかと。(ここには詳細は書きません。裏ワザだから)
ちょっとだけ時間がかかるので
手術のスピードの速度命のクリニックでは使えないワザでもあります。





たとえ、ガス麻酔(笑気ガス)が無かったとしてもいけます。
ガス麻酔についてはこちらをクリックして読んでみて下さい


そこにガスが加わればけっこう痛みは抑えられます。
これで表の注射の痛みも減らせます。
ゼロではないにしてもすごいものでもなんでもない。



痛みは減らせます。



痛みが抑えられるとして
あとは恐怖心。



ここに関して言えば、僕はよくこういうことをカウンセリングで言います。
どうしても嫌だ、という人は手術を受けないのが一番だと思います。
ただし、「痛み」が大きいのを予想して受けないのであればそれはもったいない。


なぜなら痛みはほんとに減らせるから。



数多くの人たちがみなさん乗り越えていることなので
大丈夫です。



だからラインがほしい人は勇気をだしてほしいと思う。



勇気が出るように僕はここで情報を発信し続けます。





PS

>Kさん
難しいところですね。。。
機材によらずに腫れをへらすことは可能です。

でも究極的に言うと
同じことをする場合は
こだわった機材はあきらかに腫れに関与してきます。

糸をつける位置に関しては僕個人はその人の目と求めるラインによって決めています。



>のんさん
お仕事をしている方の場合は
切開法は厳しいと思います。
「2週間」時間がとれたとしても厳しいケースが多いのです。


スポンサーサイト

ラインの向き不向き

昨日は糸の締め付け方の強い弱いによって ラインが消えやすい=もとに戻りやすい の話を書きました。


ただ、元に戻ることについての一番のファクターは、ラインの幅だと僕は考えます。


単純に幅が広い、狭いではなく、その人その人にとってラインが合っているか合っていないか。


それは見た目上、似合っているだとか、自然だ、というのとも完全にはイコールではないです。


以前シミュレートの話をいろいろ書きましたが、シミュレートしてきちんと可能である、と確かめられたものが「合っているライン」なのです。


可能なラインの中にも、戻りにくい・戻りやすいの差はあります。


でも戻りにくいラインが、完全には優れたラインだとは言い切れない。


後は好みがあるからです。


好みと目にとっての向き不向き、色々総合してラインを決めていくしかないのです。
そこは話合って共に考えていきましょう!

出来ないラインを希望されても、埋没法の場合は断ります。
そこをどうしても求める場合はやはり切開、全切開法絡みで考えなくてはいけない。



以前 患者様にかなり広いラインを要求されたものの、埋没法では出来ないものだったので断ると、何だか美容外科では出来ると言われたのに!という風に返されたことがあります。

「できない」と言っちゃうとお金が入らない=儲からない

だから無理だ、という事実をごまかして、おいしい話をしてしまうところがあるのでしょう。(完全に無理なラインでないのであればチャレンジしてみる、というのは、これとは違ってありだとおもいますが)


どちらのタイプのクリニックを選ぶか。
僕自身がもし意見を求めにいくなら、本当のことを言ってくれるほうがいいです。


内容の無い魅惑的なだけの言葉には疑問です。



PS
>maさん
いずれにせよカウンセリングしてみて考えていくしかないですね。

>みゆさん
ダウンタイムの期限が短いので、やはり腫れにくい方法が有利にはなってきます。


>kaoさん
診察にぜひいらしてみてください。
片目ずつ行う場合は最低三週間くらいはあけてからもう片方を施術する、というかんじにして合わせていきます。

糸のしめつけの強い弱い 腫れる腫れない 取れやすい取れにくい

初めての方はこちらをクリックして読んでみて下さい


何通かメールが来て質問されました。

「松井先生は糸をゆるく結ぶ、というけれど それは糸がほどけやすくて元にもどりやすいのでは?」
というもの。
同じような内容できました。
どこかに何か書いてあるのかな?



ゆるく結ぶ、というか
ぎゅーっとは結ばない、というニュアンスでしょうか。



ゆるく結んだから、結び目がほどける、ということはないです。



それは
結び目はきつく縛っているのですが
糸でのしめつけ自体がゆるい、ということ

(ゆるい、といういか適度な感じまで持っていく。)


しめつけるようにぎゅーっと縛ったとしても、結び目がしっかりしていなければほどけてしまいます。



ここがポイント。



前々から書いているように、締め付けが強いと筋肉に負担がかかり、目が下がり腫れて見えます。



だから、筋肉(挙筋ですね)に負担がかかりにくいように、糸はぎゅーっと締め付けるようには結ばない。
でも、結び目はしっかりと強くしなくてはいけない
(しかも強くて小さな結び目にしたいのでなかなか難しい!)

それが答えです。



ぎゅーっと縛っていると腫れが引きにくいだけでなく、目の内部でもずれていきやすく、元に戻りやすいのです。
くいこみも強く、目立つものになってしまいますしね。
参考記事こちらから





ゆるい→弱い→元に戻る
と考えるのだったら間違いだ、ということですね。



弱くつけますよ、なんてひとことも言ってないのだから。



そこは間違わないで欲しいなーと思います。



PS
>maさん
それはチャレンジしてみる意味はありますね。
若干メザイクとはちがっても受け入れられるラインになるのではないかなと思います。


>まいさん
また質問あればお願いします。
記事のネタになるので(笑)


>Mさん
診察してみるとわかりますよ。
広すぎるラインだとやはり切開法でなくては厳しいこともありますが
アイプチでクセがついていたラインなどの場合は埋没法でいける場合が多いです。
(かぶれているとクセが消えてしまっていることがありますが)




今日は切開法術後の患者様がものすごく喜んでいたのが印象的でした。
明日への活力になります!


舞台を終えた方もいらっしゃり、その方からもポジティブなパワーをいただきました!










プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR