広いライン 狭いライン

ラインを広くすれば目が大きく見える

そう思ってとにかくラインを広くしたがる人も多いですが
実際、二重ライン幅が大きくなったからといって
目が大きくみえることに直結するわけではないです。



一般的には

狭いラインはすっぴんのときにはっきりした感じで綺麗
広いラインは強めの化粧をする際に映えて綺麗

などと言われます。


意外とせまめのラインは目を綺麗に見せたり
むしろ大きく見せたりすることも多い。

といえるので、広く、広く、とばかり考えないで
いろいろなラインを考えてみることは非常に大事です。



広すぎるラインは
すっぴんのときにはそうとうぼんやりした印象を与えてしまう場合もあるので
注意が必要ですね。
眠そうに見えてしまうパターンもあります。(ここでもまたガチャピン的な印象にみえてしまう..)
目の開きが小さい人は眠そうに見えやすいです。
広すぎると眠そうに見えるほかに、自分はよくても他人から見たときにどうもおかしい、というパターンもあるので注意が必要です。




ただ、目によってはかなり広めのラインが合う場合もあります。
目の開きが大きい人は広めのラインでも眠たそうには見えないですね。
先ほども書いたように、化粧によって華やかに見えやすい、という利点もこの場合最大限に発揮されることでしょう。




あとは平行型と末広型というラインの流れ方も絡んできます。
この2つは前のブログを参考にしてみて下さい。
    ↓
平行型の説明&写真のブログ
末広型の説明&写真のブログ



これらのラインの似合い方は目によっても変わってきます。
バランスはとても大事です。

自分にはどんなラインが合っているのか?
というのは実際にシミュレートしながら確かめていくしかないです。
診察時に鏡を見ながら、本人の目でシミュレートして考えていきましょう。




埋没法で出来ないくらい広いラインを求める場合は
やはり切開することもひとつ方法として考慮にいれなくてはいけません。
そういったかたちで美しい広めのラインを手に入れている人もいます。
埋没法で出来る範囲であれば、それも十分問題なと思います。
いろいろな方向性を探っていきましょう!














スポンサーサイト

アイプチでかぶれたときにはどうしたらよい?


初めての方はこちらを読んでみて下さい


質問が来たのでお答え。
「アイプチでかぶれたときはどうしたらよいのか?」
という質問です。

手術とは直では関係ないかもしれませんが
やはり二重まぶたの話として、密接に絡んでくるかと。




これは答えはひとつ。
あれて赤くなっている状態は
”接触性皮膚炎”
という皮膚の病気の状態なので
アイプチの使用をストップして
皮膚科で炎症をおさえる塗り薬を処方してもらい、塗ることによって対処します。

軽度な人なら1~2日くらい、たいていの場合は1週くらいまでで治りますが
なかなか治りにくい重度の人もいます。
(かなり赤くなり、ごわごわしている!)


あれてきたのにアイプチの使用を続けると
どんどん重度になってしまうし
一度治っても、あれやすい人は使用再開するとまたかぶれてきます。
そのまま続けると、皮膚が変な風に伸びてしまうのです。


このサイクルをたち切るには
ひとつには手術を受ける、というもの

費用的な問題があったり
ラインに関してもアイプチの方が無理がきいて広いのが作れて
手術ではそこまで出来ないからどうしてもその手のもので・・・なんていう場合は
肌に合うタイプのものを探すのが重要になってきます。(おすすめ、というわけではないのですが・・・)

自分にあったものを見つけるしかない、ですね。
だから意外と手術も健康的なわけです。






腫れない麻酔について

腫れを少なくするための工夫の中で
注射する麻酔についてのお話を書きます。


非常に細い注射針を用いてあげると、そもそものダメージが少なくなり腫れは抑えられます。
機材の選択は結構重要。
僕は使いやすさとダメージの少なさを兼ね備えた中で自分の使いやすい細さの針を選んでいます。


あとは注入する量。
極端に言えば、注入すれば注入するほど腫れは大きくなります。
ここを工夫するのはまずひとつ非常に重要。
これは裏技ではなく明らかな表技。
ただ、注入量を減らし細かく細かく注射するのには
ばーっと大まかに注射するより手間と時間がかかります。

生産性を重んじるベルトコンベアー式に手術を行うクリニックには向かない方法といえますね。


このへんは地味な努力です。
ちょっとした注射にすぎないのかもしれないけれど
意外にひとさし ひとさし 気が抜けないです。
神経を使って頑張ります!!
オペは戦いだ。




あとは、切開法の時などに非常に有効なのは
そもそも腫れを抑えるタイプの麻酔を注射する、というもの。
これは効きます。
切開法の際には、麻酔の注入量が多いので
うまくブレンドした麻酔を使ってあげると、腫れを抑えることが出来るのです。
有効な裏技。
(ただ切開なのでそれでも埋没法のようにはいかず、腫れますがそれでも有効)
ブレンドは面倒ですが、価値ありな麻酔です。




PS
メッセージ下さった自分の受けたい医師の行方がわからない方へ...
ヒント。
検索すると余裕で出てきます。おそらく。
(ヒントじゃないか。)















プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR