FC2ブログ

埋没手術の時間について

初めての方はこちらを読んでみて下さい





ものごとがうまくいくときは、すいすいと事が運ぶもの。
逆は停滞する感じ...


なのですが

僕の埋没法の場合で言うと
あまり急がずに少し立ち止まるのを多くしながら行っていきます。。
めちゃくちゃ長い時間がかかるわけでもないのですが。
一応カウンセリングの際には20~30分と伝えています。あくまでだいたいですが。



その全部の時間の中で
普通にいう手術操作をしている時間自体は実は短いです。

でもそれ以外に時間を使っているのは腫れを少なくする工夫です。
無駄?とも思えるような時間が裏ワザとまではいわないかもしれないけれど腫れを抑えている部分。
けっこうこの部分に気を使っています。



一回の手術時間だったら昔の方が早かったと思います。
いろんなことを無視してぱっぱとやろうと思えばできないことはないのですが
(わずか数分で!!なんて広告も目にしたりしますもんね。)
上記の理由ですこし時間は長くなりました。
100メートル走のごとく時間を競う!というような気持ちよりも腫れを少しでも減らそうという気持ちの方が強い。
(腫れてしまったときに耐え切れないくらい、気持ちが弱い??)


スピードを少しでも高めれば
生産性はあがります。
仕上がりには関心ないのかな?と思うほど生産性に特化しているかのようなクリニックがあるのも事実です。
それを完全に否定するということはできないのですが...
僕自身の考え方とは違う。
僕はそういった中で生きていくことはできない。


全く同じことが出来るのにスピードが速い、ということには意義があると思います。
だから無駄に時間がかかることは避けたい。
無駄なダメージを負わせたりすると腫れも増えるし。
ひとつひとつの動作の精度および速度は高めた上で
それでも時間をきちんとかけて行う。

それは必要な時間だからこそ。



大手のクリニックでは単に手術が速い人が尊ばれる場合があります。
使える人材、というやつでしょうか。一面的な見方の場合には有能なのでしょう。


でも僕が見ているものは違う。



世の中のほとんどのひとから喜ばれるのは
痛みや腫れが少ない、という結果の部分だと僕は信じています。

別に知らない誰かから評価されなくてもいいです。
僕とカウンセリングで話し合って、その上で手術を受けた方が喜んでくれて、その上での評価、それが一番僕にとって重要だから。
その声はいつか大勢のまだ出会ってない人たちにも届く、そう信じています。



見せかけだけの世界は嫌。














目が下がってしまった~~お便りから

初めての方はこちらを読んでみて下さい



他院で受けた患者様のお便り。


5年ほど前に埋没法手術をしたけれども
薄くなってきたので
再度糸をつけたら(少しだけ広くする目的、あと脂肪取りもした)
手術後見てみたら、シミュレーションしたのとは違い、変に幅広になってしまい、1ヶ月ほどで糸を取っても目が下がった感じになってしまった...



これに対しどうしたらよいか?アドバイスをもらえれば..
というお便り。


結論を言うと、診察してみなくてはわからないので、来ていただく、というかたちになるのですが
推測できることをいろいろ書いてみようと思います。




糸をつけたときに、筋肉に負担がかかったり、無理したりしていて
腫れ+挙筋(目をあけるための筋肉)に負担がかかってしまったので目が下がり、極端な幅広に見えてしまったのでしょう。
ガチャピン化するためのなりたち、です。

ガチャピン化とは?という人には
    ↓
ガチャピン状態についての記事はこちらから

「腫れる手術」というやつです。
糸を取ってしまえばたいていのケースでは治ります。




しかしながら...
このお便りの場合、糸を取っても戻っていない、とのこと。




一番考えられるのは、まだ時間が全然経っていないケース。
少なくとも1~2週間ぐらい様子を見てみる必要はあります。
糸取りで腫れや内出血が出る場合もあり、それが落ちついてみてどうか、です。
人によってはすこし長引く場合もあります。



他に考えられるのは、原因となる糸が1本でも完全に残っているケース。
取った、と言われていればちょっと考えにくいですが...
取り出さなかったとしても、輪になっている糸をどこでもいいから切って輪じゃなくするだけでもつっぱり、食い込み、筋肉への負担、は変わってしまいます。
まるきり輪として残っているケースでは筋肉への負担による目の下がり、は続くでしょう。
この場合は当然取り出すのがよいでしょう。



あとは糸を全部取ったことにより、ラインが完全に消えてしまい、ひとえまぶたになっていて少し目が狭く見えるケースも考えられなくはない。
この場合は糸をつけて適切なラインを生み出してあげれば問題ないでしょう。



もっとも考えにくいかな?!、とは思うものの挙げられるのは
外傷性眼瞼下垂(がんけんかすい)というもの。
普通に行う脂肪取り手術の影響でというのは考えにくい。(ただ、一時的に、というのなら十分可能性はあります。)
もし本当に時間がたっても状態が変わらない、というのであれば
そういったダメージによるものかもしれません。
その場合には、目の開きが良くなるように挙筋に対する手術をまぶた切開して行う必要が出てきます。
話は上記にあげたケースよりもちょっとやっかいではあります。



程度を見ていないのではっきりしたことは言えないのですが
こういった可能性が挙げられます。
診察してみると、以外に簡単に治せるケースだったり
もう少し待てば勝手に治ったりだ、などというパターンだったり
というのが多いので
一度僕のところにご来院してもらえれば、と思います。



PS
今回は具体的な症状についてのブログだったので
少し話が細かくなりました。(今後はこういったパターンも増やしていこうと思います)
読みにくいかもしれません、ごめんなさい!!


皆様もわからないことあれば質問メールしてくださいね。
質問ある方は
drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。








遠方

初めての方はこちらを読んでみて下さい





この何日間だけでも
かなりいろいろな土地の人たちが受けに来てくれました。
飛行機で、新幹線で、高速バスで。



評判を聞きつけて来た
ブログを読んで頼もうと決めた
症例写真を見た
知人が手術を受けて進めてくれた
etc
いろいろな理由で来てくれました。


本当にありがたいことです。
「思い」が伝わったのだとしたら
すごく嬉しい。



ただ、遠くても近くても、ではありますが
術後の注意を良く守ること、は非常に大事です。



術後の注意についてもいろいろな記事で書いています。
参考にしてみて下さい。
手術後の注意点についてのまとめはこちらから



あとは、どうしても何か起きてしまったとき
確率が低いとしても、無いとは言い切れないこと
たとえば、しばらくたってから糸を入れたあたりが腫れてきた、などというときは
やはり来てもらう必要があります。
(治せます。でも来院は必要。)


遠方の方の場合、この点を説明した上で考えていただいてます。
僕のところで受けるのがよいか、どうか。



こういった問題を避けるためにも、こちらも手術自体が感染の原因にならないよう留意していくのは当然。
あとは、患者様側の努力としては渡された薬をきちんと使うこと
術後の注意を良く守ること
です。



そういった点に留意すれば
遠方の人たちにとっても問題がおきる確率はぐっと下げられるわけです。


ちょっとの間ではあるので、そこをしっかり守って
腫れの少ない手術で「成功!」を手に入れましょう。





PS

今日は僕がすこし前に旅行した場所の近くの方が来て下さり
なんだか親近感がわきました。

いろいろな土地の話を聞けるのも思白いです。

近い人も遠い人も
僕の重いが届いて来てくださった方々みんなに平等に感謝です!
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR