FC2ブログ

切開法の適応とは

切開法についての質問は
埋没法に比べるとはるかに少ないのですが
根強く送られてきます。


どんな人に向いているのが切開法なのか?という問いもあります。



僕は埋没法で可能なラインのケースでは
埋没法を薦めていることが多いです。


ただ、
戻らない方法で!と希望される場合

切開法が適応になってきます。




後は・・・
目の上の脂肪が多くて
広いラインが出来ない場合。

小切開による脂肪取りを考えることもありますが
ある程度広いラインを考えるときには
やはり全切開を行って(全切開=まぶたを二重のラインにそってほぼ全体的に切る)
その上で 見ながらきちんと適切な量の脂肪をとりつつ二重を作ってあげるほうが確実ではあります。




そして一番は
ある程度の年齢に達していてたるみが多いケース。
これは切開によるたるみとりを伴わなくてはなかなか苦しい。
糸でむりに持ち上げたような感じにしても
結構すぐに元にもどってしまいがち。
余計なたるみを取り去ってしまうのが、綺麗です。



ただ、やっぱり「切りたくない!」という人は多いし
広すぎるラインで切開法を行ってしまって戻せないこともよく考えなくてはいけない。
ダウンタイムのことも問題にはなってきます。(やはり切ると腫れは増える。)



しっかりと考えた上での
切開法は非常に武器になるので
カウンセリング時に話し合い、共によく考えることが大事です。
埋没か、切開か。
メリット デメリットが自分に適するか、です。

手術後の幅

他院で手術をしたばかりの患者様が来院して診て欲しい、と。


ラインの幅、および乱れが気になる、という訴え。


ただ腫れている、という感じと言うより
たとえば内側だけ変に広い、とか外側だけ広い、とか。


こういうラインを心配して 
他で手術を受けたけど診て欲しい、という方は結構いらっしゃいます。
(ちょうど今日もお一方いらっしゃいました)



実は糸のつけ方・結び方しだいで
腫れをものすごくコントロールできるのです。

だから、たとえば内側の糸だけを妙にしめれば、ラインが変な風にそこだけ広く見えたり、ということも起きます。
(コントロールするどころかむやみやたらに行えば結果は....ですよね。)


ちゃんとデザインされていれば、これは時間が経てば落ち着きます。
だから時間を待つのが一番だと思います。
ラインががたがたしていても、こういった場合もあるのです。



ただ、まちまちの高さに糸がついている場合は
落ち着いてみた上で、やはり少し不自然、という場合もあります。
この場合はさすがに修正が必要となります。



やはりいずれにしても落ち着いてみないことにはなんともいえない。



前にも何度か書いていますが
明らかに腫れが多くて困る場合
糸をはずすとかなり落ち着くのがはやくなります。

どうしても厳しい、というときはこの手がある、と思います。



「腫れる手術」をうけるといろいろ大変です。
その場合の対処を考えるのも
「腫れない手術」からの応用ができるわけです。



(できれば最初に手術を受けに来てもらえれば早いのですが)




PS
S.Kさんコメントありがとうございます!
励みになりますよ!!!




























質問から(番外編)

今日はちょっと番外編。


メールで来た質問
「松井先生はいろいろな人の目の手術をしたり、手術後の悩みも聞いたりで、つらくないんですか?」
というもの。



手術自体はものすごく集中力を要するし、細かくて目・肩・首も疲れるし、という意味では
つらい、と言えば、つらいかな と思います。
このブログで書いている様なことを成し遂げるためにも全力投球しなきゃいけないから。
(書いたら実行しないわけにいかないですからね)

適当にやってる人の方が楽だし、速くて数をこなせると思います。
でもそれは自分にはできない。
よく患者さんに、「力を抜いて」というんだけれど僕は力をぬくのが下手。。。




いろいろな人から術前術後の悩みの 相談が来る。
これもなかなか意思疎通がうまくいかなかったり、希望のとおりにいくには微調整が必要だったりで
大変は大変。

でも、ひとつ本音を言うと
ちゃんと僕に告げてもらえないことの方が何倍もつらい。
悩んでいることを遠慮して言えなかったり
変に心配して他のところに行ってしまったり。
そうだったら気づくことが無いかもしれないけれど、その気づかずに知らないことが一番つらい。

だから言ってもらったほうがいいのです。



そんな感じで
大変は大変。
だけどやりがいはすごくある、と。



あといろんな応援メールにはほんとうに応援されているのです。
だから続けられるところもあると思ってる。
ありがとうございます。
ほんとうに本当に。




最後に一つ。
「絶対に腫れません」とか言っといて手術の後はもう見ない
人々がそんなやつのところにいかなくてもいいように
そして自分自身がそういうやつにならぬように
このブログを書いているところがあります。
綺麗事言うな、と思う人は思えばいい。
口先だけの医師 いいがかりばかりで技術の無い医師
あきあきだよ。









プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR