くっきり末広への切開

ドクター松井クリニック 松井です。

前回に引き続き全切開法のお写真です。
前回は広め平行、という感じの切開法例だったので
今回はまたちょっと違ったタイプ。
末広ではっきりしたラインの例です。

まずは手術前から見てみます。
手術前
細めのラインが左右ともに見受けられます。
もっと主張するラインを、ということで
両目に対して全切開法を行っていきます。


手術から1か月後です。
一か月
目を大きく映えさせるラインがくっきりと生み出されています。
ラインが生み出された、という違い以外には
1か月目のお写真が笑っているものばかりでやや目が細く見えています(笑)
1か月、という期間は回復途中といえば途中なのですが
現時点でかなりの落ち着きを見せ
喜んでいただけている、というのは非常に良い感じです。

切開法、というのはご想像の通り
ダウンタイムの壁、というものが立ちはだかってきます。
運良くものすごく腫れが少なかった人の体験談だけをあてにして、というのではなかなか厳しい。
やはり大変な時期は埋没法とは比較にならない長さではあります。
ただ、腫れの大きさ自体を減らすように手術上工夫し
あとは冷却方法などを指導することで
少しでも少なく、少しでも速く
そういけるように今後も検討、研鑽していこうと考えます。
「埋没法にはないメリット」を十分に生かせるように。


簡便性が高いという埋没法のメリットも
非常に大きなもの、と言えるので
どういった施術を受けるのがよいのか
自分のライフスタイルにあうのか
いろいろな角度から検討してみてください。
スポンサーサイト

切開による二重術 

ドクター松井クリニック 松井です。

今回は切開法の症例写真を。見ていきましょう。
広めの二重ラインを生み出した例です。

上が手術前
下が1か月後です。

術前

一か月

もともと目の開きが悪くはないですが
多少目を大きく見せることが出来るよう
眼瞼下垂手術と同様の操作で内部を調整しています。
広いラインになると眠そうに見えてしまうケースもあるので
微妙な調整ではありますが手を加えて
より目を映えさせるように、という手法です。

1か月、という期間はまだ完全な状態ではないにせよ
すでにほぼほぼ落ち着いていて
あとはメイク等で様子を見ていけば良いかとおもいます。
もう少しラインから↓の部分が
落ち着いてくる、というところでしょうか。
(ちょっと張ってみえる感じでしょうか。)
ゆっくりと少しずつ変化をしていくのを待ちながらいかねばなりません。
完成、ともなるとけっこう先の話です。

ただ、もっと狭いラインを選択する人も場合は
よりはやく落ち着く、というか 
よりはやく落ち着いて見える、と表現するのが正しいかな、というように
細部の腫れが目立ちにくいです。
今回はけっこう広いラインのケースですが
参考になる人も多いかと思います。






目を閉じたときどんな感じ?全切開法で前回・前々回の続き

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は前回、前々回の続きです。
全切開法の症例で
本記事では目を閉じたときの状態を見てみましょう。
目を閉じたとき、傷跡はどうか。
最初期の内出血はどうか。

ということで内出血が多い時期
5日目の閉眼写真から。
目を開いたときのお写真は前回・前々回の記事でチェックしてみてくださいね。
閉眼
周りがけっこう黄色くて
赤黒くはっきり内出血している部分もあります。
広く感じますが、濃い色のものは少ない。

しっかり自宅で冷やしてくれたので
強く内出血が見受けられる部分が少なくなっている、と考えられます。
当院で施術を受けた場合
冷やすときに同時に使うガーゼ等もお渡しし
同時に冷やし方も指導しています。
巻くアイスノンを用意しておくとよいですね。
ice_20160712173906765.png
↑こんなのです。前にも載せましたが再掲載。
初期けっこう役にたつアイテムなので
2,3個手に入れておいて、ぬるくなったら取り替えて、なんて使えます。
便利です!
白元のアイスノンベルト大人用、今後切開受ける人はチェックしてみるとよいかも。



では経過を追っていく、ということで
1か月目の閉じた目も。
閉眼1カ月
メイクでわかりづらいですが
まだキズ自体は赤いかな、というところ。
その色がすこし透けているような、いないような。
実際に見たうえでも変にへこんでる部分などはなく
良い感じの治癒過程にあります。

あとは赤さだけでなく
まだ固さもあったり、いろいろな意味では落ち着いていないので
ゆっくりと様子を見ていきます。
赤さがあるうちは写真のようにメイクでうまく隠すのが良いですね。


切開法は長い経過になる点が埋没法とはまた異なります。
そこをしっかりと把握したうえで
施術を受けるのか?受けないのか?を考えていくこととなります。
いろいろ経過についてお写真・文章アップしましたが
検討している人たちの何らかの役に立てるならば幸いです。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR