FC2ブログ

切開法、前回の続きで経過を追ってみよう。

ドクター松井クリニック院長の松井です。

今回は切開法の例ですが
埋没法の症例写真もたくさん掲載していますので
埋没法のモニター写真集はこちらをクリック
興味ある方はぜひお読みください。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。


今回の記事は前回の症例の短期的な経過を追うものです。
前回の記事もよみつつ、参考にしてみてください。

まずは前回も掲載した手術前の目から。
手術 前

全切開法を行って、施術が終わってすぐのお写真です。
手術直後
右>左で腫れています。左はこの時点では腫れが非常に少ないですね。
右の方がむくんだ感じも強く、現時点でなんとなく内出血も。
腫れはこの後徐々に増えるので
極端なものにならないよう、増えるにしてもなるべく少なくなるよう
冷却することをお勧めし、方法も提示しています。

ということで数日が経過、抜糸を行います。
5日目のお写真です。
抜糸時
内出血は多くなり、薄いものは広がっています。
下の方にも広がっているので、お写真を少し大きくしてその状態がわかるようにしました。
ほおぼねのあたりまでは広がっていますね。
これはもう少し広がりますが、それとともに薄くなるので
うまくメイク等で隠すのがよいでしょう。
ラインの下あたりは強く紫になっているところもあります。
こういった強いものでも2週ほどでほとんど消えるので
頑張って乗り越えていきましょう。

腫れの方もやはりちょっと強くなっていますね。
とくに右は腫れがあって覆いかぶさるような感じですが
ピークはこのあたりだと考えられるので
まだ冷やしつつ、経過を見ていきましょう。


で前回も掲載した1週間目のお写真。
一カ月
細かい意味では落ち着いていない部分はあるのでしょうけれど
普通に見る分にはもうほとんど問題は無い、と言えます。
3~6か月でよりナチュラルになっていきます。
うまく口で説明しづらいですが、大きな変化、というのでなくナチュラルになっていく。

こういった広めのラインを求める人には参考になったかと思います。
もっと腫れるケースもありうるし
腫れにくいケースもあるのでしょうけれども
きちんと想定しつつ、計画を立てていくことが大事ですね。

埋没法にくらべて
ダウンタイム、と呼ばれる期間は長いです。
ダウンタイムとうまく付き合っていき
特に初期はいかにしてそこを減らせるかについての努力をするのが有利です。
生活上の注意をしつつ
うまく冷却を行っていく。
個人の頑張り、努力は反映される、と僕は信じているので
その手助けとなるよう
手術自体の腫れを少しでも減らしていけれるならば、とこちらも努力を続けたいです。

広いラインの切開法

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




切開特集を続けています、今回も症例を見ていきましょう。
今回は広めのラインの例と言えます。
さっそくお写真を見ていきましょう。

手術前の目です。
手術 前
もともとは一重まぶたで、以前埋没法を行っているのですが
左目のラインがはっきりしなくなっていまったとのこと。
更に広いラインを求めて切開を希望されました。
埋没法とは違う、永続するラインを希望、ということです。

両目に全切開法を行い、手術から1か月目のお写真です。
一カ月
目の開きが大きく見えているのは
まずはしっかりとラインが生み出されたこと。左目の変化でわかりますね。
あとは眼瞼下垂の手術の手法、目を開く筋肉にもアプローチしているのも理由です。
筋肉、と書きましたが性格にはその目を開くための筋肉の最後の腱の部分。
ここでは膜のようになった腱で、上眼瞼挙筋腱膜という部分です。
この腱膜に対して、あくまでナチュラルなやりすぎない範囲で手を加えており
目を開けやすく、開きを大きくしているのです。
目の開きの悪い人の場合にはより変化度が大きくなるよう調整していくのです。

コンタクトやメイクをしているのでわかりにくい部分もありますが
そこを差し引いても、大きい変化をとげていることは明白です。
ただ、切開法や眼瞼下垂の手法、上記した挙筋短縮といった施術を行ったからといって
必ずしも広いラインになるわけではありません。
奥二重ラインあたりでの切開を行い、多少だけ目の開きを良くして、という形を取るかたもいらっしゃるし
狭いラインで行うことも可能なのです。
もちろん広いラインで行って大きく変化させることを望む人も多いのは確か。
あとは本人の趣向次第です。

ラインにせよ、目の開きの拡大にせよ
それぞれの目で限界はあるものの
調整がもちろん可能なわけです。

前にも書きましたが
たとえば雑誌なんかに載っている人の目で気に入った目があれば
それを切り抜いてとっておいて・・
というのを繰り返して
ある程度たまったところで見返してみると
自分の求めている目の傾向はつかめるかと思います。
そういった目になりたい、と思うのかどうか?でも施術の選択は変わってきます。
憧れの目はあるものの、現実変わりすぎても困るので
少し見えるくらいのラインを埋没法で生み出す、という人もいるでしょうし
切開(眼瞼下垂)、目頭切開などを駆使して
なるべく近づけたい、という人もいると思います。
自分にとってのベストの選択を見つけられればそこに向かって歩んでいけます。
しっかりと考えてみるのが大事ですね。

切開法+目頭切開法  目を閉じたときのお写真を掲載。 前回・前々回の続きです。

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





前回、前々回の続きで
全切開+目頭切開の経過を追っています。
今回は目を閉じたときのお写真を見てみましょう。

抜糸をしたとき、約5日目のお写真がまずこれ。
直後閉眼
内出血はまわりに広がっていますが
二重ライン周囲に強いものはとくにないのがわかります。
もっと出る人もいますが良い感じ。


1か月経過時のお写真も。
閉眼
まだ完全に治ってはいなくて触ると硬い状態。
なので上のお写真と比較すると
ややライン位置が広く感じるかも。
この辺はもうすこし回復しほぐれてくると
だいぶ落ち着いてきます。
もっともともと二重の人のような感じに傷も癒えてきます。

ある程度時間が経ってからだと
血行が良い方がこういった部分の治りがよくなるので
少しマッサージしてあげる、というのも手です。
1か月半くらい経過してからかな、というところ

一応まだまだ初期と言えば初期ですが
こんな感じの経過をたどっております。



PS
もっと長期で経過を追えれば
より落ち着いた姿を見せることができますが
なかなかそこまでは難しいですね。
そのあたりも考え中ではあります!

.
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR